MENU

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« December 2010 | Main | October 2011 »

August 2011 posts

2011.08.23

新型VAIO typeZ使用レポート・その1

■前回の「ファーストインプレッション」に続いて、環境設定が完了して色々仕事や趣味で使い始めた新型VAIO typeZに関して、感じたことを色々と。「その1」とはうたっているけど、続くかどうかはネタ次第ということで。

■今回自分が導入したtypeZのカスタマイズはこんな感じ。

VAIOZ

  ごらんの通り、ある意味今回のモデルチェンジのウリでもある「Power Media Dock」はオプションで外してあります。オールインワンだった2代目typeZの時はブルーレイドライブ搭載を選択したのですが、結局光学ドライブを使ったのはソフトのインストールと音楽CDのリッピング(これまではiPod&iTunesでしたが、DPAをWalkmanXにしたのを機に、別の母艦VAIOにXアプリを入れて音楽環境を移行したので、Zで音楽データを扱う必要無し)と入稿データをCD-Rに焼くことぐらい。移動中にDVDやブルーレイを見るとかいう用途にはほとんど使ったことがなかったので、外付け&ACアダプタ必須になってしまったのなら3~4万円プラスして導入する必要もないかと。

内蔵GPUの性能が思った以上に良いことは、発売前の試用記事などでも語られていましたし、かつて愛用していたtypeGのハイパワーバージョン的なカスタマイズもありと考え、PowerMediaDockで浮いた分をCPU・SSD・メモリに回してそれぞれを一番いいものにして性能の底上げを図りました。

このカスタマイズに3年ワイド保証をつけると273800円とけっこうな値段になりますが、幸い自分のマシンはほとんどソニーストア(ソニースタイル)で購入しているので、「3年ワイド保証無料」「VAIO本体5%オフ」「旧Zから新型Zへの乗り換えに限り3000円引き」というクーポンが貯まっていたので、最終的な金額は23万円ちょいにて収まりました。そして支払いは当然の如くローンです(^_^;) 2年までなら金利1%とお得ですし。

■こんな具合に仕上げた新型typeZですが、Windowsエクスペリエンスインデックスのスコアですが、こんな感じに。VAIOZ02

グラフィック系のパフォーマンスこそ少し落ちるけど、CPU・SSD・メモリのスピードは最速クラス。実際に使っていても、ほとんど読み込みのタイムラグを感じないので、こっちの思考やキーボードを叩く指が追いつかないこともしばしばあるくらい。もしtypeZの購入を考えている人がいたら、第三世代デュアルSSDの威力を堪能するためにもソニーストアのカスタムで購入するのを激しくオススメしますわ。

■とりあえず今回はこんなところで。次回はモバイルでのバッテリーの保ちとかを試してみようかと。内蔵バッテリーで最大9時間というのは、電力設定をカリカリにいじらなきゃ実現しない数値のような気もしますし。

2011.08.22

8/14 戦国乙女歌謡祭「第十四話? 宴会乙女」レポート

■関東での『戦国乙女 桃色パラドックス』最終回放映時に、TVCMで告知されたライブイベント『戦国乙女歌謡祭』……その時は「うーん、客くるのかなあ?」などと思いつつも、最終回まで楽しませてもらった恩返しも兼ねて朝6時までの先行予約に午前3時に申し込んだんですが……その時点ですでに整理番号727番という大盛況ぶり。この手のアニメライブイベントは実は初めてだし、開催日が夏コミ3日目ということで、色々とスケジューリングも大変だなあとは思いつつも、覚悟を決めて参加に向けて色々と調整に入ったのでした。

■そしてライブ当日……コミケ期間中は連日の猛暑だったため、とてもじゃないけど荷物を抱えてビッグサイトから渋谷へ直行というのは避けたいところ。そんなわけで、いつもなら閉会まで見届けていたコミケを途中撤収。30分近く待たされながらもタクシーに乗り込んで入谷の自室に帰宅。汗を流してから改めて身支度を調えて、日比谷線→銀座線と乗り継いで渋谷へと移動し18時ちょうどに会場となるO-EASTに到着。17時半開場だったので、30分前ぐらいに余裕を持ってつければと思ったのですが、会場はスタンディングタイプのライブハウスだったので、後ろの方でも十分にステージは楽しめる構造。冷房が効いているとはいえ、この暑い中で客がみっちりつまったスタンディングスペースに入るのもアレなので、ドリンクを飲みつつ売店スペースなどを物色することに。

