MENU

May 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« 最近のお仕事&ブックレビュー「首都高SPL」第2巻 | Main | α7Ⅲでモノクロ写真撮影を試してみる »

2018.05.11

【ブックレビュー】秋本治流のきらら系日常コミック『ファインダー 京都女学院物語』

finder

40年に渡る『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載を終えた秋本治が、2017年にスタートさせた4本のオリジナル作品のコミックス化がスタート。そのうちカメラネタということで連載時から興味のあった『ファインダー 京都女学院物語』を購入&読了。何とも不思議な味わいのある作品でした。

■これは秋本治流のきらら系日常コミック?

舞台となるのは京都府亀岡市にある女子高の写真部。戦場カメラマン志望の鬼軍曹のような部長の方針で、デジカメ全盛のこのご時世にフィルムカメラしか使わせてもらえない写真部に所属する4人の女の子の日常を、春夏秋冬それぞれの季節毎に描いた全四話の物語となっているのだけど、改めてまとめて読んでみると、どうにも微妙な違和感を感じるのだ。

劇中のフィルムカメラネタは『こち亀』でも多々あったマニアックネタの流れで面白いのだけど、それがどうもキャラやストーリーと噛み合っていないように思えたのだ。まだ読む側の感覚として「こち亀の秋本治」が抜けていないせいもあるのだとは思うが、他のオリジナル作品ではそういう感じはしなかっただけに、よけいに戸惑いながら何度か読んでみて思い至る……この違和感の原因は、『ファインダー』がきらら系日常もののアプローチで描かれているからなのではと。

「コアなジャンルネタ」と「女の子達の日常」を柱とした作品は、まんがタイムきらら系ではある種の王道として確立しているが、『ファインダー』も正にそういった作りの作品なのだ。新作を始めるにあたっての秋本先生の発言を遡ってみると、位置づけとしては「LOVE要素抜きの少女マンガ」とのことだが、そんなアプローチにフィルムカメラというマニアックなネタを重ねた結果として、偶然にもきらら系日常コミック的なスタイルに辿り着いたということなのだろうか。

『ファインダー』にきらら系のノリを感じるのは、日常ネタだからということだけではなく、それに彩りを添えるコアでマニアックな先輩キャラたちの存在だ。写真部の部長からして「軍事評論家の父を持つ戦場カメラマン志望の女子高生」で、フィルムカメラにこだわる理由も「バッテリーが切れたらシャッターが切れなくなるデジカメでは戦場では役に立たないから機械式シャッターのカメラに限る」という、およそ女子高生らしからぬ濃いキャラクター。

finder02

finder03

さらに新幹線専門の「撮り鉄」で、中古カメラ店の娘という立場を活かして売れ残りの望遠レンズ(長玉)を多数使いこなすことから「長玉先輩」と呼ばれる先輩キャラもなかなかの濃さ。ポジションとしては『こち亀』にたびたび登場したマニア系サブキャラクター達の女体化ともいえる彼女達だが、そんなアプローチを突き詰めた結果がきらら系作品的なものになるというのは、意外な発見かもしれない。そう考えると『こち亀』自体も「普段はダメダメだけど飛び抜けた取り柄のある主人公」「そんな主人公とつるむ常軌を逸した金持ちキャラ」「ストーリーのベースはそんな彼らの日常の一コマ」と共通項は多いような気が(笑)。

■あまりにもったいない「ネタ」と「物語」の密度のアンバランス

読む側の意識として『こち亀』のイメージを払拭するのはなかなか難しいので、きらら系作品のつもりで『ファインダー』を改めて読んでみると、今度は作品自体が持つ構造的な問題に気付いてしまう。この作品はネタやサブキャラなどが濃い分、話そのものがかなり薄いのだ。

最初に書いたように四季それぞれの季節をベースにした40数ページずつの4エピソードで構成されているのだが、1話で1つの季節という縛りのためか(最終回となる「春」は、主人公達が三年生になって卒業するまでが描かれるので一年間が一気に描かれる)えらい駆け足で数多くのエピソードがどんどん消化されてしまっている。よくきらら系日常作品は「何もない日常を描いているので話が薄い」と揶揄されることが多いが、実は短いページ数(4コマなら8ページ)に日常の一日などを凝縮しているので、エピソードとしては普通のマンガ以上に濃くなることも多い。逆に『ファインダー』の場合は、普通の日常系作品なら余裕で一話分に膨らませられそうなネタ(部長や長玉先輩、さらに京都ならではの四季折々の風景や、カメラネタならではのエピソードである「雪の金閣寺」など)を惜しげも無くどんどん消費してしまっているせいで、各話の印象が薄く散漫になってしまっているのだ。

コミックス一冊でまとめるという大前提があったのかも知れないが、そのような形でコンパクトにまとめて終わらせるには、『ファインダー』が描こうとしたものはネタ的に濃すぎたような気がする。コミックス一冊毎に1つの季節を描き、『こち亀』のように10数ページにキャラクターや1つのネタを凝縮していくというスタイルの方が、フィルムカメラネタや「LOVE要素抜きの少女マンガ」という製作意図を活かせたのではないだろうか。

写真・カメラ好きには面白い部分もたくさんあったし、舞台の亀岡が丹念に描かれているので聖地系作品としての要素も備えているので、何というか「惜しい」作品だった『ファインダー』。もしふただびこの路線に秋本先生が挑まれるなら、もっとがっつりと濃くて凝縮された「日常」を描かれることを期待します。

« 最近のお仕事&ブックレビュー「首都高SPL」第2巻 | Main | α7Ⅲでモノクロ写真撮影を試してみる »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

オタク」カテゴリの記事

デジカメ・写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5842/66709149

Listed below are links to weblogs that reference 【ブックレビュー】秋本治流のきらら系日常コミック『ファインダー 京都女学院物語』:

« 最近のお仕事&ブックレビュー「首都高SPL」第2巻 | Main | α7Ⅲでモノクロ写真撮影を試してみる »