MENU

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009 posts

2009.02.19

アラサーまんが祭りw

■昨日は銀座にて定例のプロジェクト打ち合わせ。グリーンジャンボ宝くじやら、母親に頼まれた三越のパンやらを買い込んでから打ち合わせに臨み、終了後は同席した作家さんと秋葉原に移動して食事&買い物。

■作家さんを見送ってから、一人で本屋をぶらぶら。『萌え萌え有毒生物図鑑』の売れ行きが気になったので、ブック・ファースト秋葉原店をのぞいてみると、本は学術書コーナーに(^_^;) でも平積みで残り2冊だから、売れ行きは上々なんだろうか。ちょっとうれしかったり。

■売れ行きベストテンの棚にあった、文庫版『銭ゲバ』を読破してからコミックコーナーをのぞくと、「これは買わなきゃ」と前から思っていた新刊2冊を発見したのでそのままレジに直行。ああ、アスキー・メディアワークスが移転する前は神保町に毎日通えていたんですが、その頃と比べると確実にオタ系書籍に対するアンテナが低くなっている気が。何とか対策を講じないと。

■そんなわけで、買ったのはこの2冊。

『エデンの檻』1巻  山田 恵庸(講談社・マガジンKC)
 周囲から「燃える!」「エロい!」と勧められてからチェックしたもので、連載序盤を見逃したことを激しく後悔していたのですが、今回の単行本でようやく連載序盤を補完。月刊マガジンの方で連載していた『EX少年漂流』の頃から変わらぬ王道少年マンガらしいハードサスペンス&サバイバルと随所に織り込まれるエロスが、さらに濃度を増していてグイグイと引き込まれますわ。4月発売の第2巻も今から楽しみです(猫耳眼鏡の女教師が出てきますし)。
 幼なじみのりおんもエロかわいいけど、個人的には三十路(?)の巨乳スッチー・大森さんのお漏らし→逆ギレ→水浴びの三連コンボにハートわしづかみですw メインヒロインは彼女ということでよろしいか! しかし、単行本のキャラクターデータによれば、りおんのバストサイズが90㎝……それじゃ、さらに圧倒的な大森さんはどういうサイズなんだろうかなあ。

『そこぬけRPG』3巻 佐藤両々
(芳文社・まんがタイムコミックス)

 今は亡きコ○パイルをモデルにしたゲームメーカー・エクスチェンジャーを舞台に、女王様系巨乳広報・カナさんと、その下僕となった新入社員・ゲボキューの活躍(?)を描いた業界コメディ4コマ。ギャグをメインにしつつも、時にはマジメに織り込まれる業界ネタも面白いのですが、やはりお姉さま系キャラの充実ぶりがたまらんのですよ。今巻は前巻より登場した新たな女王様系上司×2がなんとも目立っていて、お姉さん属性をビンビン刺激しまくってくれますわ。まあ、オレの本命は保間さん(眼鏡人妻広報)ですがw

■しかし、今日買った2冊はどちらもヒロインがアラサー(いや、カナさんはアラフォーだけど)……やっぱり年上ヒロイン萌えの波は来てると考えていいよね! 『ガンダム00』もそんな感じですし!!
Amazon

エデンの檻 (1)
 (少年マガジンコミックス)
Amazon

そこぬけRPG 3
 (まんがタイムコミックス)

2009.02.18

『萌え萌え有毒生物図鑑』発売中!&今日買ったおすすめコミック2冊

■またもや更新に間が空いてしまって、申し訳ありません(;´Д`) 年明けから今まで(というか、今でも)色々と仕事が立て込みまくっているというか。3月は会社の決算期なので、出版社ではそれまでに出せる本をバンバン出して売り上げを稼ぐ駆け込み時期なので、自分も色々な本に関わることに。
 不景気やら人間関係の軋轢やらで、今後の仕事の行く先がいささか不透明だというのに、それへの対応策をじっくり考えるヒマがないほど忙しいというのは、果たして幸せなのか不幸なのか。

