MENU

April 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

ニュース

2018.04.05

最近のお仕事

■新たにSPICEさんに取材記事がアップされましたので告知です。よろしければ読んでやって下さい。

大洗町・春の海楽フェスタ 2018 『ガールズ&パンツァー』トークショー詳報 『最終章』第2話の話で大盛り上がり!

20180405_221533

3/19に大洗町で開催された海楽フェスタ内で行われた『ガールズ&パンツァー』キャストトークショーの詳細レポートです。前回の記事は他の企画も含めた海楽フェスタ全体についてのレポートでしたが、今回の記事は『ガルパン』トークショーのみとなっております。

宮野真守がテンション高く登場『AnimeJapan 2018』ステージイベントREPORT 『弱虫ペダル GLORY LINE』第2クール直前スペシャルステージ

20180405_222415

神谷浩史、井上和彦が考えた『劇場版』の内容とは?『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』スペシャルステージ 『AnimeJapan 2018』ステージイベントREPORT

20180405_222747

こちらは3月25日の「AnimeJapan2018」ステージ取材記事4~5本目で、これにてすべての取材ステージが公開されました。これまでのステージレポートもそうでしたが、今回のイベントはどれも男性声優陣のテンションの高さが印象深いものばかりでした。特に『GODZILLA』『弱虫ペダル』での宮野真守さんの暴れっぷりはすごかったなと(^_^;)

2018.03.31

最近のお仕事:AnimeJapan2018編

購入以来、常にα7Ⅲを持ち歩いて写真の練習を重ねる日々。今週はあちこちで桜が満開だったので、KADOKAWAからほど近い千鳥ヶ淵~北の丸や、近所の畑に咲いている桜を夜に試行錯誤しつつ撮ってみたり。上の写真からFlickrでまとめたアルバムに飛べますので、よろしかったら見てやってください。

031

VAIO Zや仕事用具と一緒にα7Ⅲも持ち歩けるバッグはないかということで、ライター業界でも評判の高い「ひらくPCバッグ」を導入してみました。またこうして散財してしまった……(^_^;)

173

フルサイズ一眼としては小さい方らしいα7Ⅲですが、やはりいままで使っていたミラーレス一眼に比べればデカイのバッグはけっこうキツキツですが、何とか無事収まってます。重量バランスを考えたバッグなので、けっこう重いけど苦にならないのは助かりますわ。これでガンガン取材や仕事をこなして、早く元が取れるといいなあ……。

■今回はSPICEさんでの取材仕事の公開が一両日中に一気にきたので、それらをまとめてみました。

『ガールズ&パンツァー』聖地・大洗町で春の海楽フェスタ2018が開催 イベントレポート

公開が遅くなりましたが、3月18日の大洗海楽フェスタの取材レポートです。ガルバントークショーの詳細な記事も後日公開予定ですので、その時は改めて告知します。

小野大輔・鈴村健一・神谷浩史が熱きプレゼン!『AnimeJapan 2018』ステージイベントREPORT 『宇宙戦艦ヤマト2202』愛のトークショー

人気声優がゴジラのものまねで登場!『AnimeJapan 2018』ステージイベントREPORT 『GODZILLA 決戦機動増殖都市』スペシャルステージ

山崎はるか・i☆Risのステージで白熱! 『魔法少女サイト』放送直前トーク&ライブステージ 『AnimeJapan 2018』ステージイベントREPORT

3月24~25日に開催された「AnimeJapan2018」では25日のステージイベントを担当しまして、そのうち3つが現在公開中です。あと2ステージほど取材したものがあるのですが、そちらも公開され次第告知します。ぜひともアクセスして読んでいただければ。

2018.03.10

最近のお仕事:『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』公開記念 濱田龍臣・小澤雄太インタビュー

20180310_140105

■本日より公開の『劇場版ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』に合わせて、朝倉リク/ウルトラマンジード役の濱田龍臣さん&伊賀栗レイト/ウルトラマンゼロ役の小澤雄太さんのインタビューを担当させていただき、現在SPICEにて公開中です。

