MENU

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« 次世代DVDの音と映像を体感できる「HD2 EMOTION!@表参道ヒルズ」 | Main | 蓮華ちゃんという「劇薬」~アニメ版『桜蘭高校ホスト部』考~ »

2006.06.14

夏コミ参加決定&お仕事告知です

 相変わらず仕事の切れ目がなかったり、いざヒマが出来ると『.hack//G.U.』をやりこんでしまったりで、なかなかまとまった時間がとれません(新しい仕事の仕込みも色々あるし)。
 そうこうしているうちに、コミックマーケット70の当選書類が無事到着。当選は嬉しいけど、キチンと新刊を作らなくてはと思うと、なかなか頭が痛かったり(^_^;)。そんなわけで、今度の夏コミは以下のスペースにて参加します。

8月13日(日曜日・3日目)
西地区まー01a「私立歯車高校」&01b「眩燈館」


 前回の冬コミでは隣が色々とアレだったので苦労しましたが 今回は合体スペースにて当選なのでかなり気は楽です(笑)。あと、奇しくもこの場所は『かぷりっちお☆スノー』で帆波がスペースを取ったのとほぼ同じ場所なのが(笑)。まあ、当日は巨乳眼鏡の売り子さんは多分いませんけどねorz
 あとサークル名で気づかれた方もいると思いますが、今回は数年ぶりに八房龍之助先生も参加します。ちょうど『宵闇眩燈草紙』が先月最終回となり、次の仕事のスタートまでいくらかインターバルがあるってことで、久々にサークル参加しようかという申し出があり、このようなこととなりました。今後も継続参加するかどうかは不明ですが(仕事が始まったら無理でしょうし)、とりあえずは久々の復帰ということでよろしくお願いします。
 一応新刊の予定は、「私立歯車高校」の方が拙作『かぷりっちお☆スノー』&下で紹介する新刊のメイキング本『萌えラノベの作り方』、「眩燈館」の方が八房龍之助個人誌となってます。

 で、上の方でも触れましたが、二見ブルーベリーから出した『かぷりっちお☆スノー』が好評だったおかげで、何とか第二作を出せることとなりました。

新風舎JamPlus Novels
『メイド王子~プリンス・メイド~』
6月25日発売・新書版
税込定価997円



 旧華族である松平グループに代々執事として仕える永倉家の長男たすくは、父親から「執事とは何たるか」を叩き込まれてきたため、条件反射のように人の世話をしてしまう。
 14歳になったたすくはある日、松平グループの跡取りでもある凜音お嬢様のメイドに抜擢されてしまう。しかも凜音様は、たすくの幼い頃の想い出の中の君だった。
 男の子から女の子へと華麗な転身!?をなしとげ、たすくはお館様のいいつけを受けて、全寮制の聖セシーリア女学院へ。凜音様を守るため、七転八倒のメイド生活が始まる…!!
(あらすじより)

『かぷりっちお』同様に、今回もとんぷうさんにイラストをお願いした今作ですが、今回は一般作ですので18歳未満の方でも購入可能です(笑)。
 JamPlus Novelsは通常のライトノベルとはいささか趣が変わっていて、全国のアニメイトをメインに配本されるシリーズなんですよね。そんなわけで、アニメイトの客層の中心である女子小~中学生をメインターゲットに据え、出版社さんからの要望にあった『かぷりっちお』みたいな路線で女の子向けのショタものを……と試行錯誤した結果、こんな作品に仕上がりました。
 女の子向けを意識してるとはいっても、例によって色々ネタを盛り込んだり、とんぷうさんの絵が入ることを見越しての女の子キャラの見せ場もあるので、男性が読んでも全然OKな一冊となっていますので、ぜひよろしくお願いします。
 なおアニメイトの店頭&通販では、とんぷうさんのラフイラストをまとめたオリジナル小冊誌付きの限定版が同時発売されますので(値段は変わりません)、とんぷうさんファンはぜひともそちらをゲットしてくださいです。

 あと、現在書店にて発売中の『くりいむレモンマニアックス2』の方で、インタビュー&コラムを書かせてもらっています。

くりいむレモンマニアックス2くりいむレモンマニアックス2


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 石黒が担当したのは、『くりいむレモン』シリーズの彩色/仕上げを一手に引き受けていた株式会社Nコンの代表取締役・中矢圭治氏のロングインタビューと、『くりいむレモン』登場時のアニメ界の状況を振り返ったコラム「『くりいむレモン』という名の革命」の2本です。特にインタビューの方は、これまで語られることの少なかった製作現場の姿や、当時の業界内では『くりいむレモン』はどう思われていたか、そして韓国でのアニメ隆盛や仕上げのデジタル化はどのような流れで広まっていったのかなど、貴重な証言満載ですので、『くりいむレモン』に限らず、アニメ業界に興味のある人にはぜひ読んでもらいたいです。

 それでは諸々すべて、機会がありましたらよろしくお願いいたしますm(__)m

« 次世代DVDの音と映像を体感できる「HD2 EMOTION!@表参道ヒルズ」 | Main | 蓮華ちゃんという「劇薬」~アニメ版『桜蘭高校ホスト部』考~ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5842/10525102

Listed below are links to weblogs that reference 夏コミ参加決定&お仕事告知です:

« 次世代DVDの音と映像を体感できる「HD2 EMOTION!@表参道ヒルズ」 | Main | 蓮華ちゃんという「劇薬」~アニメ版『桜蘭高校ホスト部』考~ »