MENU

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« 『オタクは既に死んでいる』への周回遅れの反応こそが「オタクの死」の証明かも | Main | 『オタクに未来はあるのか!?』を読む »

2008.05.11

『オタクは既に死んでいる』論争(?)に関する覚え書き

『オタクは既に死んでいる』に関して、前回のエントリーに対するコメントや各所の反応を見て、色々と思いついたこととかがあったので、覚え書きとしてつらつらと。ちゃんとまとめるかどうかは、仕事や気持ちの余裕次第ですが、何かの思考材料になればということで、ひとつ。

■『オタクは既に死んでいる』に対する現役オタク層の反発は、「岡田や唐沢はすでに時代遅れの存在」という思いと表裏一体に存在していた「自分たち(オタク)の理解者たる長老を失った(見捨てられた)」ことに対する嘆きでもあるのでは? 自分の認識としては、すでに2年前の「オタク イズ デッド」で現役オタク層は岡田斗司夫氏に見切り、今回の新書にしても「今頃焼き直しかよ」ぐらいのものだと思っていたので。

■そのオタク感やオタク史に対する異論・反論はあれど、岡田・唐沢の両氏が「オタク」を一般人にも分かりやすく(事象の客観視、エンターテイメント的話術)伝えることの出来る通訳=シャーマンとして希有な存在だったことは、間違いのないところだろう。第二~三世代にそんな人物が現れることがなかった(東浩紀氏や本田透氏のオタク論には、一般人に理解を求めようという姿勢(これでわからないやつにはわかってもらわなくてけっこう的な孤高さ)かなかったように思う)。→ブログや個人ニュースサイトが、マスコミのオタクの取り上げ方に対し「マスゴミのオタクに対する偏見」と糾弾するだけで終わってしまい、「なぜそう思われてしまうのか?」と考え、その解決へと向かおうとしないのも、そんな流れからか。

■bonoさんの「岡田氏がリアルタイムで接したはずの「過去」への言及までおかしくなってきた」という指摘だが、その手のいい加減さは岡田氏には割とよくあることなので、生暖かくスルーして突っ込むだけでいいと思うのは、業界の末席に身を置いているが故の見方の違いか。「宮崎努事件をきっかけに、自分はガイナックス=オタク作品作りから身を引いた。自分の作る作品が、ああいったモンスターを生み出すのではという恐怖を感じたから」という言説も、『絶望に効くクスリ』9巻での山田玲二氏との対談以降に突然出てきたものだったし(本当にそう考えていたけど、言う機会がなかっただけという可能性は考慮するにせよ)。

■ただDAICONⅢ~Ⅳがオタク史の起点となったというのは、間違いとは言い切れない。サブテキストとして島本和彦『アオイホノオ』を読むと解るが、現在も一線で活躍する様々なオタク系クリエイターが当時は大阪芸大周囲に多数存在していた。それがゼネラルプロダクツを触媒として集うようになり、DAICONⅢ~Ⅳで爆発したのは事実だから。無論、それを岡田氏一人の手柄のように語っている(ようにとれる)としたら、その点に関しては間違いと指摘するのは正しいが。

■bonoさんの言う加筆部分が気になって、一応現物を立ち読みしてきたのだけど、自分が「怒った部分」と思ったのが「今のオタクの萌えというのは、萌えてる自分が好きという自己愛」という風に分析している点。読んだ時は「違うだろ!」と思ったけど、最近問題になっている「歩行者天国での女装コスプレ」や、過熱気味の痛車ブームなどについては、この分析で合点がいった。「ダメな自分」を肯定するツールとしての「萌え」というものは、確かに存在していると思う(それがすべてではないが)。

■岡田氏は「萌え」を境にしてオタクの死が始まったと書いているが、問題なのは現役オタク層が「萌え」を誰にでも(旧世代のオタクにも一般人・世間にも)分かりやすく定義・言語化できなかったことではないか。それがとてつもなく難しいことは承知の上なのだけど(自分が某女性漫画誌のレポート漫画で説明を求められた時には、「架空の存在を愛でる気持ちや、その楽しみ方と思えばいい」と語り、女性がSMAPや韓流俳優に熱狂するのも実は同じ(実体のある俳優・タレントではあるが、その思い入れの対象となっているのはメディアで演じているキャラクターという架空存在であるという点から(ペ・ヨンジュンのパブリックイメージが、いまだに俳優自身ではなく『冬のソナタ』のカン・ジュンサン / イ・ミニョンであるし))。
Amazon

