MENU

January 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

趣味

2021.01.07

スマホ用プリンター「Canon inSPIC」を買ってみた

■以前はシール紙にプリントできるカメラ店のセルフプリント機を利用して、iPhoneで撮りためた写真を出力して手帳に貼るのにハマっていたのですが、シール紙対応機が無くなったりしたためにそれができなくなり、手帳のページも無駄にすることが多くなって幾年……そんな目的にピッタリなスマホ用プリンターが出たと聞いて早速試すことに。それがCanonのミニフォトプリンター「inSPIC」でした。

20210106_122419285_ios

■スマホとの接続はBluetoothなので、まずはスマホ側の設定で使用デバイスとして登録して専用アプリをインストール。あとは電源を入れてBluetoothをオンにしたスマホを重ねるだけで「接続しますか?」とのメッセージが出るので、接続を許可すれば自動的に専用アプリが立ち上がって印刷可能になります。

用紙は専用のZINKシール紙(5×7.5㎝)10枚セットを中に入れればOK。熱を加えることで用紙内の結晶が反応してカラー印刷されるので、インクカートリッジなどは不要なのが手軽でいいです。

Inspic01

アプリでは通常の1枚印刷の他に最大6枚までの写真をコラージュしたり、2枚の写真をサークルトリミングでレイアウトすることも可能。

Inspic02

コラージュでは後からレイアウトの比率を修正したり、背景色やスタンプ、テキストなどでの装飾も楽しめます。

■購入検討している人が一番気になるのはやはり画質だろうということで、iPhone11Proで撮影した写真とinSPICで出力したものの比較を3点作って見ました。上のiPhone11Proの方は撮って出しのデータをリサイズ、下のinSPICのサンプルは一度出力した物を300dpiでスキャニング→出力の色調に近くなるよう補正しています。

Inspichikaku03 Inspichikaku01 Inspichikaku02

淡い色調やグラデーションはちょっと弱いですが、色やディテールがはっきりしているものだとかなり近い感じで出力されるので合格点ではないかと。1枚プリントならアプリ上でも「明るさ・コントラスト・彩度・カラーバランス」は調整できるので、この見本を参考にうまくクセを掴んで補正を掛けていただければ、満足いく出力が出来るのではないかと。専用シール紙でしか出力できないので試し刷りはコストがかかるのが難点ですが、一発勝負を楽しむのもinSPICならではの面白さかも。

■軽い手のひらサイズで、充電さえしておけば外出先でも場所を選ばず印刷できる手軽さが実に良いです。最初に書いたとおり、自分の場合は手帳に記録用に写真を貼り込むのをメインに利用していますので、カバンに入れておいて思い立ったら印刷して貼っておけるので大変重宝しております。実売価格は通常モデル本体が用紙10枚付きで13000円あたり、用紙が10枚入り500円ぐらい(50枚セットがヨドバシで2120円)といったところなので、スクラップ作りやデコレーションなどでスマホの写真をシール出力して色々利用したり遊びたい人には、かなり使えるオススメガジェットかと思います。

20210106_122333586_ios

Canon スマホプリンター iNSPiC PV-123(AA)

 

 

2020.09.26

「ネットラジオ録音X2」を使ってみた

■以前からネットラジオの録音ソフトとして使ってきたのがLODESTARの「ネットラジオ録音X」だったのですが、昨年暮れにメインマシンのVAIO ZのSSDが物理的にクラッシュして、運悪くライセンスキーのメールをバックアップし忘れていて、新たに購入しないとソフトを再インストールしても使えなくなるハメにorz
 それから今日まではradikoでのリアルタイム&タイムシフト視聴をメインにしていたのですが、先日の「爆笑問題カーボーイ」での太田光&伊集院光回のような伝説級の放送があったり、11月23日にはNHK-FMで「今日は一日アイマス三昧」の放送もあるので、そろそろ録音環境を再整備することに。
 それで何とかライセンスキーの再発行が出来ないものかとサイトにアクセスしたところ、新バージョンの「ネットラジオ録音X2」https://netradio-rokuon.com/がリリースされていたのを発見。せっかくなんでこちらに乗り越えてみようとダウンロードして試してみることに。

■3日間フル昨日利用できる無料版のダウンロードとインストールは特に問題なく終了。これで録音を色々試してみて、うまく動くようなら正式に導入ということで試用開始。

Radiox201org

ソフトを立ち上げるとシンプルな番組表が。左上の利用サービス名をクリックすれば「radiko」とNHKの「らじる☆らじる」の切り替えが可能。「radiko」の時に右上のカレンダーをクリックして日にちを選択すればタイムシフトにカンタンに切り替わります。

Radiox204org

まずはradikoタイムシフトの録音にチャレンジ。日曜日に放送された文化放送「水城奈々のスマイルギャング」を選択して録音……あっという間に録音完了してしまい、逆にうまくいかなかったのかと何回も操作して録音しまくってしまうハメに(^_^;)

