MENU

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

お知らせ

  • ●トラックバックに関して
    トラックバックについては、業者系&荒らし目的のもののは削除させていただきます。
  • ●コメントに関して
    コメント記入時には本人確認用にメールアドレス記入となっていますが、明らかに捨てアドレスだった場合はコメントの内容によっては削除させていただきますので、ご了承下さい。

amazon.co.jp

IKEA古民家イベント

  • Ikea_0030_
    11月6~9日に、上野桜木町の古民家・市田邸でおこなわれた、IKEA新三郷オープン記念イベントと、その後に歩いた不忍池界隈の写真です。 イベントは和の家にどうIKEAの北欧デザイン家具を組み合わせるのかを見せてくれた、なかなか面白いイベントでした。

『けいおん!』聖地巡り・その1 豊郷への道のり

  • L22
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 まずは校舎のモデルになった豊郷小学校・旧校舎のある滋賀県豊郷町へ向かう道すがらの色々をば。

『けいおん!』聖地巡り・その2 豊郷小学校・旧校舎

  • Lwzz45
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 続いてはアニメの再現度がよくわかる実際の豊郷小学校・旧校舎を。

『けいおん!』聖地巡り・その3 けいおん!inリアル

  • Ina39
    9/2~3と滋賀と京都の『けいおん!』ゆかりの場所を巡ってきた記録です。 こちらは旧校舎に開設された観光案内所を彩るファンの持ち寄ったグッズや「トンちゃんパン」「巡礼記念キーホルダー」などの記念グッズ、せっかくなのでドールを持ち込んで撮ってみた写真など色々ですw

『けいおん!』聖地巡り・その4 京都市内あちこち

  • Su
    9/2~3にかけて滋賀・京都の『けいおん!』にちなんだ場所を巡った旅の記録です。こちらは9/3に京都市内のあちこちを見て回った時の写真で、『けいおん!』だけでなく『四畳半神話体系』『ネイチャージモン』も混じったりしてますw

らきすたの街・鷲宮 20081109

  • _0000027_
    ロングドライブの練習がてら、地元より来るまで40分ほどの埼玉県・鷲宮町に行ってきました。そこで撮った写真を色々と。

« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006 posts

2006.02.21

いざ、造型の宴へ!

 というわけで、日曜日はワンダーフェスティバル2006冬へと行ってきました。今回は海洋堂のオフィシャルフィギュアもないので、まったりムードなのかと思いきや……



 会場と同時に、地響きを立てて雪崩れ込んでくる一般客&目当てのブースへと走るディーラーダッシュ(;´Д`)。こういうのを目の当たりにすると、やはりコミケの参加者マナーの相対的な高さは奇跡的なんだなあと実感します。というか、年々ひどくなる感じの業者系転売屋の行動にもあきれるというか。「一人○個」という限定の壁を破るために、おばあちゃんやらまだ幼稚園にも行ってないような幼児まで一緒に並ばせて、限定物を買いあさる姿にはあきれるのを通り越して怒りすら感じましたわ。こういうディーラーに対しては何らかのペナルティが必要なんじゃないだろうか。
 さて、こちらも負けてられるかと限定物へダッシュ……というわけには当然いかないので、どうしても欲しかったメディコムトイの「DAICON FILM版帰ってきたウルトラマン」F-Toysの「ファントム無頼」(神栗の680号機と西川の320号機セット。新撰組マーキング入れてたのって680だけだったんだな……てっきり百里のファントムは全部入れてるようなイメージがあったんだけど)の列にだけ並ばせてもらって、あとは全館くまなく取材&気に入ったアイテムがあったら購入という感じで動き回ることに。



 ここ何年かは、イベント全体を引っ張るような人気キャラクターの不在や、食玩&完成品フィギュアブームでガレージキット自体が地盤沈下し始めているような印象が強かったのですが、逆にそういった流れから流入してきたライト層をターゲットにした、ガレージキットらしくもお手軽に楽しめるタイプの面白アイテムが徐々に増えてきた様子。自分が買ったアイテムでも、大映版『ガメラ』に登場した大悪獣ギロンの頭蓋骨(1000円)は未塗装でも問題なく楽しめるアイデア賞ものの一品ですし、同じく怪獣もので『ゴジラの息子』『怪獣総進撃』『FINAL WARS』に登場のクモンガの塗装済み完成品が3000円なんてのも、かなりリーズナブル。他にもファンシーな動物系のアイテムや、ちょっと値段は張るけどクオリティの高いオリジナルオブジェやアクセサリーなど、従来のワンフェス/ガレージキットのイメージから一歩抜け出したものも完全に定着した様子。「これだ!」という目玉アイテムがない代わりに、こういった21世紀のワンフェスの形を実感させる動きが感じられたのは嬉しい限りかも。


 さて、個人的に一番の収穫だったのが和風玩具堂の『ぱにぽにだっしゅ!』橘玲。展示作例のあまりのエロメガネっぷりに惹かれて、塗装スキルもないのに12000円にて購入してしまったという(;´Д`)。Yシャツは別パーツで、本体は乳首ディテールまでありのエロッぷりだけに、塗るんだったらちゃんと仕上げたいところなんですが。道具そろえて練習するか、誰か知り合いに頼んで作ってもらうか、それとも和風玩具堂ならPVCフィギュア化の可能性もあるから、それに賭けて寝かせておくか……。



 メカ系では、海洋堂から出るフル可動キングゲイナーが嬉しすぎです。マックスファクトリーからも以前発売されたディスプレイモデルをベースに可動化したものがリリース予定だけど、色々いじって遊び倒すなら海洋堂版が決定打なんだろうなあ。


 ボトムズもあちこちのメーカーから新作が続々発表。どれも各々の個性が出てていい感じだけど、これだけ一気に出るってことは何かアニメなどで新たな展開がある予兆なんでしょうかね?




