MENU

September 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« 最近のお仕事 ゴールデンウィークはぜひ「あしたのジョー」展へ! | Main | 【ブックレビュー】秋本治流のきらら系日常コミック『ファインダー 京都女学院物語』 »

2018.05.08

最近のお仕事&ブックレビュー「首都高SPL」第2巻

20180508_153727

ゴールデンウィーク頭の取材だったため、掲載が連休明けとなってしまいましたが、4月29日に品川で開催された『Fate/Grand Order カルデア放送局SP Fate/Apocryphaスペシャル イベント開催記念ステージ』のレポート記事が昨夜アップされました。FGOのイベントも残り5日切っていますが、FGO関連のリアルイベント情報なども載っていますので、よろしければ読んでやってください。

■話題は変わりますが、以前のエントリーでも触れた『湾岸ミッドナイト』シリーズの最新作『首都高SPL』の第2巻が発売されたので、早速購入しました。

spl01

どこか物足りない日々を送っていた42歳バツイチのGT-R専門チューナー・工藤が、前作『銀灰のスピードスター』の主人公でもあるストイックな若きポルシェチューナー・元木との出会いで、再び車への情熱が再燃。かつて自らが手がけたコンプリートR34「K0」を探し出して、再び首都高の走りに挑もうと動き出す……というのが前巻までのエピソード。第2巻では戻ってきたK0を元木との走りに向けて仕上げようとする工藤を軸に、『銀灰のスピードスター』のキーキャラクターでもある石神の再登場、工藤に触発されて広い世界に踏み出そうとする元木らのドラマが展開していく。ここで面白いのが元木のポルシェとのバトルを望む工藤に対して周囲が「もうそんな時代じゃない」と諫めにかかるという、『湾岸ミッドナイト』の系譜の作品らしからぬ展開だ。

『湾岸ミッドナイト』では公道での走りと「悪魔のZ」との公道バトルに取り憑かれた者達のドラマが描かれ、キャラクター達も法に反することは承知の上で走りに魂を燃やし続けてきた。その続編である『C1ランナー』でも首都高バトルがテーマとなってはいたが、社会や人との関わりの中でいかに走りを貫くかというテーマにシフトし、当事者だけでなく多くの人との繋がりや協力があって、初めてバトルが成立するという流れで物語は描かれていた。『湾岸ミッドナイト』ではある種のアウトローでいられた走り屋達が、歳を重ね時代が変わると共に「大人」であることを求められ、そんな経験を糧として若き主人公・ノブを導いていったのが『C1ランナー』だったのだ。メタ的に言うならば、時代に合わせて「走り屋の物語」のリアリティラインを上げていったというとこだろうか。

そして『首都高SPL』は、そのリアリティラインをさらに上げてきた。『銀灰のスピードスター』も『湾岸ミッドナイト』最終章と銘打たれながらも、所謂バトルは描かれずに車と人との関わりがメインとなっていた。そして『首都高SPL』は、今の時代では首都高バトルなど社会的にも許されなくなったという「リアル」を劇中で明言した。それゆえに、かつて走り屋だった工藤は物足りない日々を過ごすことになり、離婚したとはいえ「父親」であり、チューニングショップの「社長」として社員に対して責任を負う立場から、首都高バトルなど許されないことも理解している。それでも元木のポルシェと出会ったことでかつての情熱を取り戻し、許されざる首都高バトルを工藤は望んでしまう。そんな彼と、彼を取り巻く周囲はどう動いていくのか…『首都高SPL』は、かつての走り屋が夢を取り戻そうとする物語になっていくのではないだろうか。

あと個人的に面白かったのは、工藤の離婚した妻がフリー編集者だということが2巻で明かされ、そこが切り口となって語られる「仕事論」パートだ。

「出版の世界において編集だけがホワイトで、それ以外はすべてブルーカラーなのよ」

spl2

「社会は意外と失敗の原因は探さないの。失敗をとがめバツを与えるだけなのよ」

……いろいろな意味でハートにグサグサ突き刺さる……orz

2巻で彼女が車雑誌の編集長になり、娘もアルバイトとして編集部で働き、さらに3巻収録のエピソードではRX-7で首都高デビューもすることになるので、『C1ランナー』ばりの仕事論マンガとしても面白くなりそうな予感がします。

「車」だけでなく「世代論」「仕事論」など多彩な楽しみ方ができる『首都高SPL』。興味のある人は巻数の少ないいまのうちにぜひチェックを。上記のような面に注目する人なら『C1ランナー』全12巻もオススメです。この巻数ならちょうど読みやすいと思いますので。

« 最近のお仕事 ゴールデンウィークはぜひ「あしたのジョー」展へ! | Main | 【ブックレビュー】秋本治流のきらら系日常コミック『ファインダー 京都女学院物語』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

オタク」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5842/66698465

Listed below are links to weblogs that reference 最近のお仕事&ブックレビュー「首都高SPL」第2巻:

« 最近のお仕事 ゴールデンウィークはぜひ「あしたのジョー」展へ! | Main | 【ブックレビュー】秋本治流のきらら系日常コミック『ファインダー 京都女学院物語』 »