■そんなお仕事の結果の一つがこれ。

『萌え萌え有毒生物図鑑』(イーグルパブリシング)
「恐るべきお兄ちゃん軍団」として一緒に仕事をしているみやもさんYU-SHOWさんとともにひっそりと進めていた企画が、ようやっと形になりました。途中、本の内容やイラストコンセプトのことなどであれやこれやあったりしたので、企画スタートから約10ヶ月弱かかって、ようやく発行にこぎ着けられました。
 執筆陣のメンツがメンツなので、従来の『萌え萌え』シリーズとはかなり違ったノリの一冊になっているかと思います。モノクロページのコラムも、かなりオタク&マニアック方面に降っているので、むしろインフォレストの『○○ゲーム大全』シリーズに近いかも。
 イラストを描いていただいた絵師の皆さんも、それぞれ個性・実力・萌えにあふれるメンツ揃いですので、萌えイラスト集としても楽しめる一冊になりました。いや、本当に描いていただいた皆さんには感謝です。
 ちょいとばかり採算度外視して作った本なので、その分クオリティの高い仕上がりになっているかと思います。ぜひとも店頭で見かけたら、手にとっていただければうれしいです。
Amazon

萌え萌え有毒生物図鑑

■ついでに、今日買ったコミックス2冊も紹介。アスキー・メディアワークスが西新宿に移転してしまって以来、本屋から足が遠のき気味だったのですが、今日はブック・ファーストのコクーンビル店(広くておしゃれな上に、本の品揃えも良いので、新宿で本を買うならここがいいかも。店自体の雰囲気もいいので、書店好きにもおすすめ)に寄ることができたので。

『チーズの時間』山口よしのぶ&花形怜(芳文社コミックス)
 若干二十歳にしてフランスチーズ鑑評騎士に任ぜられた、フランス生まれの日本人・亜氷音レミ。フロマージュ(チーズ)を「あの子たち」と呼ぶほど愛し、パリの男たちから天使と呼ばれ愛されるレミは、亡き両親の国・日本にチーズの良さを広めるという夢を叶えるために来日。東京の下町に店を構え、天真爛漫な笑顔と手塩にかけたチーズの力で、出会う人たちに笑顔と幸せをもたらす……。
 週刊漫画タイムスというオヤジ系雑誌の連載ということで、これはまったくのノーマークでした。黒髪ロングのレミさんはかわいいし、毎回織り込まれるチーズに関するウンチクや料理テクニックも実際に役立つものが多いので、お姉さんキャラ&グルメコミック好きならチェックしておいてソンはないかと。

『私の血はインクでできているのよ』
久世番子(講談社ワイドKC)

 電撃大王で趣味全開の情報コラム記事『通スポ』をやっていた頃、何度も紹介させていただいた傑作エッセイコミック『暴れん坊本屋さん』の、久世番子先生の新作エッセイコミックなのですが、今回のは面白いけど色々な意味で強烈な一冊でした(^_^;)。
 最近のオタクに当てはまるかどうかはわからないけど、一昔前……パソコンをはじめとするデジタル環境の敷居が今ほど低くなかった頃のオタクだったら、誰しもが通ったであろう黒歴史……見返すと死にたくなるような自作絵やコミック! 厨設定全開のオリジナルファンタジー! アニメや漫画にはまりすぎたが故の痛い言動! それらをすべて当時の絵などとともにさらしながら、漫画大好き少女だった久世先生がいかにマンガ家への道へと至ったかを振り返っていくという趣向なので、もう思い当たる節のある人にはグサグサと胸に突き刺さりまくるエピソード満載(;´Д`)。のたうち回りながら読むハメになること確実の一冊ですよ。
 読んでいて思い出すのは過去の自分の振る舞いの数々……女体のサイズのことなどまったく知らないで素っ頓狂な3サイズを設定していた自作女性キャライラスト……学校のコピー機を勝手に使って小●田いくFCの会報刷っていた高校時代……調理師専門学校へ進むはずだったのに、『マジカルエミ』の最終回あたりに感動して「オレもこういう作品作りに携わりたい」とかヒートアップしてアニメ専門学校に進んでしまったり……まあ、そんな黒歴史の果てに、オタク業界の端っこで何とか食べていけてるんだから、きっと人生の選択に間違いはなかった……と思いたいorz
Amazon

チーズの時間 1
(芳文社コミックス)
Amazon

私の血はインクでできているのよ (ワイドKC)

« January 2009 | Main | March 2009 »