MENU

April 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

日記・コラム・つぶやき

2018.04.16

最近のお仕事&【ブックレビュー】『男のチャーハン道』

178

184

現在発売中のモノマガジン最新号にて、フィットネス特集「モノマガ人の体再起動!」を中心に12ページほど書かせていただいております。最近は新規仕事の開拓などに追われてスポーツクラブをすっかりさぼっていたのですが、この仕事を期にトレーニング再開。特集内のブックレビューでとりあげた本のトレーニングを実践して、効果があるかどうか試してみたり……結果が出たら報告しますね(^_^;)

■男の一人暮らしなこともあり、食生活は趣味と実益も兼ねて自炊がメインなのですが、そんな生活の参考になりそうな面白い本があったので、購入&読了。

170

『男のチャーハン道』(土屋 敦・日経プレミアシリーズ)

「炒め物の基本であるチャーハンすらまともに作れないやつは、料理人失格だ!」

「鍋の中でイジイジかき回してるだけじゃ、本当のチャーハンは出来ないんだよ!」(『美味しんぼ』「直火の威力」より)

今でこそ色々言われがちな『美味しんぼ』だけど、連載序盤に繰り広げられた食の薀蓄の数々が織りなすドラマは、それまでのグルメマンガにはない鮮烈なインパクトに満ちていて、一般世間の食に対する考え方にすら多大な影響を与える革命的なマンガだった。そんな代表的にエピソードのひとつが、チャーハンを取り上げた「直火の威力」だった。パラリとした食感のチャーハンを仕上げるコツは、強力な火力と鍋をあおって飯粒を直火で炙ってよけいな油を飛ばすことだと山岡士郎は語っていたのだけど、それじゃ中華料理店並みの火力が無い家庭用コンロでは美味しいパラパラチャーハンは作れないだろうのか?

この本は『美味しんぼ』の同エピソードにトラウマを背負わされた筆者が、調理法/道具/素材などの様々な要素を徹底的に検証しながら「家庭で作れるパラパラチャーハン」のレシピを完成させるというもの。『美味しんぼ』で語られた火力問題については「実際にチャーハンを作る際にはどれほどの火力=温度があれば必要十分なのか」を計測と調理を重ねて実証。チャーハンを炒めるのは中華鍋以外ではどうなのか? 『ゆるキャン△』で人気のスキレットとかは高温を保てるからチャーハン向きなのでは? さらにネットで話題になった『がらくたストリート』における油を大量に使ったチャーハン調理法を検証してチャーハンに最適な油の量はどのくらいか? そしてチャーハンを作る際に使うご飯は本当に冷やご飯が良いのか? 等々、トライ&エラーの積み重ねで理想のチャーハンレシピを確定させていく過程が、ある意味文字で読むグルメマンガのようなテイストで面白いのだ。

さらに過去の有名なチャーハンレシピを遡っていくことで意外な食文化の歴史が見えてくるのも面白い。そもそも粘度の高い日本の米自体がチャーハンに向かないことや、かつて政府が行っていた米輸入規制がパラパラチャーハンレシピを生み出したのではという考察や、ご飯を溶き卵に絡めて炒めたりする「卵コーティング」技法が90年代になって突然現れた理由の推理など、日本人の食に対する意識の変化がもたらした様々な影響をチャーハンを軸に考察していく部分も、グルメ薀蓄好きには楽しく読めると思う。

204

自分もこの本の影響で中華鍋を購入(^_^;) 空焼きなどの準備を終えてから、本のレシピを参考にしたチャーハン作りにチャレンジ。

207

とはいえすべてをレシピ通りにしたわけではなく、「卵は黄身のみ使用」とあった部分は白身の処理が面倒だったので全卵の溶き卵を使用するなど自己流に。一方で「中華鍋を使用」「ご飯は炊飯器で5時間ほど保温したものを使用」「ネギは粗みじん切りで仕上げの30秒前に」という部分は取り入れてみました。

