MENU

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

ニュース

2018.10.03

最近のお仕事:全日本模型ホビーショー&『信長の忍び』イベント取材レポート

■先日の東京ゲームショウ2018あたりから取材仕事が連続しまして、先方の記事チェックなどで公開が遅れたものもありましたが、まとまったのでご案内をば。

20181003_165750

ガンダム・マクロスからミリタリーまで!最新プラモは組み立ても簡単で緻密な仕上がりが実現『全日本模型ホビーショー』詳細レポート

29日から一般公開!子どももマニアも嬉しい『全日本模型ホビーショー』写真速報(2)

9月28~30日に東京ビッグサイトで開催された全日本模型ホビーショーの速報&詳細レポートの2本を担当しました。記事中でも書きましたが、モデル自体のクオリティアップと組み立てやすさの追求という、以前なら相反しそうな要素を両立させる技術力の進化を実感したイベントでした。

DSC00261sDSC00267sDSC00278s

記事内では使わなかった写真からコトブキヤの可動フィギュアキット関係をいくつか。シリーズを重ねる毎にどんどんクオリティが上がっているのが本当に凄いなと。電撃ホビーマガジンの武装神姫担当としては、新たな形で武装神姫が帰ってきたのも嬉しい限り……またムックとかのお仕事できないかなあ(^_^;)。

nobunaga

「信長の忍び~姉川・石山篇~」水瀬いのり&佐倉綾音&内匠靖明が明かす、最終回の見どころは?

こちらは掲載まで時間がかかってしまいましたが、9月21日にイオンシネマ シアタス調布で開催された『信長の忍び ~姉川・石山篇~』全話上映会&トークショーレポートです。この日は大雨と事故渋滞が各所で重なって、幕張メッセでのゲームショー取材を終えて15時半に高速で調布に向かうも3時間半近くかかってしまい、取材に間に合うかヒヤヒヤものでした(^_^;)

トークショーは記事内では書けないような爆笑トークも色々あったのですが、すべてを掲載できないのが本当に残念。でも『信長の忍び』ならではの高速アフレコについて演じる皆様からの興味深い話は記事内できっちり拾えてますので、興味のある方はぜひ読んでやって下さい。

2018.09.21

最近のお仕事:取材レポート色々やりました

■9月に入ってから色々と取材が立て込んで、リアルタイムで告知が出来なかったのがたまってしまったので、改めておしらせさせていただきます。これからでも読んでいただければ幸いです。ちなみにただいま東京ゲームショウ2018・ビジネスデー二日目の入場待機中(^_^;)

20180921_091606

TGS2018初日の『ラブライブ!シリーズ発表会』に新田恵海ら13人が登場

こちらは今朝更新されたばかりの最新記事です。昨日発表された『ラブライブ!』ゲームアプリシリーズの最新情報発表会レポートとなります。初日はほとんどこれを書くためにプレスルームに篭もりっきりでした(^_^;)

yohane

圧巻だったのが新作スタンドポップ27名分の一挙展示。その中からひいきの善子さんだけピンで撮影してたのを一枚(^_^;)

■続いては9月10日に開催された『PlayStation LineUp Tour』の取材レポート2点。

20180921_091751

主演はなんと木村拓哉!『龍が如く』チーム最新作『JUDGE EYES:死神の遺言』完成披露会レポート

すっかり『キムタクが如く』で定着しつつある『JUDGE EYES:死神の遺言』の完成披露イベントのレポートです。初めて生で見るキムタクのかっこよさに、記事で使えないのに200枚近く写真撮りまくってしまいましたよ(^_^;)

20180921_091835

PlayStation 4&PlayStation VRの気になる新作一挙公開! 「PlayStation LineUp Tour」レポート

こちらはイベントのメインとなる新作ゲームのトレーラー一挙上映のレポートです。各タイトルの公式サイトへのリンクにもなっていますので、情報をチェックしたい人はぜひこちらから飛んで下さい。