サイトの写真を見ていただければわかるように、当日はお二人とも劇中の姿でいらっしゃってくださり、お話しされる物腰なども劇中のリクとレイトさんそのままだったので、こちらは内心「本物のウルトラマンが目の前に!」とテンション上がりっぱなしでした(^_^;)

色々と内容の濃いお話も聞けましたし、レイトとしての小澤さんインタビューはかなり珍しいものだと思いますので、ぜひ激情へ足を運ぶ前に、もしくは劇場の余韻を振り返るために、インタビューを楽しんでいただければ幸いです。

2018.03.08

最近のお仕事:森の奥で響き渡ったMay'nの力強い歌唱が明日を照らした 『Songful days』ライブレポート

20180308_143816

■「SPICE」にてレポート記事「森の奥で響き渡ったMay'nの力強い歌唱が明日を照らした 『Songful days』ライブレポート」が昨日公開されました。

この公演は3月3日に両国国技館で開催されたMay'n、茅原実里、Kalafinaによるアコースティックコンサートで、「深い森を彷徨ううちに出会った秘密の音楽会」というコンセプトで、光の演出などと共に歌をじっくりと楽しめる素晴らしいライブでした。第二回などがある際は、ぜひチェックしてみることをオススメします。

2018.02.19

ワンフェス取材に行って来ました

■昨日幕張メッセで開催された『ワンダーフェスティバル2018Winter』。自分は電撃ホビーウェブ取材班として朝8時から午後3時までぶっ通しで写真撮影とテキスト書きのピストン作業に終始しておりました(^_^;)。そんなワンフェス取材・撮影の担当分が以下にまとめられていますので、よろしければ見てやってください。

・アルカディア
http://hobby.dengeki.com/event/527535/
・ALPHAMAX
http://hobby.dengeki.com/event/527612/
・kneed
http://hobby.dengeki.com/event/528232/
・マイルストン
http://hobby.dengeki.com/event/528232/
・エンブレイスジャパン
http://hobby.dengeki.com/event/527741/

■取材の写真撮影ではLUMIX G5&LUMI デイライトLEDライト 220lux PLAYの組み合わせがメインなのですが、暗所に弱いので光量が足りないワンフェス会場などでの撮影にはけっこう苦労させられたり。小さいアイテムや接写が必要な時にはiPhone7Plusを使ったりしてます(上記のレポートでは、アルカディアの「刀語」関係はすべてiPhone 7Plus)。

004

005

007

009

010

011

012

こちらは取材の途中に趣味でiPhone7Plusで撮影したものですが、ここまで撮れるとなると明るい光学ズームレンズとSDカードスロットを備えたiPhoneカメラみたいなのが欲しくなる(^_^;) 絶対理想的な取材用カメラになると思うんですけどね。

■こちらは取材担当じゃないけどついでに撮影した東京フィギュアさんのアダルトフィギュア。

P1240044

P1240047

P1240049

P1240055

P1240055a

P1240052

「鈴原美沙 小悪魔スクール」はおっぱいが圧倒的すぎて、ピントが顔に合わずに苦労しました(^_^;)

2018.02.17

最近のお仕事


■現在発売中のモノマガジンにて、「工具の出番」「バックパック大全」にて、数ページほど記事を担当させていただきました! よろしければ書店でチェックしてください!




