MENU

July 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« 最近のお仕事&『シンデレラガールズ』のために新iPad導入してみました | Main | 最近のお仕事:内田真礼『Magic Number』TOUR 2018 東京公演レポート »

2018.06.21

最近のお仕事&『ウマ娘』最終回の日に東京競馬場へ

20180618_225609

■まずはお仕事告知。最近Web関連の取材仕事が増えてますが、こちらは「アニメ!アニメ!」さんでの初仕事。東京・有楽町マルイにて7月8日まで開催中の「GONZO 25th展」のレポート記事を書かせていただきました。平成のアニメファンなら誰でも一度はその作品に触れたことがあるはずのスタジオなので、今回展示されている4作品にも思い入れが深い人はいるんじゃないでしょうか。設定資料関係の展示の充実ぶりに加え、中田譲治さん演じるエドモン・ダンテスの新録ナレーションとか、ファム×ジゼル尊い成分をたっぷり楽しめるので、ぜひ足を運んで見て下さい。

■『ウマ娘 プリティダービー』がきっかけで競馬場に通い出すことになりましたが、6月3日&17日にも東京競馬場へ行ってみました。

DSC02604

DSC02608

DSC02609

DSC02671

6月3日は安田記念に合わせて『ウマ娘』ブースやグッズ先行販売もあるとのことで足を運んで見ました。バッジは無事に全種買えたけど、お昼前にはスペシャルウィークとサイレンススズカは速攻完売してしまったとのこと。ウマ娘ファン以外にも、モデルの馬が好きな競馬ファンの方なども買っていってたようでしたね。売り切れ順は「スペ・スズカ」→「テイオー・ゴルシ」→「マックイーン・ダスカ・ウオッカ」という感じだったので、アニメで目立っているものから売れてたようですね。

DSC02739

DSC02749s

日本ダービーよりは少なかったけど、やはりメインレースは大いに盛り上がっていたので、ここでもウマ娘世界の熱を体感。馬券はまあ外れましたが(^_^;)

DSC03171DSC03201DSC03215DSC03237

6月17日は『ポプテピピック』とのコラボイベントがあるとのことで行ってみましたが……明らかにアニメと縁の無さそうな競馬ファンのおじさん・おばさんがグッズ抽選会で当たったTシャツを着て馬券予想してたり、何かのゆるキャラとでも勘違いしたのか着ぐるみ撮影会に人がかなり集まり、幼児が「ポプ子ちゃーん! ピピ美ちゃーん!」とはしゃいで声援を送る光景に、何か違う世界戦に迷い込んだかのような錯覚に陥りました(^_^;) どれくらいの人が『ポプテピピック』が何なのか知っていたんだろうか……。

128212841306

DSC03273sDSC03299

馬券の買い方も多少分かってきたので色々自分なりに予想して買ってみましたが、2200円投資して1190円のリターンという結果に。フォーメーション買いとかは、もっとオッズと合わせて検討して予想を絞らないととのアドバイスを某所でいただいたので、もうちょっと勉強しないといけませんね。スマホでJRAのサイトをチェックすれば三連とかの場合のオッズもわかるというのも知らなかったしなあ。

あるレースで一番人気の馬がパドックで頭下げて元気なさげだったので予想から外したら、実は「鶴首」というレースに集中している現れだったらしくて1位になってたりと、パドックでの馬の見方も経験積まないといけませんね。

DSC02667DSC02670

東京競馬場は食事処も多いので、行くたびに『ウマ娘』第1話のスペちゃんのごとく目が移りまくるハメに。6月3日は大阪のかすうどんが食べられる「KASUYA」で限定の「肉盛りかすそば」を試してみましたが、甘くて香ばしいカスの味わいがたまらぬ逸品でした。しかし競馬客は酒を飲む人が多いせいか、この店も含めて飲み物がアルコールしかない店がけっこうあって困ることも(^_^;) テーブルとかにスポーツ新聞とか置いて長時間の場所取りしてる人が多いので、どこかに食べ物を置いて飲み物を買いにというのも難しかったりするので、どうにかならんもんかなと……ここらは競馬客のマナーの問題だから、競馬場側で改善するのも難しいのか。

DSC03243

6月17日はフジビュースタンド5階のレストラン「神田川」で「きじ焼き重」をいただく。肉厚のきじ肉が美味しくて食べ応えがありました。スタンド指定席のあるフロアなのでゆっくり落ち着けるのもいいですね。

1270DSC02713

これから東京競馬場に行く人にぜひ試してほしいのが、東京競馬場名物にもなっているらしいフジビュースタンド3階のトーキョーカフェ&ベーカリーの「本命ドーナツ」「大穴ドーナツ」。特に大穴ドーナツはタイミングがいいと揚げたてを食べることができるのですが、これが熱々ふわふわで実に美味。いままで食べたドーナツの中でナンバー1といってもいいぐらいの味でした。