■最後は「アニメ! アニメ!」掲載の硬めの取材レポートです。

20180921_092045

アニメの海外進出成功のカギ、それは“確固たる目的”と“安定した作品供給のリソース” 塩田周三らが解説

こちらはビジネス系の記事で、東京都が取り組んでいる国産アニメの海外進出に関するセミナーのレポートです。海外向けのアニメを作るまでにはどういった過程をふむかや、作品の輸出戦略などがわかる面白い内容でしたので、そちら方面に興味のある方はぜひよんでやってください。

■最後にちょっと変わった即売会の参加告知です。

20180921_095609

明日大阪のまんだらけグランドカオスにて開催される「資料性博覧会 大阪」に委託参加しています。夏コミ新刊のウマ娘本などがありますので、ぜひ関西方面で興味のある方はお立ち寄り下さい。

2018.08.30

夏コミありがとうございました!&最近のお仕事:アニサマ2018ライブレポート

■連日の猛暑と過去最大級の来場者の中、コミックマーケット94にて当スペースまで足を運んでいただいた皆様、どうもありがとうございました! おかげさまで新刊の『ウマ娘 プリティダービー』本も印刷費が取り戻せるくらいには売れてくれてホッとしています。

まだ在庫は潤沢(^_^;)ですので、よろしければCOMIC ZINさんにて委託・通販中ですので、よろしくお願いいたします。あとスペースがとれれば9月22日に大阪・まんだらけグランドカオスにて開催の「資料性博覧会・大阪」にも委託参加して頒布予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

■コミケ疲れでお盆期間中はすっかりへたばっていたり、ギャラの支払いタイミングがずれたお陰で通帳がスッカラカンになるという緊急事態に打ちのめされたりして死にたい気分が続いておりましたが、そんな私に気合いを入れてくれるような取材仕事が。

20180830_151359

20180830_151506

8月24~26日にさいたまスーパーアリーナにて開催された、世界最大のアニソンライブイベント『Animelo Summer Live 2018“OK!”』。その初日と二日目を取材させていただき、そのレポートが現在公開中です。

真夏のアニソンカーニバル! アニサマは今年もすごかった 「Animelo Summer Live 2018 “OK!”」8月24日・初日編レポート

アニサマ2日目、コラボにサプライズ、大グループが魅せた! 「Animelo Summer Live 2018 “OK!”」8月25日編レポート

アニサマはこれが初体験だったのですが、とにかく出演アーティスト陣の個性と工夫と熱さに満ちたパフォーマンスに圧倒された二日間でした。初日はWake Up, Girls!最後のアニサマやAqoursの完成度の高いステージング、そしてラストのOLDCODEXが会場と一体になっていく圧巻のパフォーマンス、二日目はウマ娘の「アニサマダービー」や悠木碧の生ターニャ・デグレチャフによる有り難い訓話、そしてサプライズユニットのサプライズ過ぎるアレなど、印象深いステージを取材できて、なんだか元気をいただけました。

記事の方ではできる限り当日のステージの空気を伝えられるよう、がっつり気合いを入れて書きましたので、どうか読んでやって下さい。

2018.08.05

最近のお仕事:取材記事四連発です!

20180802_211150先週末は台風に翻弄されまくりでしたが、みなさんの方はいかがだったでしょうか? こちらは台風の影響で移動手段がなくならないかを心配しつつ、土日連続で幕張メッセでの取材でした。

土曜日は幕張メッセで開催された『Fate/Grand Order Fes.2018』を取材し、そのレポートと写真がSPICEにてアップされました。『サーヴァントと巡る世界展』や、中央の円柱スクリーンをフルに駆使したアトラクションなど、『FGO』の世界を様々な形で楽しめる素晴らしいイベントでした。

20180805_173424

翌日曜日はワンダーフェスティバル2018夏の方で、電撃ホビーウェブ取材班として以下のブースの取材と撮影を担当しました。α7Ⅲを初めてホビーイベント取材で本格使用したので、うまく使いこなせているかどうか不安ですが、よろしければ見てやってください。

