MENU

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« August 2013 | Main | October 2013 »

September 2013 posts

2013.09.30

厄払いと験“カツ”ぎのために大洗詣で~(17回目)

■某グループの大合併の余波もあるのか、最近自分の周辺の仕事環境が色々激変。何より痛いのは、お世話になってた編集さんが立て続けに異動や退職×2となり、その際の引き継ぎにトラブルでもあったのか、自分が担当する予定だった記事コーナーが、事情を知らぬ編集さんの担当となって別のライターへと振られてしまったこと。おかげでレギュラー仕事がいきなり半減というフリーの身にはかなり厳しい事態にorz 他に担当していた記事コーナーも、作品の終了などでどんどん終わっていただけに、今のうちに新しい仕事の開拓をと思っていた最中だっただけに、これはかなりの大打撃だったり……。単発の仕事もなかなか次に繋がらなかったりで、かなりの大ピンチ状態です(そんなわけでお仕事常時大募集ですー)。

■このトラブル続きの仕事ナイネン状態を脱するには、とりあえず精神のデトックスと厄払いが必要……ということで「そうだ! 大洗に行こう!!」と愛車を走らせ、9月28日に累計17回目の大洗詣でへ行ってきました-。
自宅から北関東自動車道をクルージングして、約1時間強で大洗へ到着。もはやナビの案内も不要になってるあたり、我ながらどうしたものか(^_^;)。到着が午後1時半とランチの時間には間に合ったので、まほPOPのさかなや隠居さん内「平成魚松」さんへ。

oa001

今回のオーダーは「三色鉄火丼」(1150円)。漬けマグロ、戻り鰹、真鯛の刺身がたっぷりと乗っかり、タレの染みこんだマグロの肉厚感、脂の乗った鰹のとろけるような柔らかさ、真鯛のシャッキリとした歯ごたえと三者三様の味と食感が堪能できる海鮮好きにはたまらない丼でしたわ。ここの名物でもある海鮮天丼にもチャレンジしたいのだけど、甲殻類アレルギーな自分には大海老天が鬼門……お願いすれば別の天ぷらにしてくれるだろうか(^_^;)。

■食事を終えて、山戸呉服店さんで新作のアンチョビタオルセット(アンチョビ愛とこだわり満点の素敵なセット! 同梱の製作秘話には感動しますわ)、タグチ玩具店で入荷したばかりのガルパンラッピングバスのミニカーを購入。ここらへんは写真を撮ってから別エントリーにてレビューしますわ。

鳥孝の錦爽鶏唐揚げや、たかはしのみつだんごをつまんだりしながら、お参りをすべく磯前神社に向けて歩いている途中、前から気になっていた千手観音堂の標識が……今日は目的無き大洗詣でというか、厄払いが目的なので立ち寄ってみることに。

急な階段を昇って振り返ると、大洗港が一望できるなかなかの絶景。そして登り切ると……

oa003

深い草むらと廃墟とおぼしき小屋が。千手観音堂はそこから少し離れた場所に合ったので、お参り&ろうそくを奉納。お堂が閉まっていたので、千手観音像にお目にかかることが出来なかったのは残念。それはまた別の機会に。

■再び商店街へと戻り、磯前神社へ向けて移動開始。

oa005

oa006

途中にあるエンジョイモデリングなガルパンアートはどんどんすごいことに。今回はお手製の学園艦が加わっておりましたわ。ここにどんな新作が加わっていくかを確認するのも、大洗詣での楽しみの一つ。

途中の丸五水産でおせんべいを買って角谷杏オリジナルシールを貰ったり、森屋菓子店でシベリアを買い込んだりしながら、ウスヤ精肉店へ。店頭のディスプレイにはⅣ号戦車の砲弾抱き枕が加わったり、串カツバリエーションにレバーカツが増えたりと、どんどんアップデートが進んでます(笑)。あと、ここの手作りスイートポテト(90円)も絶品なので、お土産に最適かと思いますよ。