Radiox210org

続いて長時間番組はどうだろうかと、二時間番組となるTBSラジオ「伊集院光 深夜の馬鹿力」を選択したところ約30秒で録音完了。ネットの回線速度にもよるけど、光回線などを利用しているなら恐ろしいくらい手軽に番組録音が可能です。ファイル名や番組のメタ情報も自動で割り当ててくれるのでファイル管理の手間も入らず。

Radiox207org

Radiox219org

好みのファイル形式やビットレートでのファイル保存や、iTunesへのエクスポートも簡単なので、スマホでデータを活用するのも簡単そう。

■タイムシフトでは問題ないので、続いては番組を予約してのリアルタイム録音を試すことに。

Radiox205org

その前にまずはPCの電力設定で録音中にPCがスリープにならないようセッティング。Windows10なら、タスクバーの電源アイコンを右クリックして「電源オプション」を呼び出し。「詳細な電源設定の変更」からスリープ設定を選び、電源接続時のスリープ処理をすべて無効としておくように。自分もこれを忘れて「今日は一日ラブライブ!三昧」の録音を失敗したことが……orz

Radiox212org

Radiox213org

番組表を「らじる☆らじる」に変更して、放送開始間近だったNHK-FM「邦楽のひととき」と、朝10時からの「THE ALFEE 終わらない夢」を予約。「邦楽のひととき」の録音が無事に始まったので、そのまま放置してベッドに入ることに。

Radiox217org

昼頃に目覚めると、PCもスリープになっておらず無事に録音完了。データも問題なかったので、これで安心して11月の「アイマス三昧」放送を待つのみとなったので、「ネットラジオ録音X2」正式導入させていただきます!

■動作も軽く操作もシンプルで録音データの管理運用も簡単。そして値段もリーズナブルなので、データをきっちり管理してライブラリを作りたい人にはぜひオススメしたいネットラジオレコーダーソフトです。1ライセンスで3台のウインドウズマシンまたはMacにインストールできて、今なら通常版2980円/乗換・バージョンアップ版1980円の特価販売になっているので、「今日は一日アイマス三昧」を録音しておきたいプロデューサーなら絶対にマストバイです!

 

2019.01.13

最近のお仕事&劇場版『ラブライブ!サンシャイン!!』雑感

■新年あけましておめでとうございます。昨年末のコミックマーケット95では新刊『Turf of Dreams! 02』もほぼ完売しまして、足を運んでいただいた皆様には感謝です。年明け早々色々引き落とし後の預金残高を見て割とガチで首を吊りたくなる心境ですが、こういう嬉しいことがあるうちはまだがんばって生きていけるかなと……。新刊はただいまCOMIC ZINにて委託&通販中ですので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします!

■新年早々に取材仕事をいただけたので、まずは現在開催中のイベント関連のものを。

20190113_183854

日本全国の祭りとグルメが東京ドームに集結する『ふるさと祭り東京2019』いよいよ開幕!!

現在東京ドームで開催中のグルメと祭りを楽しむイベント『ふるさと祭り東京2019』のレポート記事を書かせていただきました。食レポ部分はちゃっと実食したものです。本当に美味い物が色々揃っていますし、個人的には群馬のご当地イタリアン「シャンゴ」のシャンゴ風パスタが食べられる高崎市のブースがオススメです。取材日にはまだ食べられなかったので、これを食べるためにプライベートでイベントに行きたいぐらいです(^_^;)

イベントは1月20日までなので、美味い物をがっつり食べてみたい人はぜひ足を運んで見て下さい。

■昨年歌の方からAqoursを知って、取材などでライブに足を運ばせてもらったことで遅ればせながらドハマリし、順番的には逆ですがいまアニメ本編を追いかけている最中の『ラブライブ!サンシャイン!!』。そんな駆け出しファンですが、見ないわけには行かないだろうという事で……。

LLS02

行かせていただきました
『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow 』!

初週は新宿ピカデリー、二週目はちょうど原稿回収仕事で車で移動だったのでMOVIX三郷へ。

LLS01

LLS04

二週目にも足を運んだのは、上映前のポートレート撮影コーナーのホストが一番気に入ってるヨハネas津島善子だと聞いたので……前週のホストが次週のポートレート担当というパターンなら、三週目のポートレートがヨハネなんだろうか? ならばまた行くしかないのですけど(^_^;)

自分はこのポートレートサービス自体が初体験だったけど、ファンサービスというだけでなく自然な形で携帯・スマホの電源を切らせて仕舞ってもらうダメ押しでもあるんですね……こういうのはアニメならではの強みだなと。

LLS03

二週目の入場特典色紙も無事に確保。三週目が一年生ならヨハネゲットのチャンスもあって一石二鳥なんですが。さすがにヨハネが出るまで通い詰める時間とお金はさそうだしorz