●アルター
https://hobby.dengeki.com/event/605365/
●アゾンインターナショナル
https://hobby.dengeki.com/event/605353/
●あみあみ
https://hobby.dengeki.com/event/608893/
●フォーチャーモデルズ/アートストーム
https://hobby.dengeki.com/event/605965/

aniani01

続いては「アニメ!アニメ!」での取材が二件。7月24日にGUNDAMCafeで開催された、AIロボット「ガンシェルジュ ハロ」のお披露目イベントの取材レポートです。実際にハロとの会話もさせていただきましたが、会話の認識率もかなり高くTVシリーズ関連のマニアックなネタも多数披露してくれるので、懐に余裕のあるガンダムファンなら買って損はないかと思いました。個人的には一年戦争全般にまでネタが広がってくれれば文句なしだったかなと。

aniani02

こちらは8月2日に開催された、スマホを介してクレーンゲームが楽しめるサービス「トレバ」のCM発表記者会見レポートです。初めて生でパペットマペットを見ましたが、良く通る声とよどみないネタの流れに痺れました(^_^;) サービス自体もリアルなクレーンゲームよりアームの調整がしやすい感じで、目当てのアイテムがある人にはオススメのサービスかと。

aniani03

こちらが発表会のお土産としていただいた、トレバ限定の「パペットマペット」ぬいぐるみ。元もぬいぐるみなだけあって再現度はかなりのものです。さらにビッグサイズもあるので、興味のある方はぜひ挑戦してみて下さい。

2018.06.27

最近のお仕事:内田真礼『Magic Number』TOUR 2018 東京公演レポート

20180627_224850

6月24日に取材させていただいた内田真礼さんのライブツアー『Magic Number』TOUR 2018 東京公演のレポートがアップされました。内田さんのライブは『アイドルマスター シンデレラガールズ』の神崎蘭子としてのものをライブビューイングでしか見たことがなかったのですが、客席が終始揺れまくるほどのハンパない盛り上がりと圧倒的かつ激しい歌声の「圧」に打ちのめされました。その迫力と濃密なクオリティを、なんとかテキストで伝えたいとかなりの分量になっていますが、よろしければ読んでやってください。

DSC03409sDSC03415s

今回の内田さんのライブ&2ndアルバムのテーマにもなっていた「マジックアワー」。ちょうどライブ翌日にいいマジックアワーの風景が撮れたのでアップしてみました。クリックすると「Flickr」の写真のページに飛びます。

2018.05.29

最近のお仕事 『渕上舞 1st LIVE“Fly High Myway”舞浜アンフィシアター』レポート

20180529_122557

先週末に舞浜アンフィシアターで行われた『渕上舞 1st LIVE“Fly High Myway”舞浜アンフィシアター』の取材にいかせていただき、その時のレポート記事が昨日より公開となりました。

大洗のガルパンステージイベントで見慣れた姿とは違う、堂々たるアーティストとしての渕上さんの魅力が爆発したステージとなっていて、興味深い内容が色々語られたMCの方もできる限り取り上げさせてもらったので、けっこうがっつりとした内容となっていますので、よろしければ読んでやって下さい。

ライブタイトルにもなっている1stアルバムも、聴いていて心地よい仕上がりの曲が揃ったヘビロテ必至の内容となっていますので、ガルパン絡みで興味はあるけど、まだ聴いたことのないという人はぜひチェックしてみてください。

2018.05.15

最近のお仕事:『謎特異点Ⅰ ベーカー街からの脱出』体験プレイしてきました!

nazoFGO

■先週金曜日の5月11日から原宿・表参道でスタートした【Fate/Grand Order×リアル脱出ゲーム「謎特異点Ⅰ ベーカー街からの脱出」】。この東京公演を皮切りに、全国各地で8月下旬まで公演が行われますが、その東京公演前日に開催されたメディア体験会のレポートが掲載されました。