最近町内に増殖中というガルパン自販機も。この生徒会&練習試合版38(t)バージョンは、しほ母さんPOPのある整骨院駐車場にて発見。

■大洗ホテル前の大鳥居をくぐって磯前神社を目指していると、目の前に妙な違和感のあるものが……。

ネットのガルパン関係などでよく画像を見かけ「どうせコラだろう」と思っていた謎のステンシル「スタミナ冷やし」の現物についに遭遇してしまった(^_^;) 茨城県北のご当地ラーメンに「スタミナラーメン」というものがあり、その冷やしバージョンらしいのだけど、なんでこんなステンシルが? イタズラ書きなのか広告なのか、謎は深まるばかりです……。
そして妙に波の音が大きいので、神社に行く前に浜辺の方に行ってみたところ……

oa010

「ちょっと海の様子見てくる!」と不謹慎なジョークも言いたくなるような激しい荒れっぷり! ギリギリまで近付いて写真は撮ったけど、こうとわかっていればもっと撮影用装備を調えてくればよかった。
一通り海を撮影してから、磯前神社でお参り。絵馬をかける場所が二つになっていて、新しい方にざっくりと痛絵馬関係が移されていました。まあ隔離的にきっちり分けたというよりも、外側にある増えた分を動かしたから、ほとんど痛絵馬だったという感じでしたが。そして「艦これ」ネタもちらほら……まあ、那珂の慰霊碑の方に何かしたりとかいう勘違いさえしなければ良いのではないかと。
あと、練習試合でみほ達が走った神社から大洗ホテルへと出る坂道の途中にある鳥居を進むと、いい雰囲気のお稲荷様と小さな神社があるので、こちらでもお参り。6月に大洗ホテルに泊まって、早朝散歩をした際に見つけて以来、ここにも必ずお参りすることにしてるのです。ああ……ラノベや萌えアニメに出てくるようなお稲荷様でも出てきて願いを叶えてはくれないものかと。

■日も暮れてきたので、本日の大洗詣でのシメはCafeグーテへ。

oa011

本編の練習試合で、Ⅳ号戦車とチャーチル歩兵戦車が激闘を繰り広げた場所の近くにある、小さな洋風庭園を備えたカフェでチャーチルの戦車POPが目印。小さいけど庭やインテリが綺麗にまとめ上げられていて、本当にダージリン達がお茶を楽しみに立ち寄りそうな雰囲気。いい意味で大洗らしからぬお店です。

oa012

ガルパンコラボということで、紅茶とシフォンケーキのセットが600円にて饗されています。紅茶は当然ダージリン、オレンジペコ、アッサムの3種類から(笑)。自分はダージリンのホットを注文。紅茶は薫り高くて、シフォンケーキはふわふわ柔らかく仕上げられ、上品な甘さがまた絶品。大洗巡りで疲れた体を静かに休めるにはピッタリのお店です。この店ではダージリン様に怒られないよう、静かにお茶と静けさを楽しむのが嗜みというところでしょうか。

飯岡屋水産で母に頼まれたサンマを、鳥孝で前回買って帰って美味しく料理させていただいた錦爽鶏もも肉を買い込み、米屋兼猫カフェの和泉屋米穀店に以前に撮った猫達の写真データをお贈りして今回の大洗詣では終了。夕食はまだ入ったことのない新三郎POPの蕎麦屋「常陸屋」にしようと思ったら、昼間限定営業だったorz なので水戸へ向かってクックファンへ。ガルパン詣でのシメの定番はガルパンカツだけど、毎度同じなのもマンネリということで、ガルパンカツ以外のメニューを開拓することに。

