MENU

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

ニュース

2016.03.25

小山田いく先生のご冥福をお祈りいたします

■先週の頭に闘病中だった母を看取り、葬儀などの慌ただしさに押し流されながらも何とか納骨まで終えて、ショックと哀しみも和らいできた所でしたが、本日個人的には大変ショッキングな訃報が。

「すくらっぷ・ブック」漫画家小山田いく氏死去

20160325_223020

最近の若い漫画ファンでは知らない人も多いと思いますが、1980年代の脂の乗りきっていた週刊少年チャンピオンにおいて、独特の可愛らしい絵柄と瑞々しい学園青春ストーリーを多数送り出し、多くのファンを魅了した人気作家さんなのです。この一報が流れた後のTwitterを見て、多くの著名人や漫画家さんがこの訃報を取り上げてコメントを残していたことからも、その影響力の大きさはわかると思います。とにかく80年代に少年マンガを読んでいた人なら、知らない人はまずいなかったのではないかと。

■自分も中学1年生の頃に小山田いく先生の「すくらっぷ・ブック」に出会い、自分と同世代の晴ボンやマッキーに心奪われて、少ない小遣いをやりくりしながら少年チャンピオンとコミックスを買い集めるようになりました。それが糸口となった漫画そのものにもはまり、小山田いくネタの投稿目当てにふぁんろーどを購読しはじめ、そこに掲載されていた小山田いくファンクラブ「小山田軍団」の会員募集を目にして、同人誌作りに目覚めたり、同好の友人達と交流するようになり、出版業界で仕事をするようになり……ある意味小山田いく先生とその作品に出会ったからこそ、今の自分があると言っても過言ではありません。自分の人生における心の師匠とも言うべき存在でした。それだけに、59歳という早過ぎる死が本当に悲しいです。

■改めて小山田いく先生の作品を振り返ってみると、単なる青春物にとどまらない先進性があったことに気づかされます。

・主人公達のクラス全員30数名のキャラクターがきっちりと設定され(小山田先生の中学時代のクラスメートがモデル)、そんなクラスメート達にもスポットをあてることで繋がり重なっていく人間関係が織りなす学園群像劇。
・先生ご自身が住まわれていた長野県小諸市を舞台とし、実在する土地の風景が物語のリアリティを深めていく聖地巡礼要素。
・同時期に「バラの進様」「るんるんカンパニー」を連載していたとり・みきをはじめ、同期の連載陣と作中に楽屋落ちネタを織り交ぜてギャグにしていくクロスオーバー要素(回数こそ少ないが、あの手塚治虫まで絡んできたことも)。

今の漫画・アニメなどにも受け継がれているこれらの手法は、80年代前半にはほとんど見られなかったもの。こういった手法の斬新さがあったからこそ、当時中学生だった自分が「この漫画は何かが違う」と感じとり、小山田いく作品を追い続けていくことになったのだと思います。

■漫画編集者になったからには、いつかは小山田先生に原稿依頼をしてみたい……そんな夢を密かに秘めていましたが、それもとうとう叶わぬ夢となってしまいました。でも、今の自分を形作ってくれた多彩な作品に出会わせてくれた事を、今でも感謝しております。心よりご冥福をお祈りいたします。

■小山田いく先生の作品は現在だと復刊ドットコムで選集を購入可能ですので、興味のある人はぜひ読んでみて下さい。おすすめはやはり最初の連載にして代表作の「すくらっぷ・ブック」です。

2013.09.17

産経新聞が『ガルパン』を越える茨城ご当地アニメを提案(^_^;)

■先月末の大洗巡礼のネタや、土曜日に行った茨城空港のウサギさんチームスタンプラリーの話でブログ更新しようと思ったら、産経新聞茨城版に何とも頭の痛い記事が……。

【いばらき応援倶楽部】「ガールズ&パンツァー」 人気に頼らず新アニメを - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130916/ibr13091616260004-n1.htm

ガルパンと大洗の関わりについては「人殺しの兵器である戦車で町興しとはけしからん! 軍靴の足音が!」とか「先の大戦で多くの人が命を失った戦車を美少女キャラのおもちゃにするとはけしからん! 英霊への敬意と感謝を作品に盛り込め!」とか、左右双方からしょうもない批判意見が出たりもしていましたが、そんな意見の方がまともに思えるようなクソ記事をドヤ顔で送り出すあたりが、実に産経クオリティというべきか。

