MENU

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« August 2008 | Main | October 2008 »

September 2008 posts

2008.09.22

日常雑記&DIGAではじめてのダビング

■今日は一日中雨だったので、夕方まで家でダラダラ。珍しく『コードギアスR2』をリアルタイムで視聴……ルルーシュとシュナイゼルの心理戦のシーンで、何となく『アカギ』のアカギVS浦辺を思い出したw

■食事の買い出しついでに地元のシネコンに。忙しくて見逃していた『スカイ・クロラ』がやっていればと思いつつも、すでに上映終了。レイトショーで何か見ようと思いラインナップを見ると、『ウォンテッド』『おろち』の2本が激しく刺さってくる。クオリティ鉄板の前者か冒険して後者かと悩んだ末に前者を見たのですが……『おろち』の方がよかったかなあ(^_^;) 
 いや、『ウォンテッド』も面白かったんですが、アクションが凄い割には脚本が弱かったというか、ジョリ姐の活躍が思ったより地味だったりとかで、後半代わりと尻すぼみだったので。

■前回のエントリーをちょこっと修正。なんかもうX6以降のRD使いもせずに、記事やスペックだけでブーブー批判するBD厨はなんなんだかなと。市場がまだまだ狭いというのは事実なんだから、RDにBD積ませたいなら倉田英之先生並みにバンバンBDソフト買って市場広げたれよ。光学ドライブ以外はほぼ同等のX8とブルーレイDIGAの1テラバイトモデルの実売価格がほぼ倍近い差が付いているあたりで、BDを積むことによるコスト増加リスクはまだまだ大きいってことなんだろうし。
 東芝もHD Recの「DVDにハイビジョンそのまま記録可能」って部分をもっとアピールすればいいと思うんだけどね。これの便利っぷりをわからない人が多すぎだと思いますわ。

■WOWOWはブルーレイDIGAでの録画に移行したのですが、そちらでAVCREC録画している『CSI』第7シーズンが溜まったので、二層DVD-Rへのダビングを試すことに。録画予約時に二層Rに3話分収録できる画質に設定していたのだけど、なぜかリモコンに従ってダビング開始したら、等速でのVR変換ぴったりダビングに……。思わずマニュアルで確認すると、画質そのままでの高速ダビングは「その他の機能」扱いって何それ(;´Д`) わざわざAVCRECで録っていたら「保存もそのまま」と考えて、システム上で判断できるようにしないんだろうか。
 こういうのに直面すると、BD版RDを望む声もわかるというか、やはり出してほしいよね……出さないからといって罵りはしないけど。

■それにしても『CSI』第7シーズンは、終盤になってイカスエピソード連発で燃えまくりです。先週放映したホラーコメディ仕立ての「ゾンビボクサー」も良かったけど、アメリカのUFOビリーバー系都市伝説を大胆に組み込んだ「侵略宇宙人レプリティアン」は、シリーズの懐の深さを感じさせる怪エピソードでしたわ。『V』の宇宙人がトカゲタイプだったのは、アメリカの伝統に則ったものだったんだなあ。

2008.09.19

東芝より新型RDシリーズ発表

■昨日放映された、BSマンガ夜話『よつばと!』……録画はしてあるんですが、耳に入ってきてしまった出演ゲストに関するゴタゴタとか(何ともやり方があの方らしいというか嫌らしいというか……なんで出演キャンセルされた人が「無し」で、宮地真緒が「あり」なんだw)、ザッピングしながら見た時の岡田・いしかわの言動にいささか萎えてしまって、見る気力がわかない石黒です(風香の腹肉にくいついた夏目氏の視点には大拍手ですが)。

■で、今回の本題はエントリータイトルの件。
東芝、高画質1080p化「XDE」搭載のDVDレコーダ「VARDIA」
-スカパー! HD対応。RD-X8、S503/303の3機種

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080918/toshiba2.htm 

 先日のイベント『オタク大賞R』にて「早く東芝には、BD搭載RDを出してほしい」と言った身としては、今回も搭載見送りかと残念に思いつつも、この盛りだくさんの機能に加え、ハードディスク容量1テラバイトで実売(予想)価格14万円という異様なコストパフォーマンスの高さにワクワクするしかないわけで。

 一部のブログなどでは、過去のRDのバグのことをあげつらってネガキャンしたり、BD至上主義的視点からXシリーズを名乗ることを批判する人も見受けられるけど、そういう人ほど得てして最新のRDを使っていないから、安定度の高さや使い勝手の良さを知らないんですよね(そして土下座ネタとか「ワンダー」ネタとかをやたら使ってコケにしたいだけなのが見え見えですし)……HD DVD終息前に買ったRD-A301は今も便利に使えているし(不満はハードディスク容量ぐらい)、先月導入したブルーレイDIGA・BW800を使ってみて、そのあまりにも弱い編集/タイトル管理機能などに唖然とさせられた身としては、たとえDVDメディアのみ対応でもレコーダーとしてのRDの輝きには曇り無しと思ってますので。前のエントリーにも書いたけど、東芝機なら二層DVDーRへのハイビジョンタイトル保存は十分実用的なので、地デジ録画マシンとしてはX8はすさまじく使えそうな予感がします。