■実は9月17日に茨城空港のウサギさんチームスタンプラリーに参加して、時間的に大洗に寄る余裕が無かったので、クックファンに直行。その時に食べたのが、クックファン店長イチオシのオリジナルメニュー「自家製タルタルソースと粒マスタードのロースカツ」(1280円)

oa013

粒マスタードをたっぷり塗り込んだロース肉を揚げたトンカツに、自家製タルタルソースをたっぷりとかけた一品。粒マスタードの程よい辛さとタルタルソースの爽やかな味わいが、肉の旨味をダイレクトに引き出す感じで、トンカツとは思えないほどさっぱり食べられる軽やかさが素晴らしかったです。ここにトンカツソースや醤油をかけてもタルタル&粒マスタードと絶妙にマッチするので、色々な味の変化が楽しむのもアリ。これがすごく美味しかったので、しばらくはガルパンカツ以外のメニューを制覇してみようと。

oa014

そして今回挑戦したのが、アレンジカツメニューの中で人気ナンバー1の「スタミナロースカツ」(1280円)。どっさりと載ったフライドガーリックも圧巻ですが……

oa015

肉の中に挟み込まれているのが大量のスライス生ニンニク&ネギ! 適度に熱が通って食欲をそそるニンニクの香りが立ちのぼってきて、食べる前からインパクト満点の一品。これにソースを掛けて食すのですが「濃厚なソース+ニンニク味の染みこんだロース肉+衣&フライドガーリックの食感+肉汁でローストされたニンニク」の四重奏は、一切れ食べただけでも胃袋にガツンと刺さって胃を熱くたぎらせる感じ。あとソースをかけずに切り口に醤油を垂らしてニンニク醤油味にすると、ヤバイぐらいにご飯に合うのもポイント高し。「タルタル&粒マスタード」が肉のそのものの味わいを楽しむ「技巧のカツ」だとしたら、このスタミナロースカツは肉とニンニクと油とソースの力強さをダイレクトに喰らう「力のカツ」かと。肉を喰らった感を味わいたかったり、心身に活を入れたいなら絶対食べるべきメニューですわ。
ただ問題は……食べた後は確実にニンニク臭くなるので、口臭対策は必須かも。特にお昼にクックファン→食後に大洗というパターンを考えている人は要注意!

■あとクックファンでこんなポイントカードとショップカードが。

oa016

ショップカードは金の箔押し印刷で杏会長が彩られたすごくキレイな一枚。そしてポイントカードは、表紙にプラウダ戦での三突、中にはカバさんチームの4人が顔を出すガルパン仕様。最初にもらえるこのポイントカードはホワイトカードで、スタンプ一杯になったら次はブラウンカードといった具合に変わっていく様子。ひょっとすると別のチームの戦車&キャラが登場するのか? それを確かめるには、通い詰めるしかないと……また大洗に通う理由が一つできてしまった(笑)。

■こんな具合に9月28日の大洗詣では終了。お参りとスタミナカツで仕事運も上向きになるといいなあ……。そして翌日には大洗消防団の大会優勝パレードが行われ、戦車道優勝旗を掲げてそどこのオリジナルナレーションをバックに、大洗女子がパレードしたのと同じルートを走ったと聞き、なんで土曜日にしてくれなかったのかと歯ぎしりしたり(^_^;)。でも、本当に大洗はガルパンで楽しく遊んでいるなあと嬉しくもなったり。これだから大洗詣ではやめられません。

2013.09.17

産経新聞が『ガルパン』を越える茨城ご当地アニメを提案(^_^;)

■先月末の大洗巡礼のネタや、土曜日に行った茨城空港のウサギさんチームスタンプラリーの話でブログ更新しようと思ったら、産経新聞茨城版に何とも頭の痛い記事が……。

【いばらき応援倶楽部】「ガールズ&パンツァー」 人気に頼らず新アニメを - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130916/ibr13091616260004-n1.htm