■そんな『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』ですが、見る前に知り合いのライターがちょっと酷評というか微妙な評価をしていたのが気になってたのですが……自分が見た感想は「映画として微妙というのは確かにわかる……でも『ラブライブ!サンシャイン!!』としては楽しいから正解なんじゃなかろうか」というところでしょうか。

今回の物語を貫いているテーマをあげるならば「別れを経てからの自立と再出発(リスタート)」。、それが「Aqours」「SaintSnow」「浦の星女学院」「小原母子」という4つのファクターで描かれており、普通の映画なら各々のドラマが様々な形で絡み合いながら大きな流れになって、クライマックスへと雪崩れ込むという構成になるのが定番なのだけど、この映画はそれらがあまり深く絡まないまま物語が進んでいってしまう。それぞれが抱えた問題も流れの中で割とあっさり解決してしまうし、結果として一番ドラマ的な盛り上がりを見せるのがライバルであるSaintSnow絡みのエピソードということになってしまっているので、それゆえに「微妙」という評価が出るのも仕方無いのかなと。

でも、『ラブライブ!サンシャイン!!』という作品として見た場合、テレビシリーズ自体がAqoursにとっての最大の冒険物語だったわけで、今回の映画が冒険を終えたAqoursの新たな旅立ちという「序章」的な性格を持つ以上、テレビ以上の冒険を用意しづらいという面もあるのではと。『ガールズ&パンツァー』が「優勝したら廃校は回避と言ったが……あれはウソだ」という掟破り過ぎる展開で劇場版を成立させていたけど、同じような事を『ラブライブ!サンシャイン!!』でやったら作品観じたいが崩壊しかねないだろうと……まあ「統合したら学校が緩くなりそうだから、浦の星は当分分校扱いね」という発端は「だったら最初から統廃合とか言わなくても良かったんじゃ?」的なギリギリ感はありましたが(^_^;)。

映画的な盛り上がりは今ひとつという見方もある『Over the Rainbow』けど、その反面『ラブライブ!サンシャイン!!』らしい楽しさは全編にたっぷり詰まっていた。色々悩みはあるけれど、それでも前向きに動き続けてがんばるテレビシリーズ後のAqoursという、ファンが一番見たかったものをきっちりと描き、それぞれの明るい未来の可能性を見られることが、今回の映画の一番の魅力ではないかと。

『ラブライブ!The School Idol Movie』はμ's完結の物語だったけど、『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』はAqoursが新たに歩み出す未完(蜜柑)の物語。これからも様々な形でAqoursに会える事を指し示したことが、何よりも嬉しい作品なんだろうと。

見ていて何とも心地よいし、ヨハネが輝きまくってることですし、自分も早くテレビシリーズ完走してから腰を据えてもう一度見たい作品です。少なくともヨハネのポートレート週と1年生組の色紙配布週は見に行かねばなるまいて(^_^;)

LLS05

LLS06

LLS07

MOVIX三郷のロビーにて撮影。平日レイトの時間帯だったのでじっくり撮影できましたわ(^_^;)

2018.12.23

最近のお仕事&冬コミ参加します!

■ここ最近は減り気味の仕事具合に落ち込んでいることが多いのに、いざコミケに向けて同人誌を作ろうという時になると仕事が飛び込んでくるという法則が今回も発動(^_^;) 冬コミ新刊と仕事の同時進行で、ブログでの告知が遅くなってしまいました。

20181222_232234

ポップカルチャーは国境を越える! アメコミ人気の日本定着を実感する『東京コミコン2018』は今年も大盛況

20181222_232308

『ウマ娘』『フランシュシュ』が観たい! 今年も幕張メッセに長蛇の列が出現~『CygamesFes2018』 DAY1レポート

今月幕張メッセで開催された各イベントの取材に足を運ばせていただきました。日本におけるアメコミ人気の確かな定着ぶりや、作品のパワーだけで大きなムーブメントを巻き起こしていることを実感させられた『ゾンビランドサガ』の盛り上がりを肌で感じることのできたイベントでした。

zonbi

正直余計な出費は控えたい現状ですが、ぜひとも二期を実現してほしいのでブルーレイ1巻(AA)も購入させていただきました。速攻品切れでアキバヨドバシに追加で入ってきた一本を何とか押さえてもらうという綱渡り購入でしたが、何とか発売日に確保(^_^;)

grabru

レポートは担当しなかったのですが、同時開催されたグラブルフェスにも圧倒されました。単体タイトルでたぶん東京ゲームショウ一日分並みの集客を集めてしまう勢いはとんでもないものがあるなと。

■そしてこちらは冬コミ参加告知です。上記の取材仕事なども重なったために思ったより手間取ってしまいましたが、今回も無事に新刊を用意して平成最後のコミケに参加できそうです。