レシピに従うのも良いけど、ある程度自炊馴れして自分のスタイルがある人は使えそうな部分を取り込んで自分流チャーハンのレベルアップに活かすという読み方もありかと。パラパラチャーハンが至高と言われがちだけど、ちょっとしっとりめの日本流「焼きめし」が好きな人もいるわけですしね。

誰もが一度は作ったことがあるであろうチャーハンだけに、作るからには美味しく仕上げたいと思うもの。この本は間違いなくその助けとなるし、これから自炊を始めようという人にも最適なテキストとなるはずなので、興味のある人はぜひご一読を。

2018.04.05

α7Ⅲの撮影練習in夜の銀座

■4/4は春のドリームジャンボ宝くじの発売日だったので、有楽町・西銀座チャンスセンターへ。そろそ一刀が当たってもいい頃だと思うのだが(^_^;)

時間は夜の7時ということで、あまり行列せずに縁起担ぎの一番窓口で買い終えられたので、せっかくだからα7Ⅲの撮影練習をすることに。今回は夜の銀座でどの程度まで高感度が働くかを試してみようと。

blog20180405_00001_

blog20180405_00002_

blog20180405_00003_

blog20180405_00004_

blog20180405_00005_

blog20180405_00006_

blog20180405_00007_

blog20180405_00008_

blog20180405_00009_

blog20180405_00010_

高解像度版はFlickrにて公開しています。

■夜でもけっこう撮れてしまうので、なかなかISO感度が高くならなかったため、銀座名物のビルの谷間の狭い路地にて「AUTO」「ISO51200」「拡張ISO204800」で撮り比べてみました。

blog20180405_00011_

※クリックするとFlickrの高解像度版に飛びます。

最大の204800だとノイズが目立つものの、けっこう見られるレベルにはなっているような……何はともあれ夜間撮影にもかなり使えそうなカメラだと確信。これで屋内取材なども楽になるといいなと。

最近のお仕事

■新たにSPICEさんに取材記事がアップされましたので告知です。よろしければ読んでやって下さい。

大洗町・春の海楽フェスタ 2018 『ガールズ&パンツァー』トークショー詳報 『最終章』第2話の話で大盛り上がり!

20180405_221533

3/19に大洗町で開催された海楽フェスタ内で行われた『ガールズ&パンツァー』キャストトークショーの詳細レポートです。前回の記事は他の企画も含めた海楽フェスタ全体についてのレポートでしたが、今回の記事は『ガルパン』トークショーのみとなっております。

宮野真守がテンション高く登場『AnimeJapan 2018』ステージイベントREPORT 『弱虫ペダル GLORY LINE』第2クール直前スペシャルステージ

20180405_222415

神谷浩史、井上和彦が考えた『劇場版』の内容とは?『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』スペシャルステージ 『AnimeJapan 2018』ステージイベントREPORT

20180405_222747

こちらは3月25日の「AnimeJapan2018」ステージ取材記事4~5本目で、これにてすべての取材ステージが公開されました。これまでのステージレポートもそうでしたが、今回のイベントはどれも男性声優陣のテンションの高さが印象深いものばかりでした。特に『GODZILLA』『弱虫ペダル』での宮野真守さんの暴れっぷりはすごかったなと(^_^;)

2018.03.24

本日もα7Ⅲの撮影練習inアクアワールド大洗

■明日は取材仕事で朝からAnimeJapan2018へと向かうので、とにかくα7Ⅲの撮影に慣れておきたいということで、本日は大洗町のアクアワールド大洗へ。水族館なら暗所撮影がデフォルトですし、イルカショーもあるので動態撮影の練習もできるということで。撮影は前日同様にAUTOモードでのJPEG撮って出しです。

DSC0324_00013

DSC0324_00001

DSC0324_00002

DSC0324_00003

DSC0324_00005

DSC0324_00008

DSC0324_00009

DSC0324_00010

DSC0324_00015

DSC0324_00014

DSC0324_00011

DSC0324_00012

以下の3枚は距離があったので70㎜で可能な限り寄って撮影したデータをトリミングしたものですが、これぐらいのクオリティならステージイベントの撮影とかでもトリミングで何とかなりそうなので安心しました。