ガルパンと大洗の関わりについては「人殺しの兵器である戦車で町興しとはけしからん! 軍靴の足音が!」とか「先の大戦で多くの人が命を失った戦車を美少女キャラのおもちゃにするとはけしからん! 英霊への敬意と感謝を作品に盛り込め!」とか、左右双方からしょうもない批判意見が出たりもしていましたが、そんな意見の方がまともに思えるようなクソ記事をドヤ顔で送り出すあたりが、実に産経クオリティというべきか。

■とりあえずこの今仲信博なる産経新聞の茨城支局の記者、実際に大洗や茨城空港に出向いて取材していないのが見え見え。もしちゃんと取材してたなら、大洗の町のがんばりぶり、選挙広報にしろ茨城空港のキャンペーンにしろ、単にガルパンに乗っかっただけではない作り込みぶり、聖地巡礼ツアーなどと連携して茨城空港の地名度・集客アップへつなげようとする努力など、関わる人達の真摯な取り組みがわかるはず。それを感じ取れずに「ガルパンに頼っている茨城、40点!」などと失礼なことを言ってるのだとしたら、ずいぶんと感度の低い記者なんだろうなと。

■何よりもガルパンに代わるご当地アニメの提案が何ともひどい。

たとえば、女の子のグループがドラマ「水戸黄門」ご一行のように県内44市町村を漫遊するオリジナルアニメはどうか。
助さん・格さん、弥七らのような役割分担はもちろん、
入浴シーンも欠かせないストーリーは「中核病院の建設が進まない」「大型商業施設にお客が流れて大変」など、各市町村が抱えるリアルな問題を女の子たちが解決していくものにしよう。
登場する施設などは実名に近くし、ファンが訪れやすいように、また名所や特産品もしっかりPRする。
完成したアニメは「県公認ご当地アニメ」に認定。県のインターネットテレビ「いばキラTV」で放送すれば、いばキラTVの認知度も上がる。

「ガルパンに頼っている」と茨城の人達の取り組みをバカにしながら、自分の提案が『水戸黄門』頼りという時点でアウトだが、露骨な地元タイアップやあざとい入浴シーンサービスとか、露骨に聖地巡礼需要を狙ってアニメファンにシラケられて失敗する典型みたいな企画を、「これでガルパンに勝てる!」と上から目線で記事にするセンスの無さには怒りを通り越して哀れというしか。書いた記者もバカなら、これを通して産経新聞茨城面の1/4を占める記事にした支局のお偉いさんも相当バカじゃなかろうかと。

■予想通りというか、この記事がネットで公開されるとTwitter上ではガルバン&大洗の関係者からは怒りと呆れのリアクションばかり。ガルパン云々より、がんばっている地元の人達の取り組みをバカにするような記事内容への反発という点が、怒りの深さを物語っていると思うのだけど、産経新聞はそれをどう受け止めるのだろうか……多分しれっと忘れて、次のクソ記事書くのに夢中なんだろうけど。

■とりあえず産経新聞様にはぜひとも「女の子のグループがドラマ「水戸黄門」ご一行のように県内44市町村を漫遊するオリジナルアニメ」を企画を動かし全額出資して、ガルバンを越えるご当地アニメとして大ヒットさせて茨城に観光客を呼んでいただければと。それがこの記事に対する一番の落とし前だと思うのですが。

2013.09.16

『小鳥遊六花・改 劇場版 中二病でも恋がしたい!』雑感~京アニがこうも雑な「劇場版」を世に放っていいんだろうか(ネタバレありかも)~

■17回目のガルパン聖地巡礼(今回は茨城空港とクックファンのみで大洗に行けませんでしたが)を終えた帰り道、北関東自動車道ICを降りてすぐの所にあるMOVIX宇都宮に立ち寄り、公開初日の『小鳥遊六花・改 劇場版 中二病でも恋がしたい!』を見ることに。一番大きな504席のスクリーンが割り当てられ、午後九時過ぎスタートのレイトショーにも関わらず五割ほどの入り。こいつは期待できそうと思ったのですが……。