コミックマーケット95

12月31日(月) 東地区J-31b

私立歯車高校

hyouge001

新刊「Turf of Dreams! 02」

『ウマ娘 プリティダービー』評論本

B5・24ページ 頒布価格 300円

夏コミに続いて、今回も『ウマ娘 プリティダービー』です。ゲームアプリの配信もスタートするからちょうどいいタイミングだろうと思っていたのですが、すでに告知されているように2018年冬だった配信予定が2019年に延期……アニメの熱が残っているうちに何とかスタートして欲しいところなんですが、はたしてどうなるんだろうか(^_^;)

umamusume2_03

今回の内容は、ウマ娘のキャラクター達や「トゥインクルレース」などの世界観において、騎手の存在がどう影響しているかを、『ウマ娘』プロモーターで今年JRA4000勝を達成した名騎手・武豊氏の歩みと合わせて考察してみたり、

umamusume2_12

ブログにも掲載した千葉県御宿町のマーサファームへハルウララに会いに行った時のことを写真を交えてレポートしてみたり、

umamusume2_19

時間がある時に巡っている地方競馬場から、今回は川崎&船橋競馬場のグルメレポート多めな訪問記などが主な内容となっております。

今回はリアル系馬分多めの内容ですが、実際の競馬を知れば知るほど『ウマ娘 プリティダービー』もより楽しめる様になるので、そんな楽しみ方の一助となれば幸いです。

今回もCOMIC ZINさんへの委託・通販を予定しておりますので、ぜひとも大晦日の冬コミ&COMIC ZINにてお待ちしております!

2018.10.19

最近のお仕事:『ウマ娘』イベントレポート&突発的に川崎競馬場に行ってみた!

20181019_024609

去る10月14日に幕張メッセで開催された『ウマ娘 プリティーダービー 2nd EVENT Sound Fanfare!』を取材させていただきました! レポートに書いたとおり、芝コーストラックを模した周回ステージなどを会場のどこからでもファンがウマ娘(キャスト陣)を身近に感じながらライブを楽しめる、劇中のウイニングライブを再現したかのような臨場感を堪能できるライブイベントでした。その魅力をなんとか文章でお届けできればとがんばって書きましたので、よろしければ読んでやって下さい。

■イベント取材でまた『ウマ娘』熱が高まり、冬コミに受かったらまた『ウマ娘』で新刊を出したいとも思っていたので、また競馬場や馬に出会えるスポットを巡ってみたいと思う今日この頃。お金さえあれば北海道に行ってビッグレッドファームでゴールドシップやグラスワンダーに会いたいところなのですが、経済状態が色々ヤバイのでそうも行かず(そんなわけで常時お仕事大募集中です)

そんな折、スケジュール伝達の間違いで取材予定が飛んでしまいぽっかりと時間が空いてしまった10月18日……関東地方競馬が開催されている川崎競馬場に突発的に行ってしまいました(^_^;)

kawasaki00001

スケジュール空きがわかったのが18時ちょい前の新宿でだったので、ナイター競馬とはいえ今から川崎まで行っても時間はあるのかと思ったのですが、山手線で品川→東海道線で一駅で川崎とルート的にはそう遠くもなく、乗り継ぎのタイミングも良かったので18時半過ぎにはJR川崎駅に到着。そこから15分ごとに出ている無料シャトルバスに乗って19時ちょい前には川崎競馬場に到着。

19時5分発走の第9レースにギリギリ間に合ったので軽く馬券購入。地方馬はさっぱりわからないので、今回は血統と最近の戦績重視3レースほど買ってみましたが全然ダメでした(^_^;) 最終レースでディープインパクト産駒で成績もまあまあな馬に賭けましたが、馬体重25キロ増とかではなあ……。

kawasaki00002kawasaki00008kawasaki00015kawasaki00016kawasaki00017

思った以上に施設はキレイで、平日開催ということもあるんだろうけど、ゴミも散らかってなくマナー知らずの場所取り行為もなかったのでとても気持ち良く競馬を楽しめました。そして大井競馬場の時も思いましたが、馬やレースとの距離の近さはやはり地方競馬の魅力なんだというのを再認識。

今回一番感動したのがフード関係。時間が遅くてフードコート中心に色々食べてみましたが、とにかく美味しいものが多くてハズレ無し。

kawasaki00003kawasaki00004

個人的な大当たりだったのがこの手作りコロッケ。北海道産男爵いもを使って、ほぼジャガイモ丸ごと一個ぐらいのボリュームでしかも揚げたての熱々で味も絶品。絶対コレは外せない逸品かと。

kawasaki00005kawasaki00006kawasaki00007

こちらも川崎競馬場名物という激辛焼きそばも試してみました。一見普通の焼きそばですが、食べるとスパイシーな旨辛さが襲いかかってくるので意表を突かれる一品。でも美味しく食べられるラインを絶妙に維持している辛さなので、極端に辛いの苦手でもない限りは問題ないのでぜひチャレンジを。もう一つのメニューはビッグサイズのさつま揚げを串に刺した「大判」。こちらも香ばしく揚がっていて練り物ファンにはたまらない一品かと。