■明日は幕張メッセで開催のワンダーフェスティバル2018Winterにて、電撃ホビーウェブの速報取材のお手伝いをしてきます。メーカーブースいくつかの速報記事&写真を担当しますので、明日は下記アドレスよりご確認ください。
http://hobby.dengeki.com/wf/

2017.08.07

Netflixに関する記事を書きました&コミックマーケット92参加します

■家庭の事情で減らしていた仕事の量がなかなか回復せず、昨年より色々苦労をしている状況……なので「それじゃ、コミケの新刊でも気合い入れて作るか」と作業を始めると、大詰めの頃に仕事が重なって飛び込んでくるという(^_^;) むろんせっかくの仕事を断るわけもなく、ひさびさにガッツリ取材してテキスト書けるお仕事だったので、気合い入れて頑張りましたので読んでやって下さいm(__)m

Netflixは日本のアニメを変えるのか?『Netflix Anime Slate 2017』世界配信タイトルを一気に発表

発表タイトルの数々も魅力的なのはもちろんですが、製作サイドだけでなくファンも含めて、日本のアニメを取り巻く状況を激変させそうな取り組みなので、これからもアニメ見続けていこうという人はNetflixの動向からは目が離せなくなりそうです。

■この記事に気合いを入れていたおかげで、いつも同人誌を頼んでいる印刷所の夏コミ〆切ギリギリまで作業を引っ張るはめに(^_^;) それでも何とか入稿できたので、夏コミには新刊を持って参加できそうです。ここ最近はガルパンと大洗絡みの本が続いていましたが、最終章公開まで評論サークル的には語るべきネタもなさそうなので、今回はこちらの本を作りました。

コミックマーケット92・8月13日(日)

東地区Uブロック-53a「私立歯車高校」

mado001

新刊「正解する“まど” MADO:The Right Answer」

B5版 20ページ

頒布価格 200円

今年に入ってからのアニメで一番夢中になった『正解するカド』。先の読めない物語に対する自分なりの「正解」を探すために、入手可能な野﨑まど作品を読みあさり、すっかりその作風にはまることに。

そして『『映』アムリタ』『舞面真面とお面の女』『死なない生徒殺人事件』『パーフェクトフレンド』『小説家の作り方』『2』『know』『バビロン Ⅰ&Ⅱ』から作者がテーマとしてこだわっているであろう様々な要素を取り出し、それを土台に『正解するカド』が視聴者に求めた「正解」を考えてみる……という内容に一万四千字ほど費やしてみた、需要があるかどうかはさっぱりだけど、書いてて楽しかったからいいやというような評論本となっています。

mado_07

mado_08

表紙はいつもお世話になっているROCKET FACTORY」のとんぷうさんに描いていただいた品輪彼方博士です! ぶっちゃけると今回の方を作ろうと思った動機の一つは「とんぷうさんに品輪博士描いてもらいたいなあ」と思ったからだったり(^_^;)

■終盤の展開には色々賛否両論もあった『正解するカド』ですが、色々と踏み込んで考えることで違った面白さや新たな事実も見えてくる面白いアニメだったと思います。そんな風に作品に対する「正解」を見つけるきっかけにでもなればと思い作らせていただきました。よろしければ、当日はスペースにお立ち寄りいただき、手に取ってやって下さい。後日COMIC ZINにも委託予定ですので、そちらもよろしくお願いいたします。

2016.03.25

小山田いく先生のご冥福をお祈りいたします

■先週の頭に闘病中だった母を看取り、葬儀などの慌ただしさに押し流されながらも何とか納骨まで終えて、ショックと哀しみも和らいできた所でしたが、本日個人的には大変ショッキングな訃報が。

「すくらっぷ・ブック」漫画家小山田いく氏死去

20160325_223020

最近の若い漫画ファンでは知らない人も多いと思いますが、1980年代の脂の乗りきっていた週刊少年チャンピオンにおいて、独特の可愛らしい絵柄と瑞々しい学園青春ストーリーを多数送り出し、多くのファンを魅了した人気作家さんなのです。この一報が流れた後のTwitterを見て、多くの著名人や漫画家さんがこの訃報を取り上げてコメントを残していたことからも、その影響力の大きさはわかると思います。とにかく80年代に少年マンガを読んでいた人なら、知らない人はまずいなかったのではないかと。

