MENU

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

住まい・インテリア

2008.11.09

IKEA×古民家コラボ/骨董市でゲットしたもの

■金~土曜日にかけて、修理から戻ってきたVAIO typeGの再セットアップに取りかかっていたのですが、ダウングレードはお金もかかるし(手元にあるXPはHomeなので買い直し画必要)面倒&Vistaのデザインや機能に慣れるとXPが味気なく思えてくるってことで、Vistaのままやれる限りの軽量・高速化&モバイルでのテキスト作業に的を絞ってソフト類も厳選という方向でいくことに。重さの差は意外と小さいのだけど、やはりtypeGの薄さはモバイルマシンとしては大きな魅力なので。




 それにしても、並べてみると液晶の発色などがあまりに違うのでビックリ。同じ色味のデータで製作した壁紙のはずなのに、色味が……(坂本さん壁紙がZ、宮藤壁紙がG)。とりあえず、本来の宮藤壁紙の発色を基準値にして、ディスプレイやデータの色味も微調整。

■土曜日は午後に移動して、午後4時前に上野に到着。そのままタクシーで、台東区の登録文化財でもある上野桜木町の古民家・市田邸へ。ここで北欧インテリアの大型ディスカウントショップ・IKEAが、19日の新三郷店のプロモーションとして、市田邸を和室の北欧コーディネートのショールームにするという試みを9日までおこなっていると聞いたので、それを見物しようってことで。

■写真の方はフォトアルバムにアップしましたが……
http://haguruma.cocolog-nifty.com/photos/ikea/index.html



 何ともいい雰囲気に仕上がっている上に、予想以上のマッチングぶりには驚き。北欧家具の汎用性の高さを実感しましたわ。市田邸自体も家や庭の雰囲気が実に渋くていい味出してましたし。こういう家と部屋作りにはあこがれるんですよね……金があって家を建てる機会があったら、マジで再生古民家にして、こんな具合に仕上げたいです。
 今日の午後6時半までのイベントですが、もし足を運べる方はぜひ寄ってみてください。二部屋だけなのでじっくり見ても10数分しかかかりませんし。

■市田邸を後にして、そのままぶらぶら歩きながら上野・御徒町駅方面に戻ることに。



 お寺や古い建物が多くて、歩いているだけでも見所満載の散歩スポットですね、この界隈は。

■途中の不忍池では、骨董市の真っ最中。何か面白い物がないかと出店をチェック。ディスプレイにできる安い小皿とかが欲しかったんですが、そちらの方は特に出物は無し。その代わりに……


お守り代わりに真鍮製の小さな仏像をゲット。ガネーシャものは『夢を叶えるゾウ』効果もあってか、あちこちで人気でしたわ。そしてこのほかにも目を引きまくるアイテムが……


道祖神(?)キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
あまりの雄々しいチンコ造形に思わず吹いてしまったので、こちらも購入。チンコには梵字的な入れ墨まで彫り込まれていて、どこの伝奇系エロマンガだっていう感じです。動物が生やしているパターンは、自分の買った虎の他にも、猿だの犬だの龍だのと色々なバリエーションが。上のも含めて値段はだいたい1個500~800円といったところなので、風変わりなお守り&手軽なコレクションとしてはおすすめかも。


……浅井よつばとサイズがジャストフィットだったのでついw

2008.11.06

所ジョージSTYLE

■昨日の夜は編集会議→懇親飲み会という流れで仕事ができなかったので、今日はスポーツジムに寄らずに真っ直ぐ西新宿の編集部に入って仕事。せめてもの運動不足解消に、新宿駅←→編集部間を往き帰り共に徒歩移動。まあ、帰りの連れがいる時はシャトルバスを使うのですが。

■帰る前に立ち寄った本屋で、本日はこの2冊を購入。

ほぼ日手帳公式ガイドブック(マガジンハウス・税込1575円)

 これを立ち読みしたせいで、先日の吉祥寺で「ほぼ日手帳2009」を購入するハメにw。12月の使用開始までテンションを上げていくために購入。ほぼ日手帳の歴史やデザインコンセプト解説、色々なユーザーの使用例などがカラフルな記事でみっちり詰まっていて、読んでるだけでも楽しい一冊です。来年の手帳について悩んでいる人は、試しにこれを読んでみて「ほぼ日手帳」を選択肢として検討してみるのもいいかもですよ。