kawasaki00009kawasaki00010kawasaki00018kawasaki00019

スタンド2階にはお店やフードコートが。この「らーめん坊」は麺類から定食までバラエティに富んだメニューがそろっていたので、もっと早い時間に来られた時に挑戦したいところ。そしてフードコート内の「みよし」では、これも川崎競馬場名物らしいタンメンが。中細縮れ麺にコクのある塩スープとたっぷりの野菜が絡んだ優しい味わいが絶品。カウンターには酢・自家製ラー油・豆板醤・おろしニンニクが備え付けてあるので、好みに合わせて味の変化も色々楽しめるのも嬉しいところ。

kawasaki00011kawasaki00012kawasaki00013kawasaki00014

他には「万券通り」と銘打たれたレトロな仕立ての楽しいコーナーも。大きいレースの時には色々な売店も来るようなので、ここも日を改めて訪れてみたいところですわ。

都内からでも足を運びやすいしご飯も美味しいし、スペシャルウィークやグラスワンダーの子どもが走ることもあったりするので、、まずは競馬場の雰囲気を楽しんでみたいという『ウマ娘』ファンにはピッタリの地方競馬場じゃないでしょうか。

2018.10.07

俺はまだ本当のグンマを知らなかった-デレステ3周年ライブで前橋に行ってみた-

■茨城には足繁く通っているし、長野には小山田いく先生関係などで足を運んだりはしていたけど、隣県であるにもかかわらず通過するのみで立ち寄ったことがなかった群馬県。そんな群馬県前橋市のグリーンドーム前橋で9月8~9日に『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』3周年記念ライブ「SS3A LiveSoundBooth」が開催。そして幸運にも日曜日のチケットが取れてしまったので初の群馬県上陸を果たすことに。取材仕事が立て込んでいて、ちょっとアップする時期が遅れてしまいましたが、その際に色々体験した群馬ネタをまとめてみました。

■高速道路を北関東自動車道~関越道と経由して前橋へ。幸い渋滞にもぶつからずに自宅の小山から90分ほどで前橋へ。そこで目指すのは会場…ではなく、土曜日のライブ参加者のツイートなどで知った気になる場所、上毛電鉄・中央前橋駅前へ。

gunma001gunma002

俺の担当アイドルでもある眼鏡っ娘アイドル・上条春菜の聖地がまさかの前橋に!

群馬なんで当然「榛名山」からもじった名前なのはわかってますが、それでもシンデレラガールズのライブがある土地にこんなお店がある奇跡……これでライブに上条さん(長島光那さん)が参戦してれば完璧だったんですが(^_^;)

お店の方はライブ初日はやたらと店の写真を撮っていく人がいるので何事かと思ったようですが、事情を知った二日目には訪れたファンに麦茶を振る舞っていただいたり、人の集まる様子を嬉しそうに写真におさめたりと、歓迎していただけて何よりでした。そんなわけで……。

gunma003

上条さんinハルナメガネ

このライブ前に実装されたAR機能を使って記念に一枚。まさにこのために実装してくれたような機能なのでオフィシャルには感謝しかありません(^_^;)

gunma005gunma004

そして会場でも上条さんで一枚。

駐車場の確保が気になったので、お昼を取らずに会場の方へ移動してしまったのですが、会場周辺の飲食店は殺到したシンデレラガールズファンによってほぼ全滅状態だったために昼食難民となるハメに。

■ライブの方はゲームオリジナル曲&アレンジナンバー主体だったので、楽しく盛り上がれたのですが(セットリストなどはこちらのレポート記事を参照)、ファンがちゃんと電車で帰れる時間に送り届けるためなのか、普段のライブでは数曲毎に挟まるMCが中盤と最後の二回だけで、前半/後半共に13曲一気に突っ走る変則構成。初めてのライブでぶっ通しで立ち続けてコンサートライトを振るのはさすがに堪えました(^_^;)。11月~12月のドームツアーも、千秋楽&上条さん参戦のナゴヤドーム二日目のチケットが運良く当たったので、今度はもっとうまく楽しめると良いなと。

■ドームそばの駐車場は出る際の混雑で時間を取られると前日参加者から聞いていたので、少し離れたビル駐車場に駐めておいたのが幸いし、混雑に巻き込まれることなく帰途へ。とにかく腹が減ったのでどこかで前橋ならではのメシをと車を飛ばし、会場で配っていたデレマスファン向けの観光案内マップにあった「かつ久 無庵 前橋本店」へ。

gunma006

前橋産の麦豚を使ったとんかつがメインなのですが、ここはニンニクを効かせた粗挽き肉を使った「手ごねかつ」をオーダー。熱々の鉄板で提供されるビッグサイズのメンチカツを特製ソースで食べるのですが、なかなか味わい深くてご飯の進む逸品でした。次に訪れる機会があれば、オーソドックスなとんかつも試したいところです。