■自分も中学1年生の頃に小山田いく先生の「すくらっぷ・ブック」に出会い、自分と同世代の晴ボンやマッキーに心奪われて、少ない小遣いをやりくりしながら少年チャンピオンとコミックスを買い集めるようになりました。それが糸口となった漫画そのものにもはまり、小山田いくネタの投稿目当てにふぁんろーどを購読しはじめ、そこに掲載されていた小山田いくファンクラブ「小山田軍団」の会員募集を目にして、同人誌作りに目覚めたり、同好の友人達と交流するようになり、出版業界で仕事をするようになり……ある意味小山田いく先生とその作品に出会ったからこそ、今の自分があると言っても過言ではありません。自分の人生における心の師匠とも言うべき存在でした。それだけに、59歳という早過ぎる死が本当に悲しいです。

■改めて小山田いく先生の作品を振り返ってみると、単なる青春物にとどまらない先進性があったことに気づかされます。

・主人公達のクラス全員30数名のキャラクターがきっちりと設定され(小山田先生の中学時代のクラスメートがモデル)、そんなクラスメート達にもスポットをあてることで繋がり重なっていく人間関係が織りなす学園群像劇。
・先生ご自身が住まわれていた長野県小諸市を舞台とし、実在する土地の風景が物語のリアリティを深めていく聖地巡礼要素。
・同時期に「バラの進様」「るんるんカンパニー」を連載していたとり・みきをはじめ、同期の連載陣と作中に楽屋落ちネタを織り交ぜてギャグにしていくクロスオーバー要素(回数こそ少ないが、あの手塚治虫まで絡んできたことも)。

今の漫画・アニメなどにも受け継がれているこれらの手法は、80年代前半にはほとんど見られなかったもの。こういった手法の斬新さがあったからこそ、当時中学生だった自分が「この漫画は何かが違う」と感じとり、小山田いく作品を追い続けていくことになったのだと思います。

■漫画編集者になったからには、いつかは小山田先生に原稿依頼をしてみたい……そんな夢を密かに秘めていましたが、それもとうとう叶わぬ夢となってしまいました。でも、今の自分を形作ってくれた多彩な作品に出会わせてくれた事を、今でも感謝しております。心よりご冥福をお祈りいたします。

■小山田いく先生の作品は現在だと復刊ドットコムで選集を購入可能ですので、興味のある人はぜひ読んでみて下さい。おすすめはやはり最初の連載にして代表作の「すくらっぷ・ブック」です。

2013.09.17

産経新聞が『ガルパン』を越える茨城ご当地アニメを提案(^_^;)

■先月末の大洗巡礼のネタや、土曜日に行った茨城空港のウサギさんチームスタンプラリーの話でブログ更新しようと思ったら、産経新聞茨城版に何とも頭の痛い記事が……。

【いばらき応援倶楽部】「ガールズ&パンツァー」 人気に頼らず新アニメを - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130916/ibr13091616260004-n1.htm

ガルパンと大洗の関わりについては「人殺しの兵器である戦車で町興しとはけしからん! 軍靴の足音が!」とか「先の大戦で多くの人が命を失った戦車を美少女キャラのおもちゃにするとはけしからん! 英霊への敬意と感謝を作品に盛り込め!」とか、左右双方からしょうもない批判意見が出たりもしていましたが、そんな意見の方がまともに思えるようなクソ記事をドヤ顔で送り出すあたりが、実に産経クオリティというべきか。

■とりあえずこの今仲信博なる産経新聞の茨城支局の記者、実際に大洗や茨城空港に出向いて取材していないのが見え見え。もしちゃんと取材してたなら、大洗の町のがんばりぶり、選挙広報にしろ茨城空港のキャンペーンにしろ、単にガルパンに乗っかっただけではない作り込みぶり、聖地巡礼ツアーなどと連携して茨城空港の地名度・集客アップへつなげようとする努力など、関わる人達の真摯な取り組みがわかるはず。それを感じ取れずに「ガルパンに頼っている茨城、40点!」などと失礼なことを言ってるのだとしたら、ずいぶんと感度の低い記者なんだろうなと。