■とりあえずこの今仲信博なる産経新聞の茨城支局の記者、実際に大洗や茨城空港に出向いて取材していないのが見え見え。もしちゃんと取材してたなら、大洗の町のがんばりぶり、選挙広報にしろ茨城空港のキャンペーンにしろ、単にガルパンに乗っかっただけではない作り込みぶり、聖地巡礼ツアーなどと連携して茨城空港の地名度・集客アップへつなげようとする努力など、関わる人達の真摯な取り組みがわかるはず。それを感じ取れずに「ガルパンに頼っている茨城、40点!」などと失礼なことを言ってるのだとしたら、ずいぶんと感度の低い記者なんだろうなと。

■何よりもガルパンに代わるご当地アニメの提案が何ともひどい。

たとえば、女の子のグループがドラマ「水戸黄門」ご一行のように県内44市町村を漫遊するオリジナルアニメはどうか。
助さん・格さん、弥七らのような役割分担はもちろん、
入浴シーンも欠かせないストーリーは「中核病院の建設が進まない」「大型商業施設にお客が流れて大変」など、各市町村が抱えるリアルな問題を女の子たちが解決していくものにしよう。
登場する施設などは実名に近くし、ファンが訪れやすいように、また名所や特産品もしっかりPRする。
完成したアニメは「県公認ご当地アニメ」に認定。県のインターネットテレビ「いばキラTV」で放送すれば、いばキラTVの認知度も上がる。

「ガルパンに頼っている」と茨城の人達の取り組みをバカにしながら、自分の提案が『水戸黄門』頼りという時点でアウトだが、露骨な地元タイアップやあざとい入浴シーンサービスとか、露骨に聖地巡礼需要を狙ってアニメファンにシラケられて失敗する典型みたいな企画を、「これでガルパンに勝てる!」と上から目線で記事にするセンスの無さには怒りを通り越して哀れというしか。書いた記者もバカなら、これを通して産経新聞茨城面の1/4を占める記事にした支局のお偉いさんも相当バカじゃなかろうかと。

■予想通りというか、この記事がネットで公開されるとTwitter上ではガルバン&大洗の関係者からは怒りと呆れのリアクションばかり。ガルパン云々より、がんばっている地元の人達の取り組みをバカにするような記事内容への反発という点が、怒りの深さを物語っていると思うのだけど、産経新聞はそれをどう受け止めるのだろうか……多分しれっと忘れて、次のクソ記事書くのに夢中なんだろうけど。

■とりあえず産経新聞様にはぜひとも「女の子のグループがドラマ「水戸黄門」ご一行のように県内44市町村を漫遊するオリジナルアニメ」を企画を動かし全額出資して、ガルバンを越えるご当地アニメとして大ヒットさせて茨城に観光客を呼んでいただければと。それがこの記事に対する一番の落とし前だと思うのですが。

2009.09.01

産経社会部Twitter・続報

■前のエントリーに書いた産経新聞社会部のTwitterの一件、昨日の夕方になって謝罪コメントが入ったようですが……
 下記の発言について、たくさんの厳しいご意見をいただきました。軽率な発言だったと反省しています。ご不快の念を抱かれた方には、お詫び申し上げます。

産経新聞は、保守系の「正論路線」を基調とする新聞です。 発言は、新政権を担う民主党に対し、これまで自民党政権に対してもそうであったように、社会部として是々非々の立場でのぞみたいという意思表示のつもりでした。

これまで同様に客観的な事実に基づき、中立的な立場に立った上で、公正な報道をするよう、さらなる努力をしていきます。

 いや、誰も産経にそんなもの期待していないと思うけどw だいたい「新しい歴史教科書」に首ツッコミはじめたあたりから、政治系のニュースで中立的な立場に立った上で、公正な報道っていうのにお目にかかった試しないし。そもそもそれって自分で標榜している「保守系『正論』路線」と矛盾するし。

■いっそ「これがうちの路線だ、文句あるか」と言ってくれた方がよほど産経らしい対応だと思うけど。今朝の朝刊が午前3時頃に届いたけど、あまり中立的立場とは思えない記事多かったし、この件にも一切触れてなければお詫びも載っていないし。

■ITMediaがこの一件を取り上げていたんですが……
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/31/news122.html
 産経新聞は1993年、テレビ朝日幹部が非自民政権の成立を目指す報道方針を明らかにした、とされるいわゆる「椿発言」を一面で報じ、新聞協会賞を受賞した。
 こういうことがあったのか……ならば今回の件は、産経的には闇に葬りたいところなんだろうなあ。でも、社会部コラムやWeb面で自ら取り上げるぐらいの良識はほしいかも。