■実はこの日食べたかったのが、特製パスタが名物で群馬県で人気のイタリアンレストランチェーン「シャンゴ」。グリーンドーム前橋近くにもお店があったのですが、デレマスファンの大行列で入れなかったので断念。後日ドライブがてら足を運んで見ることに。

gunma008gunma007

訪ねたのは前橋ではなく、小山から近い伊勢崎市のシャンゴ。頼んだのは看板メニューである「シャンゴ風スパゲッティ」なんですが、この黒いミートソースが何とも独特の風味があって激ウマ。それに柔らかなロースカツも加わって食べ応えも満点。持ち帰り用ミートソースも買って、自宅でパスタを茹でて食べてみたのですが、これもまた美味し。なんか思い出すだけでまた食べに行きたくなる、クセになるお店でした。

でも他のネット記事のレポートを見ると「麺の量が思ったより多いので注意」とあったのですが、自分が食べた限りではそうでもないような……単に自分も栃木だから、北関東基準の量に馴れているからかも知れませんが(^_^;) とりあえず男性なら大盛りでも余裕かと思います。

■そんなこんなで、デレマスライブが切っ掛けで群馬の魅力にも目覚めた今日この頃。また財布に余裕がある時にでも、新たなスポット開拓でもしてみたいのです。

2018.10.03

最近のお仕事:全日本模型ホビーショー&『信長の忍び』イベント取材レポート

■先日の東京ゲームショウ2018あたりから取材仕事が連続しまして、先方の記事チェックなどで公開が遅れたものもありましたが、まとまったのでご案内をば。

20181003_165750

ガンダム・マクロスからミリタリーまで!最新プラモは組み立ても簡単で緻密な仕上がりが実現『全日本模型ホビーショー』詳細レポート

29日から一般公開!子どももマニアも嬉しい『全日本模型ホビーショー』写真速報(2)

9月28~30日に東京ビッグサイトで開催された全日本模型ホビーショーの速報&詳細レポートの2本を担当しました。記事中でも書きましたが、モデル自体のクオリティアップと組み立てやすさの追求という、以前なら相反しそうな要素を両立させる技術力の進化を実感したイベントでした。

DSC00261sDSC00267sDSC00278s

記事内では使わなかった写真からコトブキヤの可動フィギュアキット関係をいくつか。シリーズを重ねる毎にどんどんクオリティが上がっているのが本当に凄いなと。電撃ホビーマガジンの武装神姫担当としては、新たな形で武装神姫が帰ってきたのも嬉しい限り……またムックとかのお仕事できないかなあ(^_^;)。

nobunaga

「信長の忍び~姉川・石山篇~」水瀬いのり&佐倉綾音&内匠靖明が明かす、最終回の見どころは?

こちらは掲載まで時間がかかってしまいましたが、9月21日にイオンシネマ シアタス調布で開催された『信長の忍び ~姉川・石山篇~』全話上映会&トークショーレポートです。この日は大雨と事故渋滞が各所で重なって、幕張メッセでのゲームショー取材を終えて15時半に高速で調布に向かうも3時間半近くかかってしまい、取材に間に合うかヒヤヒヤものでした(^_^;)

トークショーは記事内では書けないような爆笑トークも色々あったのですが、すべてを掲載できないのが本当に残念。でも『信長の忍び』ならではの高速アフレコについて演じる皆様からの興味深い話は記事内できっちり拾えてますので、興味のある方はぜひ読んでやって下さい。

2018.07.27

コミックマーケット94に『ウマ娘』本にて参加します!

■ウェブ媒体での仕事がいくらか増えてきましたが、まだまだ赤貧モードな今日この頃orz そんな中で割とマジに生きる励みを与えてくれたのが『ウマ娘 プリティダービー』でした。企画の発表時点では正直イロモノ擬人化コンテンツかなとか思っていたのですが、アニメのクオリティの高さと愚直なまでに真摯で熱く競い合うウマ娘たちの姿にすっかりハマってしまいました。それがきっかけでリアル競馬の観戦に足を運んだり、馬について調べたりと色々と勉強させてもらったので、そんな『ウマ娘』とその周辺のアレコレをまとめた本を8月12日のコミックマーケット94 三日目に出させていただきます!

コミックマーケット94

8月12日・日曜日 東地区ナー50a

私立歯車高校

hyouge001

新刊 「Turf of Dreams!」

B5 28ページ

頒布価格 300円

■表紙イラストはいつもお世話になっているとんぷうさんにスペシャルウィークとサイレンススズカを描いていただきました。元々『ウマ娘』を見る後押しをしてくれたのが、とんぷうさんがTwitterで描かれてたスペシャルウィークの元気な姿の数々でしたので、今回の本はとんぷうさんのスペちゃんとスズカを見るために作ったような一面も(^_^;)

umamusume03umamusume10umamusume19

本の内容の一部はこんな感じです(クリックすると大きな画像に飛びます)。『ウマ娘』作品論や競馬場探訪、『ウマ娘』をより楽しむためのオススメ書籍レビューなどとなっています。

