MENU

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« コミケ79参加&新刊告知です | Main | 冬コミ新刊の先行委託始まりました(情報更新) »

2010.12.18

話題の『KAGEROU』を読み終えて

■ハードカバーの小説はめったに買わないのだけど、水嶋ヒロの小説家デビュー作となる『KAGEROU』は出版に至るまでの展開があまりにもドラマチック過ぎたし、BLOGやTwitterなどのネット上では「絶対に大賞受賞は出来レース」と信じて疑わない輩(それこそ一般人からプロの書評系ライターにマスコミ関係者まで)が、フルボッコにしてやろうと発売を待ち構えているげんなりな状況。これはもう、変な風評やネタバレなどを聞かされないうちに読んでしまった方がいいと思い、地元の深夜営業書店で発売日の午前0時に即購入。その日のうちに読むつもりが、仕事が立て込んでいたので結局読み始めたのは昨日になってからでした(^_^;)。

■ネタバレにならない範囲で思ったことを書き連ねてみると、まずダメだなと思ったのは作品そのものではなくてポプラ社の宣伝戦略。はっきりいってキャッチコピーなどであまりにも「いままでにない傑作」的に煽りすぎ。Amazonレビューがアンチのネタレビューで炎上気味なのも、この宣伝のまずさが一役買っているように思える。
 だからといって、いい加減なレビューを肯定するわけではない。やってる人たちはいい気分なのかも知れないけど、そういう行為はネットの信用性を落とすだけで結局はデメリットしか産まないのだから。

■で、肝心の作品自体はというと……なんともほっこりした気分になる大人のおとぎ話といった感じで、その手の話がツボな人は確実に楽しめるかと。自分も大好物なシチュエーションなのですごく楽しめましたわ。文体も軽妙でテンポが良いので、ラストまで一気に読み切ってしまったし。冒頭の雰囲気や、そこに登場するあるキャラクターのビジュアルイメージと言動から、藤子不二雄Aの『黒いセールスマン』(『笑うセールスマン』)との類似を指摘する人もいると思うけど、それは話が進むにつれてひっくり返されていく。ラストまで読み切って感じるのは、むしろ藤子不二雄FのSF短編シリーズのハートフル系エピソードのような雰囲気が近いかも知れない。特に後半に登場するあるガジェットのビジュアルやギミックなどは、いかにも藤子Fテイスト満点なのだ。

■そして一番気に入ったのが話やキャラクターの「心地よさ」だ。小説に限らず、すべての創作作品の物語やキャラクターからは、大なり小なり作者の人間性というものがにじみ出てくるものだけど、この作品はそれが何とも優しく気持ちよいのだ。そこには「俳優・水嶋ヒロ」のイメージ補正がかなりかかっているのは否めないけど、作品に対する賛否は色々あれど、この作品が「水嶋ヒロだからこそ紡げた物語」という点だけは誰も否定できないはず。
 週刊新潮が「こんな作品なら俺でも書けるし、大賞がとれるなら俺も億万長者」みたいな希望を作家志望者に与えているとかいうバッシング記事を載せてるようだけど、この独特の雰囲気は水嶋ヒロじゃなきゃ書けないと思う。あと「俺でも書ける」とかいうネガティヴ思考を抱いてる時点で同じものは書けないだろうし、そんなことを口にする「作家志望者」ほど、実際には作品そのものを書き上げられないのが世の常なわけで(^_^;)

■あと、この本そのものに仕掛けられたふたつのギミックも個人的には高評価。すごくさりげないけど、電子書籍じゃ絶対不可能な紙の本だからこそできるこの仕掛けは、物語の終盤にいたってはじめて「そういうこと?」とわかる面白い試みだったと思う。特に二つ目の方に関しては単なる修正なのか意図してやったことなのかが微妙だけど、どっちにしてもすごい効果が出てましたし。重版でもこれが残っていたとしたら、やはり意図的なものなのだろうなあ……後日店頭で確かめてみたいところ。本というガジェットが好きな人なら、これはちゃんと買って手元に置いておくのもいいんじゃないかなと。

■色々と思うところのある人もいるだろうけど、ここまで書いた内容にささるものを感じた人なら、『KAGEROU』は買って読んでおいてもソンはないと思う。前述のギミックの一つが偶然の産物だったとしたら、個人的には古本でもいいから初版本を手に入れることをオススメします。個人的には次回作も楽しみになったし、水嶋ヒロのファンになりそうな気分ですわ。

« コミケ79参加&新刊告知です | Main | 冬コミ新刊の先行委託始まりました(情報更新) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5842/50334236

Listed below are links to weblogs that reference 話題の『KAGEROU』を読み終えて:

« コミケ79参加&新刊告知です | Main | 冬コミ新刊の先行委託始まりました(情報更新) »