■何よりもガルパンに代わるご当地アニメの提案が何ともひどい。

たとえば、女の子のグループがドラマ「水戸黄門」ご一行のように県内44市町村を漫遊するオリジナルアニメはどうか。
助さん・格さん、弥七らのような役割分担はもちろん、
入浴シーンも欠かせないストーリーは「中核病院の建設が進まない」「大型商業施設にお客が流れて大変」など、各市町村が抱えるリアルな問題を女の子たちが解決していくものにしよう。
登場する施設などは実名に近くし、ファンが訪れやすいように、また名所や特産品もしっかりPRする。
完成したアニメは「県公認ご当地アニメ」に認定。県のインターネットテレビ「いばキラTV」で放送すれば、いばキラTVの認知度も上がる。

「ガルパンに頼っている」と茨城の人達の取り組みをバカにしながら、自分の提案が『水戸黄門』頼りという時点でアウトだが、露骨な地元タイアップやあざとい入浴シーンサービスとか、露骨に聖地巡礼需要を狙ってアニメファンにシラケられて失敗する典型みたいな企画を、「これでガルパンに勝てる!」と上から目線で記事にするセンスの無さには怒りを通り越して哀れというしか。書いた記者もバカなら、これを通して産経新聞茨城面の1/4を占める記事にした支局のお偉いさんも相当バカじゃなかろうかと。

■予想通りというか、この記事がネットで公開されるとTwitter上ではガルバン&大洗の関係者からは怒りと呆れのリアクションばかり。ガルパン云々より、がんばっている地元の人達の取り組みをバカにするような記事内容への反発という点が、怒りの深さを物語っていると思うのだけど、産経新聞はそれをどう受け止めるのだろうか……多分しれっと忘れて、次のクソ記事書くのに夢中なんだろうけど。

■とりあえず産経新聞様にはぜひとも「女の子のグループがドラマ「水戸黄門」ご一行のように県内44市町村を漫遊するオリジナルアニメ」を企画を動かし全額出資して、ガルバンを越えるご当地アニメとして大ヒットさせて茨城に観光客を呼んでいただければと。それがこの記事に対する一番の落とし前だと思うのですが。

2009.09.01

産経社会部Twitter・続報

■前のエントリーに書いた産経新聞社会部のTwitterの一件、昨日の夕方になって謝罪コメントが入ったようですが……
 下記の発言について、たくさんの厳しいご意見をいただきました。軽率な発言だったと反省しています。ご不快の念を抱かれた方には、お詫び申し上げます。

産経新聞は、保守系の「正論路線」を基調とする新聞です。 発言は、新政権を担う民主党に対し、これまで自民党政権に対してもそうであったように、社会部として是々非々の立場でのぞみたいという意思表示のつもりでした。

これまで同様に客観的な事実に基づき、中立的な立場に立った上で、公正な報道をするよう、さらなる努力をしていきます。

 いや、誰も産経にそんなもの期待していないと思うけどw だいたい「新しい歴史教科書」に首ツッコミはじめたあたりから、政治系のニュースで中立的な立場に立った上で、公正な報道っていうのにお目にかかった試しないし。そもそもそれって自分で標榜している「保守系『正論』路線」と矛盾するし。

■いっそ「これがうちの路線だ、文句あるか」と言ってくれた方がよほど産経らしい対応だと思うけど。今朝の朝刊が午前3時頃に届いたけど、あまり中立的立場とは思えない記事多かったし、この件にも一切触れてなければお詫びも載っていないし。

■ITMediaがこの一件を取り上げていたんですが……
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/31/news122.html
 産経新聞は1993年、テレビ朝日幹部が非自民政権の成立を目指す報道方針を明らかにした、とされるいわゆる「椿発言」を一面で報じ、新聞協会賞を受賞した。
 こういうことがあったのか……ならば今回の件は、産経的には闇に葬りたいところなんだろうなあ。でも、社会部コラムやWeb面で自ら取り上げるぐらいの良識はほしいかも。