※8月6日修正

 コミケより一足早くCOMIC ZINに委託・通販がスタートしています! コミケ当日に会場に来られないという方はそちらを御利用下さい。

それでは当日はよろしくお願いいたします! 猛暑対策もお忘れなきよう、気をつけてお越し下さい。

2018.06.27

最近のお仕事:内田真礼『Magic Number』TOUR 2018 東京公演レポート

20180627_224850

6月24日に取材させていただいた内田真礼さんのライブツアー『Magic Number』TOUR 2018 東京公演のレポートがアップされました。内田さんのライブは『アイドルマスター シンデレラガールズ』の神崎蘭子としてのものをライブビューイングでしか見たことがなかったのですが、客席が終始揺れまくるほどのハンパない盛り上がりと圧倒的かつ激しい歌声の「圧」に打ちのめされました。その迫力と濃密なクオリティを、なんとかテキストで伝えたいとかなりの分量になっていますが、よろしければ読んでやってください。

DSC03409sDSC03415s

今回の内田さんのライブ&2ndアルバムのテーマにもなっていた「マジックアワー」。ちょうどライブ翌日にいいマジックアワーの風景が撮れたのでアップしてみました。クリックすると「Flickr」の写真のページに飛びます。

2018.06.21

最近のお仕事&『ウマ娘』最終回の日に東京競馬場へ

20180618_225609

■まずはお仕事告知。最近Web関連の取材仕事が増えてますが、こちらは「アニメ!アニメ!」さんでの初仕事。東京・有楽町マルイにて7月8日まで開催中の「GONZO 25th展」のレポート記事を書かせていただきました。平成のアニメファンなら誰でも一度はその作品に触れたことがあるはずのスタジオなので、今回展示されている4作品にも思い入れが深い人はいるんじゃないでしょうか。設定資料関係の展示の充実ぶりに加え、中田譲治さん演じるエドモン・ダンテスの新録ナレーションとか、ファム×ジゼル尊い成分をたっぷり楽しめるので、ぜひ足を運んで見て下さい。

■『ウマ娘 プリティダービー』がきっかけで競馬場に通い出すことになりましたが、6月3日&17日にも東京競馬場へ行ってみました。

DSC02604

DSC02608

DSC02609

DSC02671

6月3日は安田記念に合わせて『ウマ娘』ブースやグッズ先行販売もあるとのことで足を運んで見ました。バッジは無事に全種買えたけど、お昼前にはスペシャルウィークとサイレンススズカは速攻完売してしまったとのこと。ウマ娘ファン以外にも、モデルの馬が好きな競馬ファンの方なども買っていってたようでしたね。売り切れ順は「スペ・スズカ」→「テイオー・ゴルシ」→「マックイーン・ダスカ・ウオッカ」という感じだったので、アニメで目立っているものから売れてたようですね。

DSC02739

DSC02749s

日本ダービーよりは少なかったけど、やはりメインレースは大いに盛り上がっていたので、ここでもウマ娘世界の熱を体感。馬券はまあ外れましたが(^_^;)

DSC03171DSC03201DSC03215DSC03237

6月17日は『ポプテピピック』とのコラボイベントがあるとのことで行ってみましたが……明らかにアニメと縁の無さそうな競馬ファンのおじさん・おばさんがグッズ抽選会で当たったTシャツを着て馬券予想してたり、何かのゆるキャラとでも勘違いしたのか着ぐるみ撮影会に人がかなり集まり、幼児が「ポプ子ちゃーん! ピピ美ちゃーん!」とはしゃいで声援を送る光景に、何か違う世界戦に迷い込んだかのような錯覚に陥りました(^_^;) どれくらいの人が『ポプテピピック』が何なのか知っていたんだろうか……。

128212841306

DSC03273sDSC03299

馬券の買い方も多少分かってきたので色々自分なりに予想して買ってみましたが、2200円投資して1190円のリターンという結果に。フォーメーション買いとかは、もっとオッズと合わせて検討して予想を絞らないととのアドバイスを某所でいただいたので、もうちょっと勉強しないといけませんね。スマホでJRAのサイトをチェックすれば三連とかの場合のオッズもわかるというのも知らなかったしなあ。

あるレースで一番人気の馬がパドックで頭下げて元気なさげだったので予想から外したら、実は「鶴首」というレースに集中している現れだったらしくて1位になってたりと、パドックでの馬の見方も経験積まないといけませんね。

DSC02667DSC02670

東京競馬場は食事処も多いので、行くたびに『ウマ娘』第1話のスペちゃんのごとく目が移りまくるハメに。6月3日は大阪のかすうどんが食べられる「KASUYA」で限定の「肉盛りかすそば」を試してみましたが、甘くて香ばしいカスの味わいがたまらぬ逸品でした。しかし競馬客は酒を飲む人が多いせいか、この店も含めて飲み物がアルコールしかない店がけっこうあって困ることも(^_^;) テーブルとかにスポーツ新聞とか置いて長時間の場所取りしてる人が多いので、どこかに食べ物を置いて飲み物を買いにというのも難しかったりするので、どうにかならんもんかなと……ここらは競馬客のマナーの問題だから、競馬場側で改善するのも難しいのか。