sengoku01

コンサートグッズは「パンフレット」(2000円)「Tシャツ」(2500円)「マフラータオル」(2000円)の三種類をゲット。他にもポスター2枚セット(1000円)や出演者生写真くじ引き(150円×全50種類)なんてのもありましたが、そこらへんはあまり使わないのでパス(^_^;)。

sengoku02

sengoku03

パンフレットは写真やインタビュー、アニメアフレコ時の裏話や企画ページも満載だったので2000円の価値は十分にアリ。というか、ライブでもビックリしたのですがヒデヨシ役・日高里菜が、TVの時の実写予告とはまるで別人のようなかわいさにビックリですよ(^_^;)。あの予告は映像写りが悪すぎるだろうというレベルでしたわ。 とにかく出演陣の『戦国乙女』への愛や思い入れがたっぷりの内容だったので、ライブへの期待が否が応にも高まってくるいいパンフレットでした。

■そして18時半にライブスタート! 曲順はいささかうろ覚えなところもありますが次の通り。

  1. KAGEROU(天下取り隊)

  2. SENGOKU GROOVE(ヒデヨシ、マサムネ、ノブナガ、ミツヒデ)

  3. 天下取りたい(ヨシモト、イエヤス、シンゲン、ケンシン)

  4. アカ勝て!シロ勝て!(ヒデヨシ)

  5. 合縁奇縁コンチェルト(シンゲンとケンシン)

  6. 恋は刹那の夢ですわ(ヨシモト)

  7. うらめしーな せれなーで(マサムネ ソロバージョン)

  8. 戦国呼称歌・ライブリミックス

  9. 伝説が生まれるまで(イエヤス)

  10. あしたへ(ヒデヨシ)

  11. 熱き矢の如く(天下取り隊&ヒデヨシ&マサムネ)

  12. 夢見る自由(ヒデヨシ&イエヤス)

  13. KAGEROU(天下取り隊&ヒデヨシ&マサムネ)

2曲目のゴリラップこと「SENGOKU GROOVE」は織田陣営3人+マサムネの掛け合いによる歌なのに、今回のライブではノブナガ役・豊口めぐみとミツヒデ役・喜多村英梨が欠席なのにどうするのかと思いきや、両者は撮り下ろしのビデオクリップにて歌に参加するというサプライズ! 歌の後にはノリノリのビデオメッセージ(喜多村「あー謀反おこしちゃおうかなー」豊口「謀反 ダメ! 絶対!」)も流されてライブは一気にヒートアップ。

イロモノ枠としてハッチャケまくるシンゲン&ケンシン、ヨシモトの生「美しすぎてごめんあそばせー!」、初体験のライブでCDではミツヒデとのデュエットだった「うらめしーな せれなーで」をソロで披露するマサムネ、「リアクションはアドリブで」という縛りがあったおかげで「乳分けてください!(ケンシン→マサムネ)」「あら人気投票ランク外w(イエヤス→シンゲン、ケンシン)」とメタなネタが飛び交う「戦国呼称歌」、さらに幕間でのトークでは日高里菜の喜多村英梨大好きっぷりが暴露されたり(その中で語られたラブレターの写真は喜多村英梨のブログで見られます。確かにこれはかわいい……)、出演陣のチームワークの良さがびんびん伝わるエピソードが数多く披露。『戦国乙女』を見ていて感じる気持ちよさは、こういうところからも生まれていたんだなと、この作品のファンになったことがうれしくなるような内容でほっこりした気分に。

本編映像とともに最終回エンディングを飾った「あしたへ」、そして各人のライブと『戦国乙女』への想いを語るコメント(特にこれが本格的デビュー作となったヨシモト役・持月玲依のコメントにはジーンときましたわ)から出演陣全員によるエンディングテーマ「熱き矢の如く」でライブはひとまず終了。そしてアンコールでは、本編第2話でヒデヨシが被災した村人たちを励ますために流した名曲「夢見る自由」と、オープニングテーマ「KAGEROU」の全員バージョンでシメという最高の盛り上がりでカーテンコールに。はじめてのライブイベントと言う事で色々と不安だったのですが、『戦国乙女』が好きでよかったと心底思えるいいライブでした。

■ライブのアンコールにて発表されたのですが、今回のライブはローソン限定DVDとして発売されるとのこと。予約受付はローソン店頭端末Loppiにて9月1日午前10時~9月30日午後11時半までで、通常版(4935円)とパンフレット・Tシャツ・マフラータオルをセットした限定生産コンプリート版(11435円)の2種類が用意されていますので、『戦国乙女』ファンならぜひともゲットすべきかと。とにかく楽しい内容に仕上がっていると思いますので。