 グッドスマイルカンパニーからは、合金製フル可動モデルのタチコマが! 実際に登場させられる同スケールの少佐アクションフィギュア付きだけど、17800円という価格で評価が分かれるかも。タチコマ自体にどれだけのギミックが盛り込まれているかでしょうねー。

 TYPE-MOON関係も色々あったけど、きょぬーメガネスキーな私の意識は自然とライダーさんものへ(笑)。タイガー姉さんが攻略できないというのでゲーム本編をやっていないので、どういうキャラかは全然知らないのですが(ひどいな、おい)


 たぶん今回のベスト・オブ・コトナな一体であろう、「夢のカグツチノ公国」のコトナ・エレガンス。造形自体のレベルの高さはもちろんのこと、コトナの魅力である「活き活きとした表情」「健康的なエロス」を、造形で“魅(見)せる”ことに主眼を置いた構成が見事な逸品でした! ああ、完成品で出ないかなあ。

2006.02.19

お仕事色々動いてます

 あと数時間後には取材でワンフェスに行かなくてはならんのですが、なかなか眠れないので一ヶ月ぶりの更新です。とりあえずお仕事関係の告知をいくつか。

●集英社『YOU』No.5(現在発売中)掲載
 『YOU遊探検隊』真野 匡


 集英社の女性漫画誌『YOU』の奇数号にて連載されている真野匡先生のレポートマンガなのですが、今回のテーマが「秋葉原」ということで私が案内役を務めさせていただきました。
 秋葉原がオタク街化し始めた頃に、日本テレビの『超アジア流』という番組でやはり秋葉原の達人(笑)としてレポートをお手伝いしたことがあったせいか、なぜか私の処に案内役の依頼が(^_^;)。『YOU』の読者層である若いOL・主婦層が秋葉原を楽しむ&萌えを体感できるスポット案内ということで、かなり場所の選定に苦労しました~。でも、アキバ初心者の作家さん&編集さん(いずれも女性の方)にも楽しんでいただけたようで、レポートの方もテレビや週刊誌にありがちなオタクへの偏見もない好意的なものになってますので、ぜひチェックしてみてください。
 レポートのシメでは、『YOU』読者にわかりやすく「萌えとは何か?」を解説してほしいということで、韓流スターやイケメン俳優などへの熱狂と重ねて「架空のキャラクターへの愛情や好意をいだくこと」と定義してみました。二次元・三次元ということに囚われなければ、芸能人を好きになるという好意も「芸能人がメディア上で演じているキャラクター(芸能人がテレビなどで見せている言動は必ずしも一個人としての本当の姿ではないでしょうし)」への好意なわけですから。あのヨン様にしても、その人気の根底にあるパブリックイメージはペ・ヨンジュン自身ではなく『冬のソナタ』のミニョン(チュンサン)ですしね。

●書き下ろし長編萌エロライトノベル、やっと出ますー

かぷりっちお☆スノー―オタクなお姉さんは好きですか?かぷりっちお☆スノー―オタクなお姉さんは好きですか?
黒石 翁


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・あらすじ(二見ブルーベリー公式サイトより)
岬の憧れは幼なじみの美大生・帆波。最近、おねえは身体つきもセクシーになって、見るのもまぶしいくらだ。そんな帆波とイベント会場で鉢合わせしてから、いけない恋の物語は急展開。コスプレ、告白、初体験……!オタクな恋の狂想曲は、美少女たちを巻き込んで熱気むんむんの冬コミ会場へ。萌え追求の傑作ラブコメ!

「お兄ちゃん軍団」として携わった『妹コレクション』『姉コレクション』に書いた短編「シスターマニアックス」シリーズと同じ世界観で繰り広げられる、思春期まっただ中のサッカー少年×巨乳眼鏡な同人作家の美大生のすれ違いラブコメディです。本当は昨年秋頃刊行予定で、作中の季節も夏だったのですが、他の仕事が多忙を極めたり、話の構成に凝ったりしているうちに、結局冬の話となってしまったのは内緒です(^_^;)。
「ライトノベルのラブコメという枠組みを崩さないで、どこまでエロくできるか?」「同人誌に関わる描写に、できる限りリアリティを盛り込む」を個人的なテーマに据えてがんばってみましたので、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m。短編の頃からお世話になっていたとんぷうさんのイラストの力もあって、主人公の帆波と岬はかなりいい感じのキャラになったので、もしもチャンスがあれば続編なんかも書きたいところです。

妹・コレクション―妹萌え祭りだ、ワッショイ妹・コレクション―妹萌え祭りだ、ワッショイ
本田 透 本田透と恐るべきお兄ちゃん軍団


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
姉☆コレクション姉☆コレクション
本田透と恐るべきお兄ちゃん軍団 高木 信孝


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 こちらの短編に登場する妹キャラ・海原みなとが、ヒロイン・帆波の後輩&同人サークルの相方として『かぷりっちお☆スノー』に登場していますので、興味のある方はこちらもどうぞ。

« January 2006 | Main | March 2006 »