MENU

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« 月曜深夜のテレビ2題 | Main | 「著作権法改定で同人誌がピンチ」と言う前に考えるべきは、現在の二次創作系同人誌の「立ち位置」 »

2007.05.15

今春アニメ最後の大物『電脳コイル』

 周囲の業界関係者などから「これはすごいよ」という噂だけは聞かされていた、NHK教育の新番組『電脳コイル』(NHK教育・毎週土曜日18時30分~/第1話再放送・5月18日(金) 午後7:18~)。実際にどれほどのものかと第1話を見たのですが……

 何というか、見ていて引き込まれたというか圧倒されたですよ。特に心惹かれたのが、『攻殻機動隊』ばりの生活へのネットワークの溶け込み具合を、本当に何気ない日常レベルで描いていて、この作品世界が「何か違う」ってことを絵でわからせちゃってる点。しかも子どもがごく普通に使っているのを見せることで、その浸透レベルを説明抜きに感じさせるあたりの手際が本当にすごいなあと。こんなの見せられてしまうと、もう攻殻の電脳描写が「さあ、サイバーでございます」感出まくりの、気恥ずかしいものに思えてきますわ(^_^;)。むろん、アレはアレでかっこよくて好きですが。

 でも、こういう見せ方に対して「話がわからなくてつまらない」「説明不足で不親切」っていう批判もあったりするのには、色々と考えさせられる点も。唐沢俊一×岡田斗司夫の『オタク論!』の収録されている「感性格差社会」という章で触れられているのですが、受け手側の理解力が著しく低くなっているんですよね。マンガやアニメに限らず、ハリウッド映画などでもこういう傾向がどんどん強まってきているらしいですけど、この傾向がどんどん強まっていったら、どうなってしまうんだろうか……。

 あと、あちこちの感想とかでも指摘されていますが……作画がそこはかとなくエロいなあと(笑)。 特に腰とか足のラインや動きがなんともたまらんですよ。直接的なエロじゃなく、学校で同級生の子の色っぽい一瞬を見て感じるドキドキ感というか(目を小さめに描いたリアル風味の絵が、それをさらに際だてます)。

 所謂萌えキャラ文脈とは異なる絵柄なので、実況スレで「キャラがブス」とか言ってる人もいたけど、「お前は何もわかっていない!」と説教してやりたい気。でも、よくよく考えると色々な意味で業が深くないとこのデザインの良さはわからないかも知れない……というか、わからない方がある意味幸せな部分も(^_^;)

 玉石混淆な今期アニメのラストを飾るだけあって、クオリティも話の雰囲気も一級品。今後が期待できる力作なので、未見の人はぜひとも18日の再放送からチェックしはじめてほしいですわ。

photo
電脳コイル 1 (1)
宮村 優子 磯 光雄
徳間書店 2007-04

by G-Tools ,  2007/05/15

photo
オタク論!
唐沢 俊一 岡田 斗司夫
創出版 2007-04-23

by G-Tools ,  2007/05/15

« 月曜深夜のテレビ2題 | Main | 「著作権法改定で同人誌がピンチ」と言う前に考えるべきは、現在の二次創作系同人誌の「立ち位置」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5842/15083735

Listed below are links to weblogs that reference 今春アニメ最後の大物『電脳コイル』:

« 月曜深夜のテレビ2題 | Main | 「著作権法改定で同人誌がピンチ」と言う前に考えるべきは、現在の二次創作系同人誌の「立ち位置」 »