2009.08.31

産経新聞のtwitterが面白すぎる

■お盆明けの仕事が立て込んでいて、更新の間が空いてしまい申し訳ありませんでした。夏コミでは多くの方に足を運んでいただき、新刊二冊も無事完売となりました。いらっしゃってくださった皆様、どうもありがとうございました! 「宵闇草紙 五」の方は、現在「とらのあな」にて委託中ですので、買い逃されてしまった方はそちらをご利用いただければ幸いです。

■昨日は衆院選だったわけですが、開票速報で一番役に立ったのが毎日新聞のtwitter。
http://twitter.com/mainichijpedit
各選挙区/比例区の当落速報はもちろん、自民と民主の党本部の様子や幹部の会見などもリアルタイムで続々つぶやかれ続け、大変役に立った上に面白かったです。

■そんな毎日新聞とは逆のベクトルで面白かったのが、産経新聞社会部選挙班の期間限定twitter……。
http://twitter.com/SankeiShakaibu
※魚拓
http://s02.megalodon.jp/2009-0831-1116-32/twitter.com/SankeiShakaibu
「産経新聞が初めて下野なう」
「でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。これからが、産経新聞の真価を発揮するところ。」
 なんというか、とても新聞社のtwitterとは思えないというか、産経新聞らしいというかw 産経新聞は十数年近く購読しているので(知り合いの販売店から頼まれたので)、産経新聞が自民・公明ベッタリの報道姿勢なのはわかっていたけど、こうもあからさまにネットでその姿勢をさらすとは思いませんでしたわ(^_^;) 選挙の敗因を「麻生首相が靖国参拝しなかったのが一因」と一面で主張する新聞だけのことはあるというか。
 今後の産経は、毎日一面で「自民党政権では日本は滅びる」と主張し続けてきた日刊ゲンダイの様な方向に行くんだろうかなあ……。

2009.07.22

訃報・金田伊功氏

■mixiの業界関係者のマイミクさんの日記より聞いた情報で、公のソースも今のところはアニドゥのサイトとwikiのみなので、誤報であれば何よりなのですが……80年代のアニメシーンを支えたと言っても過言ではない、名アニメーター・金田伊功氏が心筋梗塞でなくなられたとのこと。享年57歳。

■自分がアニメファンまっただ中だった中学生の頃、テレビアニメを席巻していたのが「金田アクション」「金田パース」と称された独特のアクション作画の数々(今だったら「作画崩壊」とか言って叩かれまくりだったかもしれませんが)。『太陽の使者 鉄人28号』『ゴッドマーズ』そしてJ9シリーズ……さらには彼の元で育った後継者たちが暴れまくった『プラレス3四郎』『魔境伝説アクロバンチ』『うる星やつら』等々、あの動きをリアルタイムで体感しまくっただけに、この訃報には呆然とするしかありません……ご冥福をお祈りいたします。

2009.04.11

何ともタイムリーなニュースが

■前エントリーで取り上げた「何で岡田斗司夫氏は、自分のmixiアカウントへの不正アクセスを警察に届け出ないのか?」という疑問ですが、ちょうどいいタイミングでこんなニュースが。

知人女性IDでmixi不正アクセス容疑、逮捕

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20090409-480971.html

     知人女性のIDを勝手に利用して会員制サイト「mixi(ミクシィ)」にアクセスしたとして、滋賀県警サイバー犯罪対策室などは9日、不正アクセス禁止法違反容疑で京都市南区吉祥院三ノ宮町の会社員大西有容疑者(27)を逮捕した。
     逮捕容疑は、昨年12月20から24日にかけ計4回、自宅のパソコンで、大津市の派遣社員女性(27)のIDとパスワードを使って、ミクシィに不正にアクセスした疑い。
     県警によると、2人は大学の同級生で、パスワードは女性の生年月日、IDはメールアドレスだった。IDが書き換えられており、女性から今年2月、「ログインできなくなった」と県警に相談があった。(共同)

■岡田斗司夫氏の場合と同じパターンというか、明らかに岡田氏の方が被害が大きいですから。被害届を出せば確実に操作してもらえるはずなんですけど。

2009.04.10

岡田斗司夫氏のmixi退会騒動に関する素朴な疑問

■何というか地味に忙しくて、なかなかこちらの更新に時間を割けません。mixiの日記でやっているみたく、細かい本の購入録でもいいからアップすればいいんだろうけど、やはりそれなりにきっちり書かないととか考えていると、なかなか手が進まないというか。