DSC0324_00004

DSC0324_00006

DSC0324_00007

解像度の高い写真はFlickrにアップしてますので、こちらよりアクセスしてください。

■前回は枚数を稼げなくてバッテリー消費がどれくらいかなどを試せなかったのですが、今回は約1時間半の撮影時間で連写も含めて約300枚ほど撮影。バッテリー消費量は22%でした。とにかく写真を撮りまくるワンフェスなどのホビー系イベント取材だとまた変わってくるかも知れませんが、通常の取材や趣味の撮影なら付属バッテリーだけでも一日十分保ちそうな感触でした。

しかし、なまじ綺麗に撮れるだけにもっと寄れる望遠レンズとかがほしいなとか思ってしまいます……これが噂の「レンズ沼」というやつなのか(^_^;) まあ沼にはまれるほど稼げればいいのですけど。

そんなわけで撮影込みの取材仕事などにも対応できますので、ご依頼の連絡お待ちしておりますm(__)m。

はじめてのフルサイズ SONY α7Ⅲ購入レポート

■Web関係のライター仕事を受けるようになって撮影込みの取材も多くなってきたのですが、そうなってくると悩ましいのが撮影用カメラのスペック不足。これまではパナソニックのミラーレス一眼・LUMIX G5でこなしていたのですが、試写会や発表会、ワンフェスなどの光量の足りない場所での撮影だとかなりISOを上げざるをえずノイズとの兼ね合いで悩まされることに。そういう場合はiPhone7Plusで十分しのげる場合もあるのですが、いかんせん光学ズームレンズが必要な場合はそうもいかず。

そんな折に発表されたのが、SONYの新たなミラーレス一眼・α7Ⅲ。スペック的な評価も高い上に値段がそれを考慮するとかなりコストパフォーマンスの高い設定になっているというので、どうしたものかと悩んでいたのですが、長年ソニーストアでパソコンなどを買ってきた甲斐もあって、各種クーポンを利用すればかなりの値引きが期待できるということで……。

IMG_6222

IMG_6223

ここ最近の財政状況は自転車操業続きだけど、仕事の為だからと自分に言い訳してα7Ⅲ・ズームレンズキットを購入(^_^;)

ソニーストアで3年ワイド保証を付けた場合は税込283910円ですが、各種クーポンをフル活用した結果税込240000円ちょいに。2年ローンまで手数料0円なので、それを活用して毎月1万円の2年ローンにて購入となりました。

■さっそく日曜日にAnimeJapan2018の取材があるので、さっそくそこで使用すべく練習をと思ったのですが、バッテリーが大容量タイプ&急速充電器が別売りなのでカメラをUSBタイプのACアダプタにつないで直接充電しなくてはならず、それでフル充電までかかった時間が約4時間半お昼にカメラが届いたのだけど、使えるようになったのはもう夕方だったのですが、小山~編集部のある飯田橋~帰りの東京駅へと移動しながら色々撮影を試してみることに。写真をクリックすると「Flickr」にアップしたオリジナルに近いサイズの写真が見られます。

DSC00002r_

DSC00003r_

DSC00004r_

DSC00005r_

DSC00007r_

DSC00008r_

DSC00010r_

DSC00011r_

DSC00012r_

DSC00013r_

今回はすべてAUTOモードで撮影してのJPEG撮って出しですが、最大の目的だった暗所での撮影では十二分に威力を発揮してくれたので、購入したかいがありました。ズームレンズは28-70㎜なので、ステージ撮影などではもう少し寄れるズームレンズが必要かなとも思うのですが、フルサイズなら6000×4000の解像度で撮影して、必要な部分をトリミングしても十分いけるかなと思うので、色々と試してみようかと。

自分もフルサイズ一眼はこれが初めてなのですが、なかなか使いやすくコストパフォーマンスがとにかく抜群ですので、フルサイズ一眼購入を考えているビギナーの方にはベストに近い選択肢じゃないかと。自分も枚数をこなして早く使いこなせるようになれればいいなと。