DSC03243

6月17日はフジビュースタンド5階のレストラン「神田川」で「きじ焼き重」をいただく。肉厚のきじ肉が美味しくて食べ応えがありました。スタンド指定席のあるフロアなのでゆっくり落ち着けるのもいいですね。

1270DSC02713

これから東京競馬場に行く人にぜひ試してほしいのが、東京競馬場名物にもなっているらしいフジビュースタンド3階のトーキョーカフェ&ベーカリーの「本命ドーナツ」「大穴ドーナツ」。特に大穴ドーナツはタイミングがいいと揚げたてを食べることができるのですが、これが熱々ふわふわで実に美味。いままで食べたドーナツの中でナンバー1といってもいいぐらいの味でした。

1288

帰りに売店によると、いつも品薄でなかなかお目にかかれないゴールドシップのマスコットぬいぐるみが。3300円といい値段がするので迷いましたが、『ウマ娘』でも一番好きなキャラですしラスト3個だったので購入(^_^;) あと馬の勉強も兼ねて「馬なり1ハロン劇場」の最新刊も……まだ連載しているんですね(^_^;)

■そんなこんなで東京競馬場から帰宅しての『ウマ娘 プリティダービー』最終回。スペシャルウィーク達のストーリーとしては前回で決着がついて、今回はチームスピカ&リギル+αによるドリームレース編。ストーリー本編がどうしてもスペシャルウィーク中心だったので、魅力的なキャラクターながらも個々のドラマや走るシーンを見る事ができなかった面々の描写が見られたのがうれしいポイントでした。

uma01

アニメでは天才・武豊が愛したスペシャルウィークとサイレンススズカ、年齢逆転したお祖母(祖父)ちゃんと孫というメジロマックイーンとゴールドシップ、同期のライバル牝馬のウオッカとダイキスカーレットというリアルの馬同士の関係性がウマ娘に持ち込まれてキャラクターを深めていたけど、それらに勝るとも劣らないドラマ性を持っていた会長・シンボリルドルフと妹分のトウカイテイオーの親子対決をはじめ、時代を超えた様々な「夢の名勝負」が描かれたのも最終回の大きな魅力だったかと。今作がきっかけで勉強しはじめた自分ですら凄いと思えるこの組み合わせ、競馬ファンならもっと楽しめたのではと悔しかったり羨ましかったり(^_^;)

レースの結末をぼかした点で批判的な感想も目にしますが、あれは「見た人それぞれが勝者を決める」という作り手からのメッセージだと思っています。夢の大勝負で自分の大好きな馬が接戦を制して勝利を収めるという「夢」は、押しつけられるモノじゃなくて自分で掴むものですし。ちなみに自分の中では、ここまでなにげにスピカを支えてきたゴールドシップが、溜め込んだ末脚を爆発させてゴールに飛び込んだという結果に終わってます(笑)。回想で見せたトレーナーの恋女房というかバディぶりも最高だったので、ゴールドシップには最後に美味しいところを持っていってもらいたいですし。

そしてある意味最終回の主役だったといえるのがトレーナー。ウマ娘達を支え続け、スピカのメンバー達が着そうレースを夢見ながら、実際に実現してしまうと「夢の終わり」のように思えて逃げようとしてしまう……これって最終回を迎えてほしくないファンの姿そのものだったのではないかなと。こういう複数ヒロインものの作品では、彼女達に関わる男キャラの造形如何で作品自体の印象や評価が左右されてしまうものだけど、そういう点でトレーナーはウマ娘達を見守り支え、共に喜び共に泣くという理想的なキャラクターだったのではと。そんなウマ娘との関係性は、リアルの競馬における競走馬と騎手・調教師・厩務員の関係そのもので、擬人化したことでウマ娘との恋愛要素的なノイズを入れることなく、きっちりとした距離感を盛り込んで描いたアニメスタッフの見事な判断だったと思います。それがあったからこそ、『ウマ娘』はシチュエーションのイロモノぶりとは裏腹に、熱くて爽やかな作品になったのだと実感しています。

■アニメの方はBD最終巻にOVAが収録され、新たなウマ娘も登場するらしいので楽しみはまだまだ続くのですが……それよりなにより、ここまで理想的に盛り上がったのだからゲームを一刻も早くスタートさせてほしい(^_^;) 最終回の後に開始日告知があるものと思っていたのですがねえ……。

7月から早くも再放送が始まるとのことなので、本放送で未見だった人はぜひとも再放送でチェックしてほしいです。アニメファンはもちろんだけど、競馬好きの方の琴線にも絶対触れるところがあるはずなので。そして、これをきっかけに競馬や馬に興味を持ったら一度競馬場に足を運んでみてほしいです。きっと新たな世界と楽しみが広がるはずなので。

より以前の記事一覧