chu2

■最初に断っておくと、自分は『中二病でも恋がしたい!』はBD全巻揃えるくらいには大好きな作品ですし、放映中は否定的な意見も多かった終盤のシリアス展開も、自分が一番見たかった勇太の男気が爆発する最終回へと繋がったと思えば全然OKでした。そんな「勇太の物語」として極上の青春ジュブナイルぶりを見せてくれた『中二病でも恋がしたい』を、劇場版では「六花の視点で描く」なんて言われたら、期待するなという方が無理。そんなわくわく感を抱いて鑑賞に挑んだのですが……見終えた後の感想は「こんな雑な総集編を劇場版とか言って公開しないでほしい」でした。ただひたすらにガッカリでした。

■『小鳥遊六花・改』は、中二当時の勇太を描いた「Lite」の新作から始まり、「居眠りしていた六花が見た妄想世界での勇太との結婚式&中二病バトル→部室で(何かの問題解決に出向いている)勇太を待つ六花達→勇太を待つ間に六花の口から語られる、勇太と過ごした日々という名目の総集編→帰ってきた勇太が合流し、アニメ第二期のプロローグ的なあれこれ→そして新ヒロイン登場」という具合で、総集編以外の新作パートは正味20数分といったところ。残り70分ほどが総集編パートなわけですが、これが主に六花がカワイイ系の見どころばかりを繋いだだけ。
物語的な再構築どころか説明すらも一切無く、「六花の視点で描く」と言いながら六花のモノローグ的なものもほとんど無し。
パンフレットで監督は「1時間に全てが入るわけではないので、むしろ劇場の大画面で映えそうな部分をピックアップする形でファンムービー的に編集を行いました」と語られてるけど、ニコ動あたりでファンが編集してるMADの方がよほどうまく作品を活かす形でやっていると思う。単なる第二期のプロモーションフィルムでしかないのだったら、ファンディスクとして売るかテレビスペシャルとかでやればいい。こんな代物を「劇場版」として送り出せるのは、作品としての『中二病でも恋がしたい!』に思い入れも愛も無いからじゃないだろうかと京アニを疑いたくなるぐらいですわ。

■京アニ作品の魅力の一つは「職人的な作品の丁寧な作り込み」にあると個人的に思っている。映画『けいおん!』を30回以上見に行ったのも、何度見ても飽きがこない上に、見る度に新たな発見のある作り込みの深さに惚れ込んだからだし、テレビ版『中二病でも恋がしたい!』も、そんな丁寧さが存分に盛り込まれていて見ていて毎回気持ちが良かった。でも、『小鳥遊六花・改』にはそんな魅力がまったく感じられなかった。冒頭の妄想結婚式&バトルシーンにリソースを費やすぐらいなら、マトモな六花視点の総集編としての再構築にそれを使ってほしかった。なんだか受け手の自分が感じた『中二病でも恋がしたい!』と作り手の京アニが考えている『中二病でも恋がしたい!』は別物だったのかもしれないという気分にさせられました。

■物語としては続編を作る余地など無いほどキレイに完結していただけに、第二期には正直不安を感じていたのですが、『小鳥遊六花・改』終盤の第二期への前振りでそれを確信させられる事に。「中二病VS世間」という視点が『中二病でも恋がしたい!』のキモの一つだったと思うのですが、世間側のキャラクターをざっくりリストラして、典型的萌え作品的な理由付けで勇太と六花を同棲させてしまったりとか、第一期の丁寧さはどこにいってしまったんだろう……。実際の放送を見るまで判断は避けますが、正直第二期にはあまり期待できそうもありません。ぜひともこんな気持ちを裏切るような出来を期待してはいますが。

■この手の総集編系アニメ映画の場合「ファンにはお勧め」という評価軸がありますが、『小鳥遊六花・改』はファンにもお勧めしがたいです。まあ物語より女の子キャラに惹かれていた人なら大丈夫かも知れませんが。

« August 2013 | Main | October 2013 »