そんなわけで撮影込みの取材仕事も大募集中ですので、

ご連絡お待ちしておりますm(__)m。

2018.03.10

最近のお仕事:『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』公開記念 濱田龍臣・小澤雄太インタビュー

20180310_140105

■本日より公開の『劇場版ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』に合わせて、朝倉リク/ウルトラマンジード役の濱田龍臣さん&伊賀栗レイト/ウルトラマンゼロ役の小澤雄太さんのインタビューを担当させていただき、現在SPICEにて公開中です。

サイトの写真を見ていただければわかるように、当日はお二人とも劇中の姿でいらっしゃってくださり、お話しされる物腰なども劇中のリクとレイトさんそのままだったので、こちらは内心「本物のウルトラマンが目の前に!」とテンション上がりっぱなしでした(^_^;)

色々と内容の濃いお話も聞けましたし、レイトとしての小澤さんインタビューはかなり珍しいものだと思いますので、ぜひ激情へ足を運ぶ前に、もしくは劇場の余韻を振り返るために、インタビューを楽しんでいただければ幸いです。

2018.03.07

「走り」から「生き様」へと変わる『湾岸ミッドナイト』の系譜

130

■『湾岸ミッドナイト』シリーズはオリジナルシリーズと『C1ランナー』双方を愛読していたが、それだけに『C1ランナー』完結後にビッグコミックスピリッツで「『湾岸ミッドナイト』最終章」と題されて『銀灰のスピードスター』が始まった時には、正直違和感があった。すぴりスピリッツの大幅なテコ入れともいうべき新連載大量投入のひとつだったこともあり、スピリッツが『湾岸ミッドナイト』人気にすり寄ったのかなというネガティブなイメージもあったし、「走り」へのこだわりが描かれていたオリジナル&C1に比べて展開も地味でしんみりした内容。それゆえにあまりのめりこめず、いつの間にか連載が終わっていたので「やはりスピリッツと『湾岸』は相性が悪いんだろうか」と思ったまま、いつしか『銀灰のスピードスター』は自分の記憶から消えていたのでした。

■そして年が明けてから発売された『首都高SPL』のコミックスを購入。自分の生き様に行き詰まりを感じていた壮年のGT-Rチューナー・工藤が、首都高を駆ける銀灰の空冷ポルシェとの出会いをきっかけに、再び情熱を甦らせていくというストーリーが自分のツボにはまったこともあり、常に手の届くところに置いてヒマな時に読み込む一冊となった。そんな『首都高SPL』には、『銀灰のスピードスター』の主人公・元木と元彼女の美和、そして元木とつるむベテランチューナー・後藤らが主要キャラとして登場し、工藤の物語に様々な形で絡んでくる。そうなってくると、連載時にはあまり興味を持てなかった彼らのストーリーである『銀灰』に興味がわいてきたので、改めて全2巻のコミックスを遡って購入。そして改めて読み返すと連載時とはまったく印象の違う物語として読む事ができたのだ。

■『湾岸ミッドナイト』シリーズを振り返ってみると、走りに囚われた者達の物語としてのオリジナルシリーズから、チューニング雑誌復活にまつわる「仕事論」を軸にした『C1ランナー』と、車をテーマとしながらも「走り」から「生き様」へと物語をシフトさせてきていた。その流れで捉えると『銀灰のスピードスター』は一気に「生き様」へとシフトした作品だといえる。憧れの先輩メカニック・吉村の下で日々の仕事に追われる若きメカニック・元木だったが、吉村の事故死によって寄るべき存在をなくしてしまう。そんな彼が、吉村の残したポルシェ3.6ターボを仕上げることを切っ掛けにして、様々な「大人」達と関わることで自分の生き方を見出していくというの青春譚が『銀灰のスピードスター』の物語だ。ただ首都高を走るだけだった走り屋のノブが、彼を放っておけない大人達と関わることで「走り」と「生き様」の双方で成長していく過程を描いた『C1ランナー』とは、走り屋とメカニック、車の作り手と雑誌の作り手というアプローチこそ違えど、同じ方向を目指した物語だったのだ。