リアル脱出ゲーム自体が初めてだったのですが、FGOならではの仕掛けも盛りだくさんな上に、幾重にも重ねられた謎の数々が歯ごたえ満点でメチャクチャ面白かったです。記事内でも触れているとおり難易度はかなり高いですが、、リアル脱出ゲーム未経験でもFGO知識があればしっかり戦えます。さらに時間制限が生み出す緊迫感のお陰で、サーヴァントと共に人理修復に悪戦苦闘しているぐだお/ぐだこ気分をリアルで味わえるので、FGOファンなら絶対楽しめると思います。

東京公演はSOLD OUTしてますが、他の地方公演はまだ買えるところもあるようです(関東では7月7日~22日の横浜追加公演があります)。

20180515_005104

あとキャンセルによる当日券販売の可能性もあるようなので、こちらをこまめにチェックするのもよいかとおもいますので、ぜひともベーカー街でのM教授との戦いに挑戦してみて下さい!

2018.05.08

最近のお仕事&ブックレビュー「首都高SPL」第2巻

20180508_153727

ゴールデンウィーク頭の取材だったため、掲載が連休明けとなってしまいましたが、4月29日に品川で開催された『Fate/Grand Order カルデア放送局SP Fate/Apocryphaスペシャル イベント開催記念ステージ』のレポート記事が昨夜アップされました。FGOのイベントも残り5日切っていますが、FGO関連のリアルイベント情報なども載っていますので、よろしければ読んでやってください。

■話題は変わりますが、以前のエントリーでも触れた『湾岸ミッドナイト』シリーズの最新作『首都高SPL』の第2巻が発売されたので、早速購入しました。

spl01

どこか物足りない日々を送っていた42歳バツイチのGT-R専門チューナー・工藤が、前作『銀灰のスピードスター』の主人公でもあるストイックな若きポルシェチューナー・元木との出会いで、再び車への情熱が再燃。かつて自らが手がけたコンプリートR34「K0」を探し出して、再び首都高の走りに挑もうと動き出す……というのが前巻までのエピソード。第2巻では戻ってきたK0を元木との走りに向けて仕上げようとする工藤を軸に、『銀灰のスピードスター』のキーキャラクターでもある石神の再登場、工藤に触発されて広い世界に踏み出そうとする元木らのドラマが展開していく。ここで面白いのが元木のポルシェとのバトルを望む工藤に対して周囲が「もうそんな時代じゃない」と諫めにかかるという、『湾岸ミッドナイト』の系譜の作品らしからぬ展開だ。

『湾岸ミッドナイト』では公道での走りと「悪魔のZ」との公道バトルに取り憑かれた者達のドラマが描かれ、キャラクター達も法に反することは承知の上で走りに魂を燃やし続けてきた。その続編である『C1ランナー』でも首都高バトルがテーマとなってはいたが、社会や人との関わりの中でいかに走りを貫くかというテーマにシフトし、当事者だけでなく多くの人との繋がりや協力があって、初めてバトルが成立するという流れで物語は描かれていた。『湾岸ミッドナイト』ではある種のアウトローでいられた走り屋達が、歳を重ね時代が変わると共に「大人」であることを求められ、そんな経験を糧として若き主人公・ノブを導いていったのが『C1ランナー』だったのだ。メタ的に言うならば、時代に合わせて「走り屋の物語」のリアリティラインを上げていったというとこだろうか。

そして『首都高SPL』は、そのリアリティラインをさらに上げてきた。『銀灰のスピードスター』も『湾岸ミッドナイト』最終章と銘打たれながらも、所謂バトルは描かれずに車と人との関わりがメインとなっていた。そして『首都高SPL』は、今の時代では首都高バトルなど社会的にも許されなくなったという「リアル」を劇中で明言した。それゆえに、かつて走り屋だった工藤は物足りない日々を過ごすことになり、離婚したとはいえ「父親」であり、チューニングショップの「社長」として社員に対して責任を負う立場から、首都高バトルなど許されないことも理解している。それでも元木のポルシェと出会ったことでかつての情熱を取り戻し、許されざる首都高バトルを工藤は望んでしまう。そんな彼と、彼を取り巻く周囲はどう動いていくのか…『首都高SPL』は、かつての走り屋が夢を取り戻そうとする物語になっていくのではないだろうか。