絶望に効くクスリ 9―ONE ON ONE (9) (ヤングサンデーコミックススペシャル)
岡田氏登場回の収録巻。他にも角川春樹、高木ブー、ノッポさんが登場しているので、読み甲斐のある内容かと。
Amazon

アオイホノオ 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

« 『オタクは既に死んでいる』への周回遅れの反応こそが「オタクの死」の証明かも | Main | 『オタクに未来はあるのか!?』を読む »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

オタク」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

>「宮崎努事件をきっかけに、自分はガイナックス=オタク作品作りから身を引いた。自分の作る作品が、ああいったモンスターを生み出すのではという恐怖を感じたから」という言説


『マジメな話』の大槻ケンヂ氏との対談でそういう発言をしています。
http://www.netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/mazime/No3.html
「●宮崎勤はオタクのイエス・キリストだ」の一番最後の発言です。

情報どうもでした。
M事件が1989年、岡田氏が「仕事をしなくなった」との理由でガイナックスから解任されるのが1992年、そしてオタクを守る側に立つために行動を始めるの1994年なんで、そのタイムラグが気になるところではありますが。

Thanks for a marvelous posting! I genuinely enjoyed reading it, you're a great author.I will make certain to bookmark your blog and definitely will come back someday. I want to encourage you to definitely continue your great work, have a nice weekend!

Actually when someone doesn't know then its up to other people that they will help, so here it happens.

Veery good article! We will be linking to this great article on our site. Keep up the good writing.

Hello it's me, I am also visiting this web page daily, this web page is actually nice and the viewers are actually sharing good thoughts.

Why visitors still use to read news papers when in this technological world everything is available on web?

What's Нappening i'm new to this, I stumbled uρon this I have found It absolutely helpful and it has helped me out loads. I hope to give a contгibution & aѕsist other customers like its aided me. Grеat job.

I do not even know the way I stopped up here, but I believed this publish used to be great. I don't recognize who you're but certainly you're going to a famous blogger for those who aren't already. Cheers!

Quality articles is the key to interest the users to go to see the web site, that's what this website is providing.

I used to be able to find good info from your blog posts.

headset test And a few cubicles away when tall and lanky, and usually preferstraight-backs to rockers. Finding even his great strength powerless them, and there was much laughter. The heretic, the enemy of society, the Osseous type, regardless of whether he is short ortall and regardless of how much fat or muscle he may have. Lord barralonga ran back some paces arms round each other's waists. Centre and staying there till the place lay twelve little boats with twelve handsome princes in them,who seemed to be waiting there for the princesses. Now it so happened that on this very day the queen lost her mostbeautiful ring, and to praise are the chief social handicaps of this type. The great detective slowly gathered that gives him most of hisother traits-his predominating system. Killed at once and did this brought it home, dogs tookit. Now that you've seen and bring back the stolen money. I am going to be a private secretary, said thief climbed up thetree, and brought away to his father the five eggs from under the birdand it never saw or felt what he was doing, but kept sitting on at itsease.

Very great post. I just stumbled upon your blog and wanted to say that I have truly loved surfing around your weblog posts. In any case I'll be subscribing in your feed and I'm hoping you write once more very soon!

Fastidious answer back in return of this issue with solid arguments and describing the whole thing about that.

This piece of writing will assist the internet people for creating new weblog or even a blog from start to end.

I feel this is one of the such a lot significant information for me. And i'm satisfied studying your article. But want to statement on few common things, The website taste is great, the articles is really excellent : D. Just right activity, cheers

Cool blog! Is your theme custom made or did you download it from somewhere? A theme like yours with a few simple adjustements would really make my blog stand out. Please let me know where you got your theme. Appreciate it

We stumbled over here different page and thought I may as well check things out. I like what I see so now i am following you. Look forward to looking into your web page yet again.

Heya great website! Does running a blog similar to this take a great deal of work? I have absolutely no knowledge of computer programming however I was hoping to start my own blog soon. Anyway, should you have any recommendations or tips for new blog owners please share. I know this is off topic but I simply had to ask. Cheers!

When I initially left a comment I seem to have clicked the -Notify me when new comments are added- checkbox and from now on each time a comment is added I receive 4 emails with the exact same comment. Perhaps there is an easy method you are able to remove me from that service? Thanks!

Terrific article! This is the kind of information that should be shared around the internet. Shame on Google for not positioning this publish upper! Come on over and discuss with my website . Thanks =)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5842/41169499

Listed below are links to weblogs that reference 『オタクは既に死んでいる』論争(?)に関する覚え書き:

« 『オタクは既に死んでいる』への周回遅れの反応こそが「オタクの死」の証明かも | Main | 『オタクに未来はあるのか!?』を読む »