■そうした流れの中で描かれる最新作『首都高SPL』は、『銀灰のスピードスター』の続編ではありながら視点は異なっている。『C1ランナー』で大人達がノブにかつての若き日の自分を重ねて自らの活力にしていったが、主人公はあくまで若きノブだった。だが『首都高SPL』は、そんな若さに惹かれ活力をもらう大人の側を主人公に据えた逆転の物語となっている。そして若きメカニック・元木は工藤に憧れの先輩だった吉村の姿を重ね、『銀灰』で34Rの車としてのポテンシャルに感嘆させられたことが伏線となり、工藤のチューニングした34Rにも興味を抱くなど、両作品は表裏一体の作品となっているのに気付かされる。

『首都高SPL』『銀灰のスピードスター』を作者は『湾岸ミッドナイト』シリーズの最終章と語っているが、むしろ読んだ思わされるのは「最終章」ではなく「新章」ではないかということだ。もし自分のように『銀灰のスピードスター』に乗り切れなかったという人がいたら、まったく新しいシリーズとして読んでみるか、『首都高SPL』から入って、その前日譚として『銀灰のスピードスター』を読んでみるという段階を踏むのがいいかもしれない。車にはあまり興味が無くても「人生の物語」を読んでみたいという人には、こちらの方が面白いのではないだろうか。

2018.02.23

「どうして平日なのに大洗にいるんですか?」

■週末特に予定が無い時は、大洗方面にドライブして食材などを買ってくるというのが習慣づいているのですが、先週はワンダーフェスティバルの取材があったために大洗には行けず、野菜や卵をどうしようかなと思っていたのですが、そんな折に大洗まいわい市場のツイートで「キャベツ&白菜入荷しました!」のツイートがあり、野菜価格高騰の昨今にどちらも200円代とお買い得。それにガルパンとココスのコラボキャンペーン「ココス道極めます!」もいよいよ最終週なので、いつも混雑している大洗店も天候の悪い平日なら空いているのでは……ということで、フリーランスの役得を駆使して昨日の夕方に大洗へと車を飛ばすことに(^_^;)

■まずは大洗シーサイドステーションに向かい、野菜を中心に食材を色々購入。冬の鍋物には欠かせない白菜はみんな待っていたのか、夕方5時過ぎには完売しておりました(^_^;) キャベツは無事に買えたので問題無し。

034

ガルパンギャラリーもチェックし、商店街にまわって魚忠さんでアサリと塩鮭などを購入してから、ココス大洗店へ。

■まほ&エリカのクリアファイル配布初日の昨日は平日でも混んでいたようですが、今日は寒い上に雪もちらついたりしていたので、さほど混雑しておらず。

036

035a

037

038

040

042

もう陽は落ちていましたが、iPhone7Plusのカメラはレンズが明るいので問題なく撮影可能。外観を一通り撮影してから店内へ。

045

070

049

050

051

052

068

069

053

065

058

059

060

061

048

047

大洗店に来たからには、限定の大洗スペシャルといきたいところでしたが、甲殻類アレルギーなので海老フライが食べられないので断念(^_^;) 無難にビーフハンバーグコンボをオーダー。そんなに混んでいなかったので、ドリンクバーを楽しみつつインタビュー起こしの仕事をしたりして2時間ちょいで退店。

アクリルスタンドパネルは、この日の20時時点でアンチョビ以外はまだ在庫アリだったので、ぜひとも欲しかったダージリンを購入。この週末で他のも撃破されそうな予感なので、ほしい人は早めに大洗店へ行った方がいいかもですね。

2018.02.20

贋作・孤独のグルメ「茨城県東海村のスタミナラーメン」

toukai0000004

■ガルパンがきっかけの大洗詣から、大子町など他の茨城県の町も巡るようになった今日この頃。そんな中、東海村に美味いスタミナラーメンが名物のラーメン屋さんがあると聞き、去る2月11日のお昼時に常磐道・日立経由で東海村へとドライブすることに。天気は快晴なれど、北から分厚い雨雲が迫りくる微妙な天気の中、件のラーメン屋さんに到着。