あと個人的に面白かったのは、工藤の離婚した妻がフリー編集者だということが2巻で明かされ、そこが切り口となって語られる「仕事論」パートだ。

「出版の世界において編集だけがホワイトで、それ以外はすべてブルーカラーなのよ」

spl2

「社会は意外と失敗の原因は探さないの。失敗をとがめバツを与えるだけなのよ」

……いろいろな意味でハートにグサグサ突き刺さる……orz

2巻で彼女が車雑誌の編集長になり、娘もアルバイトとして編集部で働き、さらに3巻収録のエピソードではRX-7で首都高デビューもすることになるので、『C1ランナー』ばりの仕事論マンガとしても面白くなりそうな予感がします。

「車」だけでなく「世代論」「仕事論」など多彩な楽しみ方ができる『首都高SPL』。興味のある人は巻数の少ないいまのうちにぜひチェックを。上記のような面に注目する人なら『C1ランナー』全12巻もオススメです。この巻数ならちょうど読みやすいと思いますので。

2018.05.03

最近のお仕事 ゴールデンウィークはぜひ「あしたのジョー」展へ!

20180503_222535

4月28日~5月6日まで東京スカイツリー内の東京ソラマチ スペース634にて開催中の連載開始50周年記念『あしたのジョー』展。こちらの開催前日に行われた内覧会の取材レポートがアップされました。

内覧会の記者会見では、ちばてつや先生から『あしたのジョー』にまつわる興味深い話をたくさん聴くことができたので、、記事の方ではそんなトークの内容をほぼ完全版にて収録していますので、ぜひとも呼んでいただければうれしいです。

『あしたのジョー』展自体も、名シーンの数々が描かれた熱のこもった生原稿が多数展示されていて見応え満点。勢いがありながらも丁寧な作画はもちろん、ホワイト修正や青鉛筆で描き込まれた指示、積み重ねた歴史を感じさせる劣化した写植の糊の痕など、生々しい迫力に満ちた原稿をちばてつや先生のコメント付きで観られる機会なんてめったにありません。

あとアニメ『あしたのジョー2』の出崎流止め絵演出で使用されたハーモニー画が、原画で見ることができるというのも貴重な機会ではないかと。

『あしたのジョー』のファンはもちろん、漫画というジャンル自体に興味がある人も色々楽しめる展覧会なので、ゴールデンウィークの予定が空いている人にはぜひオススメしたいイベントです。

2018.04.05

最近のお仕事

■新たにSPICEさんに取材記事がアップされましたので告知です。よろしければ読んでやって下さい。

大洗町・春の海楽フェスタ 2018 『ガールズ&パンツァー』トークショー詳報 『最終章』第2話の話で大盛り上がり!

20180405_221533

3/19に大洗町で開催された海楽フェスタ内で行われた『ガールズ&パンツァー』キャストトークショーの詳細レポートです。前回の記事は他の企画も含めた海楽フェスタ全体についてのレポートでしたが、今回の記事は『ガルパン』トークショーのみとなっております。

宮野真守がテンション高く登場『AnimeJapan 2018』ステージイベントREPORT 『弱虫ペダル GLORY LINE』第2クール直前スペシャルステージ

20180405_222415

神谷浩史、井上和彦が考えた『劇場版』の内容とは?『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』スペシャルステージ 『AnimeJapan 2018』ステージイベントREPORT

20180405_222747

こちらは3月25日の「AnimeJapan2018」ステージ取材記事4~5本目で、これにてすべての取材ステージが公開されました。これまでのステージレポートもそうでしたが、今回のイベントはどれも男性声優陣のテンションの高さが印象深いものばかりでした。特に『GODZILLA』『弱虫ペダル』での宮野真守さんの暴れっぷりはすごかったなと(^_^;)

より以前の記事一覧