■ライブ後はせっかく渋谷に来ているのだからということで、『ネイチャージモン』最新エピソードで紹介されていたホルモンの名店「ゆうじ」で一人打ち上げと思ったのですが、残念ながら定休日。

sengoku04sengoku05

でも「ガッツリと肉が食べてー!」ということで、渋谷肉横町内の「肉の楽園」にて色々食べつつコミケとライブの一人打ち上げを決行。ホルモンも和牛ハンバーグもうまかったので、コミケとライブに明け暮れた3日間のいいシメとなりましたー。「ゆうじ」はいずれ機会をみてチャレンジしたいですわ。

2011.08.17

新型VAIO typeZ(ソニーストアモデル)・ファーストインプレッション

■2008年・秋頃からずっとメインマシンとして愛用していたのが、ソニーのVAIO typeZ(二代目モデル)。Adobe Design StandardCS4を無理なくバリバリ使えるなど性能的には今でも十分申し分のない名機なのですが、Windows7へのメーカー対応から外されていたり、ハードディスクの容量が苦しくなってきたり、持ち運びが体力的につらくなってきたりで、さてどうしたものかと色々対策を考えているところに、新型VAIO typeZ発売決定のニュースが!

■いくら薄く軽くなったといっても、光学ドライブとGPU外付けはないだろーと旧typeZユーザーらしく斜めに見ていたのですが……色々と考えるうちに「自分なりのtypeZの運用法には新型の方が理想的なんじゃないかと」という結論に達し、さらに「分割払い金利1%」「旧typeZユーザー乗換用3000円割引クーポン」「VAIO本体5%OFFクーポン」「3年ワイド保証無料クーポン」に追い打ちをかけられエントリー予約申し込みして先行予約日に発注。8月13日には家に現物が到着しておりました……でもその時はコミケで東京の部屋に泊まり込みだったので、実際にセットアップに取りかかれたのはコミケ終了翌日の15日深夜からでしたが(昼間は地元のお盆で色々用事があったので)。

「確かに景徳鎮が如きMacBookAirも素晴らしい。ですが、私は欲しいのはVAIOのごとき一笑を誘う乙なノートにて」

 そんなノリで選んだ本体カラーはなんともひょうげたゴールドw でも質感はマットなので、寺社仏閣の調度品の如きなんとも渋い輝きなので、むしろかっこいいかも。

 キーボード周りなどは深いブラウン系。この組み合わせだとデザイン家電のアマダナってぽくて、ほどよい感じのオサレ感が。タッチパッドのボタン部分が以前のモデルより内側に配置されているので、クリックしたと思ったら何もない所をいじってるなんてことが多く、旧来のZオーナーは馴れが必要かと。

 本体と同時にキャリングケースも購入。本革の質感も心地よく、内側にフタを差し込むギミックはホールド感もしっかりしてていい感じ。本体がピッタリ収まるタイトなサイズだけど、突起部の少ないUSBメモリなら付けたままでも大丈夫でしたね。ちなみに自分が使ってるのはバッファローのUSBメモリ

 今まで使っていた二代目typeZとの厚さ比較。ちょうど旧型のディスプレイ分だけ厚みが減っているという感じですかね。

■そんなこんなで、まずはざっとした外見メインのインプレッションでした。まだ環境を整えている最中なので本格的に使い込んでいないのですが、CPU・メモリ・SSDをそれぞれ最高のものにした自分の新typeZの場合、起動&休止状態からの復帰に約十数秒(途中のパスワード入力は除く)、アプリケーションのインストールなどもあれよあれよという間に終わるので、この薄型ボディからは考えられないようなパワーを秘めている感じで、これから使い込むのが楽しみですわ。

 詳しいスペックや実際の使い勝手などは、今後のエントリーにて取り上げていきたいと思いますが、モバイルとパワーの両立を図りたい人にはびったりのマシンに仕上がってそうな予感がします。

コミケ80おつかれさまでした!