■映画『ウォッチメン』の話や、とうとう買ったVAIO typePの話といったネタもあるんですが、とりあえずのどに刺さった小骨のように引っかかっているのがITMediaなどでもニュースになった岡田斗司夫氏のmixi退会のことですか。

■詳細はご本人のブログを読んでいただくのが手っ取り早いかと。なんか一気に自分の主張をまくし立てて、相手が一方的に悪いみたいな印象をうまく演出するあたりが、昨年のワンフェスエスカレーター事故の時と同じだなあとか思ったりもするのですが……一番気になるのは「なんでとっとと警察に被害届出さないの?」ということ。

■明らかに不正アクセス防止法に抵触している案件なんだから、訴え出ればプロフィールの改ざんなどをやっている相手まで辿れるでしょう。そうすれば、不正アクセスの手段がmixiの方でも把握していない管理システム的な不備だったのかどうかもわかるし、「TOPページから大々的に配信されるmixiニュースに比べれば、僕の日記など非力そのものだ。できれば、mixiの中のみなさんの大事な人に、彼らを傷つけずに危険を知らせてあげてほしい。今回の日記で役に立つなら、いくらでも引用・掲載してください。」なんてもって回ったことをやるよりも確実に、岡田斗司夫氏の望んでいるという「mixiユーザーを危険から守る」ことを実現できるわけだし。

■訴え出ても警察が動くわけないなんてこともないはず。ネットゲームのアカウントが勝手に使われたぐらいの件ですら捜査がなされた例も多々あるし、ましてや今回はベストセラーダイエット本の著者でもある有名人が被害者なのだから、単なる一般人の場合よりも確実に動いてくれるでしょう。だからこそITMediaのニュースにだってなったんでしょうし。今からでも遅くはないのですから、ぜひともその線で動いてほしいものです。

■なんにせよ、岡田氏のmixi退会は非常に残念でした。やめるのなら、せめて予告されてたワンフェスエスカレーター事故の総括をしてからにしてほしかったのですが。情報を集めているというので、こちらも事故直前の現場写真などをご提供させていただきましたしね。

2008.12.05

ホンダがF1撤退(追記)

■なんか各所で情報が吹き出し始めた「ホンダF1撤退」の噂ですが、今日の午後1時半から記者会見があるようですね……。

Hondaが記者会見開催へ
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/081205030933.shtml
Hondaのうわさ
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/081205003009.shtml 

■まあ、今年前半のスーパーアグリに対する仕打ちの数々を考えると、あまり同情の念がわかなかったりしますし、この世界的な不況の中であの成績では存続させるわけにもいかないだろうとも思いますが。
 こうなると「来期マシン開発にリソースを集中させる」として今期マシンの開発がストップしたのも、実は撤退の気配が濃厚だったがゆえの経費削減だったのかも……そう考えると、確かにスーパーアグリ救済など無理だったなという気もします。

■トロロッソの三度目のテストにも招聘されて、来期シート争いに望みが見えつつある佐藤琢磨。ホンダはスーパーアグリ撤退に伴う琢磨救済として「来期のシートの確約はできないけど、テストドライバーとしてなら」という提案をして、あくまでシートにこだわる琢磨はそれを断ったそうですが、その判断はある意味正しかったということになりそうですね。
 しかし、撤退確定となったらバトンとバリチェロはどこにいくんですかねえ……まちがってもトロロッソに売り込みとかこないでほしいぞ(;´Д`)
■追記
記者会見リリースが出ましたね……せめてトヨタぐらいの成績を上げていたならまだしも、あれだけ資金投入してフォース・インディアと最下位争いでは、この結果は仕方ないでしょうね。

Hondaからの声明
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/081205062641.shtml

2008.12.02

ケンコバブログ炎上でふと思う

■ちょっと更新の間が空いてしまいましたが……別に前エントリーでの「mixiオープン化違うんじゃないか?」という予測が微妙に外れた(15~18歳にも解禁&招待制と登録制の併用開始)ショックではなく、先日の連休中に追突事故を起こしてしまって凹んでいたせいですorz まあ大事には至らなかったのが不幸中の幸いでしたが、やはりはじめての事故だったので立ち直るまでに時間がかかりましたわ(;´Д`) 自分なりに事故原因になった運転癖の矯正を試みたりもして、二度と事故らないように肝に銘じます。自分だけがどうにかなる分にはいいけど、相手や同乗者にまで被害及ぼすのだけは絶対にしたくないですものね……。