1288

帰りに売店によると、いつも品薄でなかなかお目にかかれないゴールドシップのマスコットぬいぐるみが。3300円といい値段がするので迷いましたが、『ウマ娘』でも一番好きなキャラですしラスト3個だったので購入(^_^;) あと馬の勉強も兼ねて「馬なり1ハロン劇場」の最新刊も……まだ連載しているんですね(^_^;)

■そんなこんなで東京競馬場から帰宅しての『ウマ娘 プリティダービー』最終回。スペシャルウィーク達のストーリーとしては前回で決着がついて、今回はチームスピカ&リギル+αによるドリームレース編。ストーリー本編がどうしてもスペシャルウィーク中心だったので、魅力的なキャラクターながらも個々のドラマや走るシーンを見る事ができなかった面々の描写が見られたのがうれしいポイントでした。

uma01

アニメでは天才・武豊が愛したスペシャルウィークとサイレンススズカ、年齢逆転したお祖母(祖父)ちゃんと孫というメジロマックイーンとゴールドシップ、同期のライバル牝馬のウオッカとダイキスカーレットというリアルの馬同士の関係性がウマ娘に持ち込まれてキャラクターを深めていたけど、それらに勝るとも劣らないドラマ性を持っていた会長・シンボリルドルフと妹分のトウカイテイオーの親子対決をはじめ、時代を超えた様々な「夢の名勝負」が描かれたのも最終回の大きな魅力だったかと。今作がきっかけで勉強しはじめた自分ですら凄いと思えるこの組み合わせ、競馬ファンならもっと楽しめたのではと悔しかったり羨ましかったり(^_^;)

レースの結末をぼかした点で批判的な感想も目にしますが、あれは「見た人それぞれが勝者を決める」という作り手からのメッセージだと思っています。夢の大勝負で自分の大好きな馬が接戦を制して勝利を収めるという「夢」は、押しつけられるモノじゃなくて自分で掴むものですし。ちなみに自分の中では、ここまでなにげにスピカを支えてきたゴールドシップが、溜め込んだ末脚を爆発させてゴールに飛び込んだという結果に終わってます(笑)。回想で見せたトレーナーの恋女房というかバディぶりも最高だったので、ゴールドシップには最後に美味しいところを持っていってもらいたいですし。

そしてある意味最終回の主役だったといえるのがトレーナー。ウマ娘達を支え続け、スピカのメンバー達が着そうレースを夢見ながら、実際に実現してしまうと「夢の終わり」のように思えて逃げようとしてしまう……これって最終回を迎えてほしくないファンの姿そのものだったのではないかなと。こういう複数ヒロインものの作品では、彼女達に関わる男キャラの造形如何で作品自体の印象や評価が左右されてしまうものだけど、そういう点でトレーナーはウマ娘達を見守り支え、共に喜び共に泣くという理想的なキャラクターだったのではと。そんなウマ娘との関係性は、リアルの競馬における競走馬と騎手・調教師・厩務員の関係そのもので、擬人化したことでウマ娘との恋愛要素的なノイズを入れることなく、きっちりとした距離感を盛り込んで描いたアニメスタッフの見事な判断だったと思います。それがあったからこそ、『ウマ娘』はシチュエーションのイロモノぶりとは裏腹に、熱くて爽やかな作品になったのだと実感しています。

■アニメの方はBD最終巻にOVAが収録され、新たなウマ娘も登場するらしいので楽しみはまだまだ続くのですが……それよりなにより、ここまで理想的に盛り上がったのだからゲームを一刻も早くスタートさせてほしい(^_^;) 最終回の後に開始日告知があるものと思っていたのですがねえ……。

7月から早くも再放送が始まるとのことなので、本放送で未見だった人はぜひとも再放送でチェックしてほしいです。アニメファンはもちろんだけど、競馬好きの方の琴線にも絶対触れるところがあるはずなので。そして、これをきっかけに競馬や馬に興味を持ったら一度競馬場に足を運んでみてほしいです。きっと新たな世界と楽しみが広がるはずなので。

« 最近のお仕事&『シンデレラガールズ』のために新iPad導入してみました | Main | 最近のお仕事:内田真礼『Magic Number』TOUR 2018 東京公演レポート »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

オタク」カテゴリの記事

デジカメ・写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5842/66852278

Listed below are links to weblogs that reference 最近のお仕事&『ウマ娘』最終回の日に東京競馬場へ:

« 最近のお仕事&『シンデレラガールズ』のために新iPad導入してみました | Main | 最近のお仕事:内田真礼『Magic Number』TOUR 2018 東京公演レポート »