MENU

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« October 2013 | Main | December 2013 »

November 2013 posts

2013.11.27

大洗道な連載、始まります!

■今日は急ぎの仕事も無かったので、夕方から東京モーターショウ2013へ行ってきました。目当ては当然、三菱自動車ブースの『ガールズ&パンツァー』コラボ企画「自動車道 三菱流」を体験すること。アプリの出来も西住殿のARコンパニオンぶりもなかなかのもので、実に楽しかったですわ。

blog2013112701

blog2013112702

アプリ単体でも西住殿の3Dモデルを使って色々遊べるARカメラになるので、対応スマホをもっている人はアプリをインストールする価値アリかと。

■で、今回の更新のメインはこちら。

blog2013112703

本日発売のオトナアニメVol.32(AA)にて、ガルパンと大洗のコラボやイベントを追っかけていく体感レポート連載「『ガールズ&パンツァー』独立後方支援隊 出撃録!」のやらせていただくこととなりました!

あんまり年がら年中大洗に行っていたのがきっかけで、このような企画をやらせていただくことに……本当にオトナアニメ編集部様には大感謝です!

今回は9月~11月までのイベントから「茨城空港スタンプラリー」「大洗消防団優勝パレード」「サスガ☆カミスガ」「大勘荘宿泊」「西住みほ誕生会」「杉山プロデューサー講演会」「商工会感謝祭」を取り上げています。あんこう祭りは〆切間際だったので速報のみとなっていますが、こちらは次回がっつり取り上げます。

大洗の町がガルパンから元気をもらったように、自分も大洗という町に通うようになって、癒されたり元気をもらいました(諸々の事情で仕事がカラッケツになってた時期は、本当に大洗に行くことだけが生きる支え状態でしたし……)。その感謝の念も込めて、より多くのガルパンファンに大洗を訪ねる楽しさを知ってもらい、大洗のファンになってもらえるようガンバリたいと思いますので、ぜひとも読んでいただければうれしいです。

2013.11.23

『武器人間』見てきました!(&冬コミ参加告知&ビンボーな近況報告)

■割と不可抗力的な状況の変化で仕事が激減して死にそうになり、その穴を埋めるべく色々仕事を開拓してたら一気に〆切が押し寄せて別の意味で死にそうになったりと、夏以降は色々と大変な状況に……貯金も社会保険や生命保険の支払分のみ何とか残してあるぐらいで、月末になったらほぼ確実に底を尽く状況でどうしたものかとorz 今月の仕事のギャラが入る年末まで乗り切れるのか、俺。

■そんな状況下でも、冬コミケに何とか無事受かりました。

冬コミ3日目・西れ-30b
「私立歯車高校」

今回もガルパン本で、ガルパンと大洗に関する色々なネタをまとめた本になるかと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。夏コミで出したガルパン本『FUN TO PANZER!』『戦車乗りと恋するための戦闘教義』も持っていきますので、合わせてよろしくお願いいたします! こちらはCOMIC ZINにて絶賛委託&通販中ですので、こちらもよろしくお願いいたします。

■先月から今月にかけては毎週末大洗に行ってたような状況だったので、ブログのネタは色々とあるのですが、今回はこっちを書きたくなったので……。

iPhone-2013.11.19-19.24.44.318

大山のぶ代ナレーションの予告編が話題になっていた『武器人間』が、地元である栃木県小山市のシネマロブレ5で公開だったので見てきました。一応シネコンではあるものの、全席自由席だったり売店のガラスケースにお菓子と一緒にパンフレットが並んでいたり、スクリーン前には地元企業名が刺繍された緞帳があったりと、単館からシネコンに切り替わる過渡期ならではの不思議な造りの映画館なのですよ。市内のショッピングモールにある同系列シネコンで所謂メジャー最新作をやっているせいか、こちらではマニアックなラインナップを積極的に上映していて、その流れでの『武器人間』だと思うのですが……他の上映館がいずれもレイトショー扱いで一日一~二回しか上映していないのに、ここでは午前中から一日四回上映。ちなみに自分が見た回は平日の午後3時前ということで観客は自分一人……スクリーン独占状態で、この問題作に挑むこととなりました。

ちょっとネタバレ的な部分もありますが、映画の感想をば。大山のぶ代ver.予告編のせいもあってネタ映画的に思われている部分もありますが、そんな予想は冒頭でいきなり裏切られることに。
舞台は大祖国戦争の時期。ソビエトの映画学校の学生が、ある偵察部隊と行動を共にしながら撮影した記録映像という体を取ったモキュメンタリーで、散発的な戦闘や民家での略奪、捕虜にしたドイツ兵の処刑などを淡々と記録しながら話は進み、辿りついた謎の寒村でフランケンシュタイン博士の武器人間工場に迷い込むという展開なのだけど、これが何とも緊迫感満点で面白いのですよ。
迷路のような閉鎖空間に追い込まれ、そこにただ敵を殺戮するためだけに現れる数々の武器人間達。人間としてのモラルを完全に喪失し、自らの技術で武器人間を作ることにしか興味を持たないフランケンシュタイン博士、死体や生きた人間を材料に、効率よく武器人間を作るためだけに作り上げられた工場が醸し出す狂気(変にシステマチックなあたりがアウシュビッツとの共通項が見てとれるあたりも、その狂気を色濃くしているかと)……それらがモキュメンタリーという手法によって、リアリティ満点の救い無い地獄として描き出されているのが、『武器人間』という映画だったのです。

■武器人間達はデザインだけで見るとすごく戯画的で、所謂特撮ヒーロー物の怪人テイスト。だけど劇中で感じるのは「フランケンシュタイン博士の狂気の産物」というリアリティ。『仮面ライダー』のショッカーをとことんリアルに描いたら、この『武器人間』になるんじゃないかという思った(ショッカー自体もナチスの人体改造技術で怪人を生み出す残党組織ですし)。「なあ、信じてみないか。たとえ神も仏も居なくても、仮面ライダーは居る、ってな…」という名セリフが『仮面ライターSPIRITS』にあるけど、仮面ライダー無き世界のショッカーが存在したら、たぶんこんな姿なのじゃないかと。
『パシフィック・リム』が描き出した巨大ロボットと怪獣の世界に対して、日本の特撮ファンや製作者の一部が妬みにもにた反応を示したのが色々と話題になっている。旧来からの「ヒーロー物はかくあるべし」的な圧力の前に頓挫し続けてきた、日本製の「リアルな等身大ヒーロー特撮」というものにヒーロー不在ではあるけどある種の答えを見せた『武器人間』。これを等身大ヒーロー特撮のファンや製作者が見たらどう捉えるのか、すごく興味がある。それだけに、もっと見やすい環境が整って、多くの人に見てもらいたいのですが。

■小山のシネマロブレ5でも、『武器人間』は今月28日までの上映で、上映回数は午後・夕方&夜・レイトの一日三回に(それでもやはり多いのですが)。関東近県の方は是非とも遠征をオススメします。上映時間は下の画像をご参考に。

SD5UR

« October 2013 | Main | December 2013 »