■酉の市見物に出かけていた母親に頼まれて録画していた、NHKの「MUSIC JAPAN 東方神起スペシャル」を見終えた後に、ちょうどネットでケンドーコバヤシブログが東方神起絡みの事で炎上していたというニュースにぶつかる。案の定、嫌韓気味な人たちはケンコバ擁護&東方神起ファン叩きという方向に傾いてるけど、もしもケンコバの口撃の矛先が自分たちの好きな物(例えば諸々の萌え系作品)に向けられていたら、「これがケンコバの芸風なんだから怒る方が間違ってる」なんて物わかりのいいことは言わないんだろうなあ。
 とりあえず、世間の流行りや売れてるものや人に対するアンテナを高くしておくのが送り手側の心構えだと思うんだけど、ネタじゃなくてマジで知らなかったとしたら、ケンコバもアンテナ低すぎだと思いますわ。同じ失敗を去年は和田アキ子もやらかしているというのに……。
 
■ケンコバ擁護の理由を「韓流ブームは実体がないというのがネットの認識」と分析しているくだりがあったけど、ブームではなくてすでに「定着」の段階に入っているというのが正しいかと。前の『西洋骨董洋菓子店』韓流映画版のエントリーでも触れたけど、韓流コンテンツのクオリティはえらいスピードで洗練されつつある。東方神起にしても、ジャニーズ系のグループアイドルのフォーマットと欧米系のダンス/ヒップポップの流れのハイブリッドという感じで、売れるのも納得できるだけのクオリティに仕上がっているし(しかもバラエティ向きの天然系イケメンですし)。
 国外のいいものをどん欲に取り入れて、自分たちなりのものへと昇華していく……それが昭和の頃の日本のお家芸だったわけですが、いまはそれを韓国などのアジア圏がそれをやって、急速に日本との差を詰めつつある。別に国や国民の好き嫌いは人それぞれだけど、そういった感情とコンテンツのレベルなどの評価は分けて考えないと、いずれ足下をすくわれることになるんじゃなかろうかな。

2008.11.06

田母神航空幕僚長の論文騒動の本質

■石破農水相(前・防衛大臣)のブログが、ココログにあったとは不勉強ながら知らなかったのですが、最近のエントリーで航空自衛隊の田母神航空幕僚長による論文騒動について触れていると聞いて、早速読んでみました。

田母神・前空幕長の論文から思うこと
http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-8451.html

■賛否双方の報道で「政府の歴史観にそぐわない思想の持ち主だから更迭された」みたいな流れになっているけど、石破氏のエントリーでも語られている様に、歴史観以前にその言動から「自衛隊のトップとして有事の際に指揮を任せられるに足る人物か」という資質を疑われたがゆえの更迭というのが本当のところだと思う。今回の騒動に関して「シビリアンコントロールに屈服させられた」というコメントをあたりからも、その片鱗が伺われるかと。
 ニュースの続報では、同コンクールに78名の自衛官が応募していたという事実も明らかになってますが、これらが全部幕僚長と同様の方向性で動いているとしたら、ちょっと空恐ろしい事態になりそうな気も。

■件の論文がちゃんと「論文」の体をなしているものだったら、ここまで事は大きくならずきちんと問題提起として受け入れられた可能性もあっただろうけど、その内容は真偽も定かではない陰謀論を根拠にして、まくし立てているだけというレベルの代物でしたし。在野のネット右翼がブログや掲示板で吠えているのと同じようなことを、航空自衛隊の幕僚長が「論文」として「公の場」で発表したら、その資質も疑われて当然。そんな人間が自衛隊のトップなどといったら、国際社会で日本政府自体のレベルさえ疑われかねないでしょう。中山前国交相もそうだったけど、ここ最近「立場」と「言い方」を考えずに自爆する輩が多すぎる気がします。所謂「暴走老人」の類なんだろうか。

■今回の論文コンクールにも関わっていたせいか、産経新聞やそれに連なる憂国系メディアだけが、必死に「自虐史観批判」をベースに田母神擁護の論陣を張っているけど、それは問題のすり替えだと思う……というか、あのレベルの論文を擁護していたら、自分達のレベルまで疑われるだけだと思うのだけど。産経新聞はそれに加え、自分たちが支持していなかったオバマが大統領になってしまってパニクってるのか、今日の朝刊では「これは日本の危機だ!」と何とかしてオバマ批判にもっていこうという必死さが全紙面からにじんでいたし。大丈夫なのか、産経新聞……。