MENU

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008 posts

2008.06.14

Amazon限定リボルテック クラウザーさん予約開始

■ホビー関係の仕事も多い関係で、出るという話だけは聞いていたのですが、本日より予約がスタートしたので、やっと取り上げられます……自分も早速注文入れました。たぶん店頭で通常版とジャギ&カミュも買うかと。

■サタニックエンペラー版のメイクフェイスがウリなのだけど、やはり本命は同梱のニセクラウザーさんフェイスかと。額の文字もきっちり「投」になってますし。

■模型誌などですでにサンプルが公開されてますが、可動の仕込み具合がハンパじゃないので、他のフィギュア(やはりアイマスやよつばでしょうかね)や小物と組み合わせて色々と遊びまくれるリボルテック久々の大ヒット作になる予感が。ワンフェス限定&無可動とかでもいいから、同スケールの「資本主義の豚」も出してほしいっすわ。

Amazon

リボルテックヤマグチ No.55 ヨハネ・クラウザーII世 / サタニックエンペラーバージョン
Amazon

リボルテックヤマグチ No.55 ヨハネ・クラウザーII世
Amazon

リボルテックヤマグチ No.56 アレキサンダー・ジャギ
Amazon

リボルテックヤマグチ No.57 カミュ

2008.06.12

夏コミ参加決定しました

■秋葉原の事件から幾日か経ちましたけど、今までのように買い物を楽しめなくなっている自分に気づいて、いささか落ち込んだり。犯人の動機に迫ろうとするその後の報道も可能な限り追っているけど、「自分以外の人との関わり」が育むモラルや社会性の重要さについて考えさせられたり。

■犯人宅から同人誌などが出てきたり、卒業文集や職場での言動から「犯人がオタクだった」的な報道がされることに関して、安易なマスコミのオタクバッシングだという意見も多いけど、自分が思い至ったのは別の考え……「恋愛弱者」「格差社会」といった現実のプレッシャーに対する癒しや抑止力となりうると近年言われてきた「萌え(脳内恋愛)」や「オタク趣味」が、その力を失ってしまったのかなと。

■それはさておき本題。今年の8月15~17日に東京ビックサイトで開催される、コミックマーケット74へのサークル参加が無事決定しました。

8月17日(日曜日・3日目)
西地区なー07
私立歯車高校&眩燈館


今のところ、新刊の予定は『宵闇草紙 抜き読みの一席・参』を予定してます。自分の本の方はまだ未定ですが、上に書いたようなことを主題にしたオタク論的なもので一冊まとめるかもしれません。あまりに重いネタなので一冊丸々ではないかもしれませんが。
とりあえず、さらなる詳細が決まり次第告知いたします。ちなみに『宵闇草紙』既刊分は、もう委託でかなり行き渡ったと思うので、再版の可能性は低いかも。

2008.06.09

通り魔事件後の夜に感じた「趣都」の歪み

■土曜日に編集部での休日作業をした際、仕事用のモバイルノートを忘れてきてしまったことに気づいたのが日曜日になってから。特に仕事もないけど取りに行くべきか、今日は完全オフってことにして月曜日にすればいいかと悩んでいたところに飛び込んできた、秋葉原での通り魔による殺傷事件。
死傷者十数名、トラックで歩行者天国に突入した上にサバイバルナイフでの無差別殺傷、そして動機は「誰でもいいから殺したかった」という理不尽きわまりないもの……あきれと怒り、そして一歩間違えれば自分だったかも知れない被害者の方々への哀悼の意で、しばらく何もしたくなくなるほど落ち込むことに。でも、その一方で「そんな事件の起きたアキバはどうなっているんだろうか」と気になりもしていた。時間も夕刻だし不謹慎だとは思ったけど、時間は遅かったけど忘れ物のモバイルノートの回収ついでに、秋葉原へ立ち寄ることに。

■アキバに着いたのは午後7時半ぐらい。どんよりとした不安を抱えつつ降りた秋葉原駅前の風景は……あまりにもいつも通りだった。ビラ配りのメイドとコスプレ嬢が闊歩し、アキバ系男子のグループがひいきの路上アイドルを囲んだり、フィギュアや同人誌などの戦利品を見せ合いながらハイテンションに浮かれ、ゲーセン横の駐車スペースには、ズラリと並んだ痛車(ちなみに翠星石、シャナ、フェイト)たち。とても7人もの人が理不尽に命を奪われた事件が起こったエリアだとは思えないぐらいに、脳天気にオタクを満喫する人々が笑顔で闊歩する風景……。

■その時自分が感じた気持ちは、どう表現すればいいんだろうか? いいようのない寒気……「絶望した!」と笑い飛ばすことさえできない絶望感か。
目の前でアキバを満喫している人たちは、普段はさんざん「アキバは僕たちオタクの街」と口にして、アキバやオタクに関するネガティブな報道などがあれば「オタクは迫害されている」「マスゴミの偏見だ」とネットで吠えているんだろう。でも、そんな自分たちの街で通り魔事件が起こり、おそらくは自分たちと同じようにアキバを楽しんでいたオタクも被害者になっている可能性が高いのに、なんで事件自体がなかったかの様に盛り上がっていられるんだろうか? こんなに痛ましい事件が起きても、自分に降りかかったり、自分のアキバライフが邪魔されなければ「しょせんは他人事だから関係ないし興味無い」ってことなんだろうか。
ちょっと前までは「そこらのDQNと違ってモラルだけは持ち合わせている」というのがオタクの美点だったはずだけど、それすらも無くなってしまったんだろうか……あの『電車男』が完全な絵空事になってしまうぐらいに。

■森川嘉一郎氏は秋葉原を、そこに通う人の趣味が街そのものを変質させた「趣都」と語っていた。でも、ここ近年噴出している問題の数々と今回の事件に対する現地のリアクションを見てしまうと、「趣都」の負の側面が露わになってきたかの様に思えた。街自体も来訪者たちも、街を成り立たせるオタク趣味に関わることにしか関心を持たない、怪物的な存在にアキバはなってしまったのではないかと。
別に街をあげて喪に服せとはいわない。でも、つい何時間か前に十数人が死傷した同じ場所で、ここまで何事もなかったように笑っていられる空気が街を覆ってしまうというのは、何かしらが歪んでいる様に思える。

■首都圏でオタク関係の仕事をしていると、望むと望まざるとに関わらず「アキバ(系)」との関わりは避けて通れない。でも、今回の件で自分の中には「そろそろアキバと距離を置くべきじゃないのか?」という気持ちも芽生え始めている。確かにアニメやマンガやラノベなどのコンテンツビジネスで、手堅く利益を出そうと思ったらアキバ系にウケるようなものを作るのが鉄板だ。でも、何かしら不安を感じる歪みが見え始めたアキバに、過度に依存したり関わりすぎたら、いったいその果てに何が見えるのだろう?

■最後に、この度被害に遭われた方々のご冥福をお祈りいたします。月並みだけど、これぐらいしか言葉が出ません……。

« May 2008 | Main | July 2008 »