■3日間通じてけた外れの猛暑に見舞われた、今回の「コミックマーケット80」。3日目は当スペースにも多くの方が足を運んでいただき、本当にありがとうございました。おかげさまで14時撤収のつもりが一時間弱ずれこんだりもして、新刊『売上厨をぶっ飛ばせ!』も印刷代の元が取れるぐらいには売れてくれて一安心しました(^_^;)。撤収が慌ただしくなってしまい、両隣のサークルさんに挨拶を忘れてしまったというミステイクもorz 当日は本当にお世話になりましたー。

■おっかなびっくりで出した今回の新刊ですが、Twitterなどで色々な方からいいリアクション感想をいただきホッとしております。冬もスペースがとれれば、この路線を継続するのもアリかなと思ったり。すでに同ネタがあるとは思いますが、「オトナアニメ」ならぬ「オツナ(乙な)アニメ」とかいうのはどうだろうかなと……すいません『へうげもの』かぶれすぎて。

■コミケ会場から撤収後、いったん家で着替え&シャワーを済ませてから、渋谷O-EASTで開催された『戦国乙女歌謡祭 第十四話?「宴会乙女」』に参加してきたのですが、これが本当に盛り上がった楽しいイベントでした。別エントリーにて詳しくレポートはしますが、この手のアニメ系ライブイベントに対する個人的な苦手意識を消し飛ばしてくれるような、声優陣のみなさんのエンターティナーぶりが素晴らしかったですわ。コミケ新刊でもメインのネタとして扱いましたが、本当に『戦国乙女 桃色パラドックス』というアニメを好きになってよかったと思いましたわ。

 今回のイベントを収録したライブDVDが、ローソンで9月1日午前10時から予約スタートとのことなので、イベントに来られなかった方はぜひこちらを楽しんでいただければと。『戦国乙女』を気に入っている人なら絶対楽しめる内容だと保証いたします!

2011.08.13

明日のコミケよろしくお願いします

連日の猛暑で地獄のロードと化している今回の夏コミですが、いよいよ明日が最終日!
当サークルも、前のエントリー通り東地区O-10aにて参加しますので、ぜひ御立ち寄りください。
なお、私は午後5時から渋谷で「戦国乙女」ライブに参加するためw、午後2時頃には撤収予定ですので、買い物やご用のある方はそれまでに来ていただけると助かります。
それではラスト一日がんばりましょう!

2011.08.11

コミケ80参加&新刊告知です!※8/11に通販情報を追記

■なんかもうブログの更新ペースがすっかり落ちてしまい申し訳ありませんですm(__)m 最近はもっぱらTwitterの方で色々近況やレビューなどを呟いておりますので、興味のある方はID「@ishiguronaoki」フォローしてくださいませ。


■もう今週末に迫っているコミックマーケット80ですが、今回も何とかスペースがとれましたので、新刊も頒布いたします。


8月14日(日曜日) 

東地区O-10a

「私立歯車高校」

新刊
『売上厨をぶっ飛ばせ!』
A5・36ページ
頒布価格 300円
表紙イラスト:とんぷう(
ROCKET FACTORY)


 そんなわけで今回の新刊は、昨今やたらとと悪目立ちしている、作品内容じゃなくソフトの売上だけで作品の優劣を語り、振るわなかった作品を「爆死w」だなんだと嘲る売上厨へのアンチテーゼがテーマの評論&アニメガイドとなってます。
「作品の内容と売上は必ずしも直結しない」

「震災後のオタクの消費行動の変化がソフトの売上に及ぼす影響は?」

「『フラクタル』の販売戦略は何が間違っていたのか」

というようなテーマをつらつらと語ったり、売上厨から爆死呼ばわりされているけど、こいつはソフト買ってソン無しと思うアニメ作品として、表紙を飾っている戦国乙女 桃色パラドックス』『青い花』『放浪息子』『お兄ちゃんのことなんか全然好きじゃないんだからね!!(AA)を取り上げたりといった内容となっております。

 そして今回はウチの本としては久々にイラスト表紙! お仕事仲間で『戦国乙女』ファンでもあるとんぷうさんに、御館様・アケリン・ヒデヨシのそろいぶみを描きおろしてもらいました! やはり『戦国乙女』はこの3人のそろいぶみだよなーってことで。本当にとんぷうさんには感謝です!

 いつもの歯車新書よりもページ増量しているぶん頒布価格もちょっと高いですが、ネットで暴れる売上厨を苦々しく思っている方や、取り上げている作品のファンの方々などにぜひ手にとっていただければ幸いです。


■今回もCOMIC ZINさんでの委託販売&通販がスタートしております。通信販売ページには以下のアドレスより飛べますので、コミケ会場に足を運べない方はこちらをご利用下さい。

http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=9508


■新刊以外には、前回冬コミで頒布した「『けいおん!』を巡る冒険」などのバックナンバーも持ち込みますので、当日はぜひともスペースまでお立ち寄りください!

« December 2010 | Main | October 2011 »