MENU

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« スーパーアグリ消滅でホンダが失ったもの | Main | 『オタクは既に死んでいる』論争(?)に関する覚え書き »

2008.05.08

『オタクは既に死んでいる』への周回遅れの反応こそが「オタクの死」の証明かも

■元オタキングこと岡田斗司夫氏が、先日新潮新書から出した新刊『オタクはすでに死んでいる』……内容はほとんど2年前にイベント&同人誌で語られた「オタク イズデッド」そのまんまだったので、両方体験&読了済みの自分としては「ああ、「いつデブ」が大ヒットしてるから、新潮社も岡田さんで新刊出したかったんだろうなあ。でも、岡田さんのことだから昨今の最新事情とかを織り込んだりはしていないっぽいなあ」と、書店で流し読みしてスルーしてたんですが。

■でも、オタク系ブログとか見てると「ライトオタクバッシングか?」「自称オタキングの逃亡だ!」と今になって騒いだり怒ったりしている人が多いのにビックリするやら「周回遅れすぎだろ!」とあきれるやら(逃亡ではなく、見限ったという方が正しいと思いますが。男性向けダイエットという金脈を掘り当て、『徹子の部屋』に呼ばれるまでになった氏にとっては、無理をしてまでオタクに軸足を置く必要はなくなったということなのだから)。
 目に触れる機会の多さで言ったら新書>>>>コミケ頒布の同人誌>>>>ロフトプラスワンのイベントだから仕方ないとは思うけど、それでも当時ネットじゃけっこう騒がれた(それがちゃんとイベントのメッセージを捉えていたかどうかはともかく)「オタク イズ デッド」が、たった2年ほどで風化しちゃってるって事自体が「オタクの死(オタクの定義の大きな変化)」の証明なのかもしれないなと。

■そして我が身を振り返ってみると、コミケで「オタク イズデッド」に対する反論アンサー本を出したときのように「オタクにだってまだ望みがある」的な反発心は、すでに薄れてしまっているかも。秋葉原を訪れるのも平日の買い物程度で、最近話題になっている歩行者天国の無法化を避けるために休日は近付かなくなってしまった自分にとって、ネットやオタク界隈での「アキバはオタクの聖地」という捉え方に、リアリティを持てなくなってしまっているし。
逆に言えば、アキバや日本橋といった土地が「自分の中のオタクにとって、どれだけ聖地たりえてるか」かが、自身のオタク度を測るリトマス試験紙となるかも。そういう意味では、自分も『オタクはすでに死んでいる』派の人間になっちゃったんだなと。
Amazon

オタクはすでに死んでいる (新潮新書 258)
Amazon

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
Amazon

このメモ帳でやせる 「いつまでもデブと思うなよ」実践ガイド 2008年 04月号 [雑誌]

« スーパーアグリ消滅でホンダが失ったもの | Main | 『オタクは既に死んでいる』論争(?)に関する覚え書き »

オタク」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

>「自称オタキングの逃亡だ!」

はじめまして、その記事を書いた者です。

同人誌版はOKだけど、新書版での加筆部分を読んでカッとなった、という意味合いで書いたつもりでした。ブログの定期読者以外には、不親切な書き方だったと反省してます(こんなに読まれるとは思いもしなかったもので…)。

ちなみに、石黒さんの同人誌も毎回楽しく読ませて頂いています。

>bonoさん
コメントどうもありがとうございました。改めて取り上げるほどのことが加筆されていたのでしたら、そういう反応もありですね。こちらこそ申し訳ありませんでした。夏コミも同人誌がんばります(^_^;)

オタク大賞などで幾度か岡田氏とはご一緒しましたが、けっこう前から現在進行形のオタク事情からは遠ざかっている人という印象があるので、あまり怒ってもムダかなという気分が個人的にはありますので。「対世間」という意味での身の処し方などは参考にすべき点は多いと思うんですけどね。

>あまり怒ってもムダかなという気分

現状分析に関しては、全く同感です。

ただ、今回の本の加筆部分は、現在の話ではありません。岡田氏がリアルタイムで接したはずの「過去」への言及までおかしくなってきたので、違和感を表明したかったのです。(ブログに続きを書きました)

http://xn--owt429bnip.net/2008/05/otaking2.php

折り悪く、『痛いニュース』等での条件反射的な反論と同時期に読まれてしまったため、「怒っている人がいる」という共通項でくくられてしまい、真意が伝えられなかった、身内向けのあまりにも説明不足な書き方で、まずかった、と反省するばかりです。

読んでないけど一言に要約してみる。

「近頃の若いモンは」

Pram ライナーも 関連付け 短いウール。 取得 女性の ugg 冬のブーツ オンラインは 成長 非常に人気のある このごろ。 。活用した 最終的な除去 と、 ペルト グリース、「ペルト染色」または"Syntanning"が次に来る。 裏 与えることができる 上方 カーブ に、ガレージ ヒント。

There's certainly a great deal to find out about this subject. I love all of the points you have made.

Your way of explaining the whole thing in this piece of writing is in fact fastidious, every one be able to simply be aware of it, Thanks a lot.

Hey! Quick question that's totally off topic. Do you know how to make your site mobile friendly? My blog looks weird when browsing from my iphone 4. I'm trying to find a template or plugin that might be able to correct this issue. If you have any suggestions, please share. Cheers!

I like the valuable information you supply in your articles. I will bookmark your blog and test again here regularly. I am moderately certain I'll learn lots of new stuff proper right here! Good luck for the next!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5842/41132775

Listed below are links to weblogs that reference 『オタクは既に死んでいる』への周回遅れの反応こそが「オタクの死」の証明かも:

« スーパーアグリ消滅でホンダが失ったもの | Main | 『オタクは既に死んでいる』論争(?)に関する覚え書き »