Daytona 2008年12月号(ネコパブリッシング・税込680円)
 これは定期購読している車&ライフスタイルマガジン。所ジョージの世田谷ベース目当てで読んでいるんですが、今回は所流インテリア特集ということで、なかなか興味深い内容。
 前に同人誌などでも書いたのですが、所ジョージのライフスタイルって言うのは、ある意味オタクが年食った時に目指す理想型のひとつだと思うんですよ。脱オタファッションがどーこー言うよりも、趣味や遊びの要素を維持したまま、傍目から見てもかっこいいと思われる所スタイルを目指した方が、先々楽しく生きられると思いますし。
 今回のインテリア特集でも、雑然としている様に見えて実は機能的でかっこよく見える趣味の部屋作りというアプローチの参考になりますし。部屋にしろファッションにしろ車にしろ、色々な意味でやり過ぎてしまいがちなオタクにはいいテキストになると思いますわ。
Amazon

ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。
Amazon

Daytona (デイトナ) 2008年 12月号 [雑誌]

2008.10.31

VAIO typeG修理報告/今日の買い物

■昼頃に、先週修理に出したVAIO typeGに関する修理調査報告の電話がソニーから入る。筐体の歪み&USB接続部の破損、液晶ディスプレイのキーボード傷以外にも「液晶ディスプレイ接続ヒンジの劣化」「パームレスト部分にヒビ」「ハードディスクにエラーセクター」といった要修理/交換部分が色々と。一部有償交換になるかもしれない部分もあるそうだけど、基本的には保証範囲内での修理が可能とのことなので、このまま見積もりを出してもらうことに。ハードディスク交換で出荷状態に戻るから、この際ダウングレードを試してみようかと。
 しかし、頑強さがウリの一つであるtypeGでここまでダメージが溜まるって、オレはそんなにハードに使ってたっけか(^_^;) 緩衝仕様のケースやバックの導入を検討した方がいいんだろうか。

■今日は編集部に入る前に、新宿駅ルミネのブックファーストに立ち寄って、何か買って読む本はないかとチェックして、この2冊をゲット。



『IKEAのすべてがわかる本』(枻出版・税込1575円)
 ただいま徐々に日本展開中の、北欧インテリアのディスカウントストア・IKEAを、さまざまな角度から紹介したガイドブック。先月末にCEATEC JAPANの取材をする際、これの南船橋店に立ち寄りたいがために都内からレンタカーで移動したんですが……迷宮のような店内にセンス良くディスプレイされた機能性とデザイン性を両立させたインテリアや小物の数々、しかもそれがどれもリーズナブル価格という、何とも夢のようなショップだったので一発でドハマリ。地元から車でギリギリいけそうな埼玉県三郷市にもオープンするってことで、再訪する際の勉強も兼ねて購入。
 初心者向けショッピングガイドや、代表的なアイテムの数々などがフルカラーで紹介されていて、見ているだけでも楽しい一冊です。IKEAをオサレショップみたいな感覚で敬遠する人もいるだろうけど、逆にオタクな人の方が店を探検するかのような感覚やアイテムあさりの楽しさが満喫できてはまりそうな気がしますよ。近くに足を運ぶ機会があったら、是非とも立ち寄ることをおすすめします。

『ネイチャージモン』1巻(講談社・税込580円)

 何かのついでの時にでも買おうと思っていたコミックスだったんですが、今回ようやく買うことができましたわ。深夜テレビ番組の名物キャラであるダチョウ倶楽部・寺門ジモン氏のもうひとつのキャラクター……自然を愛し、焼き肉を愛し、MONOを愛し、マニアック蘊蓄を熱く(&暑苦しく)語る男「ネイチャージモン」が主人公。趣味や美食を楽しむために(周囲にもそれを強要しながら)自分を徹底的に追い込みながら極めていくネイチャー道が描かれるのだけど、それをビジュアルにするのが『破壊王ノリタカ』『伝説の頭 翔』の刃森尊。写真を見ればわかると思うけど、そのクドイぐらいに濃い絵柄がネイチャージモンのキャラクターにはマッチしすぎw ネイチャー×刃森の相乗効果で、何とも濃密な読み応えの異色エッセイ(?)コミックに仕上がってるんですわ。今回はオオクワガタ採取と極上焼き肉の二本立てですが、焼き肉編だけで120ページ! 焼き肉食べるだけでこんなにページ費やすマンガは他にないんじゃないかと(読んでると確実に焼き肉食べたくなります)。日記・エッセイコミックやグルメ物が好きな人なら、要チェックの一冊かと。
Amazon

IKEAのすべてがわかる本
Amazon

ネイチャージモン 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)