■ウリの機能のひとつである「スカパー!HD録画対応」ですが、こっちはソニー製チューナーとの連動が今ひとつ不明確だったり(これはスカパー側の仕様みたいですが)、アニメ系チャンネルのHD化時期が不確定だったり、たぶんe2スカパーも併せてHD化するだろうから、そっちの方が録画の手間かからないだろってことになりそうな気が。

■上記のように、新機種登場前の処分価格を狙ってブルーレイDIGAを導入して色々と使ってみてます。AVC録画に関しては、レートを細かくいじれないのが不満だけど、音を間引いて画質に容量を回しているせいか、画質はDIGAの方が安定してますね。ただ、時々予想もつかない画質破綻が起こったりしますが。
 あと、RD←→DIGA間でのTS録画タイトルのi-Linkダビングは可能でした。ダビング10も機能しているので、どうしてもBDに保存したいタイトルはそちらにダビングして保存なんて使い方も可能です。そんなわけで、現在は「地デジはRD」「BSデジタルはBD」という感じで使い分け中です。使い勝手も高まるので、録画ジャンキーにはRD&ブルーレイDIGAの両刀使い環境はマジおすすめです。

■そんなわけでX8の導入を検討したいところですが、現在ほとんどスカパー録画マシンと化しているX6をどうしたものか(^_^;) あとVAIO typeAの新型も仕事用に導入したいですし……先立つものと部屋が広ければなあ。

2008.09.01

夏コミ御礼とワンフェス事故のこと

■三日間続けて厳しい天候に振り回された今年の夏コミ……気力も体力も削られまくったせいか、えらく更新に間が空いてしまいました(^_^;) 
 コミケ三日目当日、私立歯車高校&眩燈館にまで足を運んでいただいた皆様、本当にありがとうございましたー。今回はワンフェスでのエスカレーター事故のあおりで、西館への移動が異様に大変だっただけに、マジで感謝です。冬は東に復帰できるといいなあ……。

■今回はいつもよりも多めに本を用意したので、いままでのように本を買えずに帰るハメにはならなかったと思うのですが……告知が遅れましたが、今回も『宵闇草紙 抜き読みの一席』新刊をとらのあなへ委託させていただいています。コミケに来られなかった方は、ぜひともこちらでお買い求めいただければと。


宵闇草紙 抜き読みの一席 参
(とらのあな通販への直接リンクです)

■上で触れたワンフェスでのエスカレーター事故ですが、私も取材に出向いていて間近で目撃してしまいました(プレスの待機場所が、ちょうど事故を起こしたエスカレーターの乗り口後方だったので)。事故直前には上から下まで人で埋めつくされているような状況だったので、かなり危険だなと思っていた矢先に、異様な雷のような音とともに人が滑り落ちていくさまには、呆然とするしかありませんでした。
 そんな現場を目の当たりにしてしまっていただけに、事故当日の夜に岡田斗司夫氏がブログ・mixi・Gyaoで語った
・「満員のエスカレーター」という言葉から連想するような混乱や無理な乗り方ではなく、本当に整然と静かにみんな乗っていました。
・会場当時の「走らないで」「ゆっくり順序よく行動して」というアナウンスは徹底していました。また僕たち参加者やお客さんたちも、アナウンスを守り、普通のサラリーマンの人よりもずっと行儀よくエスカレーターに乗っていました。事故が起こるまで、みんなエスカレーターの手すりを持って動かなかった。混み合ってもいなかったし、人を押しのけて歩いて昇降する人もいませんでした。通勤ラッシュや歳末のデパートなんかでは、もっとひどい光景を目にするけど、比べものにならないほど静かでおとなしかったんです。
・繰り返しますが、今回の件は「機械、または機械の整備」の問題です。定員以上の使い方はしてませんでした。
 
という旨の発言には正直「それは違うだろう……」という思いしかわきませんでした。状況誤認も多いですし、何よりもあの長いエスカレーターの先頭付近となると、下の状況などハッキリ分かりません。下から見ても先頭の様子がわからないのと同様に。
 しかし、それがネットを中心に「事実」として広まっていき、マスコミの報道がかなり正確だったにも関わらず「マスコミの偏見による捏造だ」という見方まで出てくるに至っては……。そんなこともあって、現在発売中の月刊コミック電撃大王のワンフェスレポートでは、同じく間近で事故を目撃された井原裕士先生によるレポートコミックを掲載させていただきました。上記のような偏った情報ばかりが拡散していく状況だからこそ、自分たちが目撃した事実を書き留めておこうという主旨です。掲載には色々とハードルが多かったのですが、何とか載せられてホッとしています。今回の事故に少しでも関心を持たれている方には立ち読みでもいいので読んでいただければと思います。

※事故レポートマンガに使われた事故前のエスカレーターの写真です。モノクロ印刷だとわかりにくいのでご参考までに。

月刊コミック電撃大王 2008年10月号
※アマゾンへの直接リンクです。主旨が主旨なので、アフィリエイトは未設定になっています。

« August 2008 | Main | October 2008 »