539

540

日立市側からだと、国道245号線を久慈川を渡る橋を越えて少し行ったところの豊岡三叉路にある「ラーメンうまか路」。土地柄ならではのアジ看板が良くも悪くも目印となっているので場所はわかりやすいかと。駐車場は店の前と横に合わせて数台分ほど。

545

561

なかなかそそられるメニューばかりで、特に豆腐を使ったラーメンも気になるところではありましたが、今回は看板メニューのスタミナらーめんと餃子をオーダー。

542

前菜代わりに頼んだ餃子はモチモチした皮と軽やかな餡の味わいが何とも美味しくて、ひょいひょいと口に入ってしまう逸品。そして餃子を食べ終えたあたりで、タイミング良くスタミナらーめんが。

543

水戸・大洗周辺のご当地ラーメンとして有名な、揚げレバーや豚バラ肉入りの甘辛い餡をかけた「スタミナラーメン/スタミナ冷やし」ではなく、豚モツ・ニラ・ニンニクがたっぷり入った正統派のスタミナ系メニュー。真ん中におろしニンニクがたっぷりのっているので、ガツンとした味わいのガテン系ラーメンかと思い口にすると、スープは味は濃いけど口当たりはスッキリしていて、何とも上品な味わい。上等なもつ鍋のスープと具をラーメンに仕立てたといった感じの美味しいラーメンでした。

モツがたっぷり入っているので、普通に食べ進めていると具とスープが結構残った状態に。なので半ライスを追加して残りスープに投入し、雑炊仕立てにして食べるのがオススメ。スープ一滴残さず綺麗に完食させていただきました。大洗に車で来ているガルパンおじさんなら、ちょっと足を伸ばしてぜひ食べてみてほしいですね。

■食後は店の近くの久慈川沿いに向かって、河口にたむろするカモメなどの撮影にチャレンジ。200ミリ望遠レンズがあったので色々練習がてら撮ってみました。

toukai0000001

toukai0000002

toukai0000003

2018.02.19

ワンフェス取材に行って来ました

■昨日幕張メッセで開催された『ワンダーフェスティバル2018Winter』。自分は電撃ホビーウェブ取材班として朝8時から午後3時までぶっ通しで写真撮影とテキスト書きのピストン作業に終始しておりました(^_^;)。そんなワンフェス取材・撮影の担当分が以下にまとめられていますので、よろしければ見てやってください。

・アルカディア
http://hobby.dengeki.com/event/527535/
・ALPHAMAX
http://hobby.dengeki.com/event/527612/
・kneed
http://hobby.dengeki.com/event/528232/
・マイルストン
http://hobby.dengeki.com/event/528232/
・エンブレイスジャパン
http://hobby.dengeki.com/event/527741/

■取材の写真撮影ではLUMIX G5&LUMI デイライトLEDライト 220lux PLAYの組み合わせがメインなのですが、暗所に弱いので光量が足りないワンフェス会場などでの撮影にはけっこう苦労させられたり。小さいアイテムや接写が必要な時にはiPhone7Plusを使ったりしてます(上記のレポートでは、アルカディアの「刀語」関係はすべてiPhone 7Plus)。

004

005

007

009

010

011

012

こちらは取材の途中に趣味でiPhone7Plusで撮影したものですが、ここまで撮れるとなると明るい光学ズームレンズとSDカードスロットを備えたiPhoneカメラみたいなのが欲しくなる(^_^;) 絶対理想的な取材用カメラになると思うんですけどね。

■こちらは取材担当じゃないけどついでに撮影した東京フィギュアさんのアダルトフィギュア。

P1240044

P1240047

P1240049

P1240055

P1240055a

P1240052

「鈴原美沙 小悪魔スクール」はおっぱいが圧倒的すぎて、ピントが顔に合わずに苦労しました(^_^;)

より以前の記事一覧